装飾山イバラ道[113]スキレット・トレーニング/武田瑛夢

投稿:  著者:  読了時間:5分(本文:約2,100文字)


冬と言えば「鍋」だけれど、うちにはすき焼き専用の鉄鍋がなくて、いつもつゆだくのすき焼きになってしまっていた。いわゆる、わりしたスープの中で煮る感じのすき焼きだ。

専門店でよく見る、鉄鍋で砂糖と醤油でジュージュー焼く感じの、あのお肉の美味しさはやはりあきらめ切れない。いつか鉄製のすき焼き鍋が欲しいと思っていた。

そして同じく鍋関係の問題では、最初は使い勝手の良いコーティングのフライパンも、いずれコーティングが剥げこげつきやすくなり、買い替えを繰り返す。そんなループを脱却したいということ。

この二つの問題を解決するために購入したのが、「スキレット」という鋳物のフライパンだ。一時100円均一でも小さい鋳物のスキレットが売っていて「100スキ」といってブームになったようだけれど、現在は鉄の価格高騰で廃番になったとか。それでも、通常のフライパンと大差ない価格で買える鋳物はすばらしい。

私が買ったのはLODGE(ロッジ)というブランドのスキレットで、26cmの直径のものが3000円程度だった。メイドインUSAだ。鋳鉄性の、大切に使えば何10年ともつような無骨なやつだ。届いたスキレットはすごく重く、2.4Kgだった。

うちのリビングで私が愛用しているダンベルが3Kgなので、それよりちょっと軽いけれど、十分トレーニングに使える重さがある。




さっそくスキレットをテーブルに置いて「フッ!」っと持ち上げようとすると、なぜか持ち上がらない。3Kgのダンベルは楽勝なのに、それより軽いスキレットを持つには手首が返っているからかとっても大変なのだ。

もしかして、平らな面がテーブルクロスと密着してくっついちゃってるのかと思って、確かめてみてもそうでもない。フライパンの形状だと力加減がダンベルのようにはいかないらしい。

私のその様子を冗談だと思っていただんなさんも試してみて、そのシャレにならない重さを実感したみたいだ。何度か試して、腕の角度の加減で持ち上げることも可能になってきた。だってこれを毎日料理に使おうというのだから、上げ下ろしくらい難なくこなさなくてはならない。

持ち手も一体型の鋳物で、加熱すると熱くなるのでシリコンタイプのハンドルホルダーを購入した。不便なようだけれど、ホルダーを外すとオーブンに入るのでオーブン焼きにも使えて便利だ。

ハンドルを含めてオーブンに入るサイズかどうかは、買ってから試したけれどギリギリでOKだった。スキレットって、だいたい直径サイズの表示しかない店が多いので、ハンドル含めてのサイズを確かめてから購入した方が良さそうだ。オーブンに入るかどうかで料理の幅が違ってくる。

同じサイズのフタも売っているけれど、フタだけで2Kg(笑)というので今のところ買っていない。両方あるとダッチオーブンという炭で全体的に熱を入れる方法で料理ができて、本来の良さを発揮するみたいだ。残念ながらアウトドアには無縁なので当分いらないだろう。

スキレットですき焼きってゴロは良いけど、どうなのかはまだ試していないのでわからない。でも、充分な肉厚のある鋳物の浅鍋であることは間違いないので、まったく問題なくできると思う。

スキレットで作りたい料理は、すき焼きの他にもパエリヤやハンバーグ。生地から手作りのピザを焼く人もいるみたいだ。鳥肉の皮や脂がジリジリととても美味しく焼ける。

鍋の厚さのおかげで火を止めてもなかなか冷めないので、ステーキを卓上で食べる時の大きいステーキ皿のようにも使えそうだ。もちろんナポリタンもコレで作る。

LODGEの良いところは、鉄の鍋特有の使う前の下準備の「鍋ならし」の作業がいらないことだ。既に鍋ならしが終わっている状態で製品になっているらしい。そして、使えば使うほど油がまわって良い感じになっていく。

使ってみてひとつ不便に感じたのは、盛りつけの時に片手にフライパンを持って皿の近くで傾けながら料理を取り分けるのが大変。盛りつけている時間さえも、片手でキープするのは腕がプルプルしてくる。料理直後は鍋も熱々なのでとても危険な感じ。

結局、皿を持ってフライパンのそばに行って盛りつけるしかないようである。洗う時はハンドルの逆側にも小さい持ち手があるので、それを流しのフチにひっかければ楽なのがわかった。

なんだかますます腕がムキムキになりそうだけれど、重いものと割り切ればとても良い道具に出会ったと思う。私のフライパンはまだ濃いグレーのような色だけれど、長年使うと黒錆が付着して真っ黒になるらしい。

「黒錆」については「四酸化三鉄」などという難しい変化が起こっているそうで、私にはわからないので詳しくは述べないことにする(笑)。

とにかく、洋食屋のフライパンみたいに使い込んで黒光りする頃には、料理の腕も上がっているといいなと思うのである。

【武田瑛夢/たけだえいむ】eimu@eimu.com
装飾アートの総本山WEBサイト"デコラティブマウンテン"
< http://www.eimu.com/ >

そろそろ「アメリカン・アイドル」だなーっと思って、FOXのWEBを見に行ったら次の日(週末の土曜日26日)から放映開始ということに気づいた。民放と違って、CMで目に入って来ることがないので忘れれば忘れっ放しになりそう。気づいて良かった。