アナログステージ[91]カメラと写真映像の情報発信イベント CP+2013を観て/べちおサマンサ

投稿:  著者:  読了時間:8分(本文:約3,500文字)


べ:どもー!

サ:どもー!じゃないでしょ、なんですか、武&山根コンビのパクりですかいなダンナ。しかも、べちお&サマンサって......。同一人物を無理やり分割する強行っぷり(笑)

べ:ぐぇ、ぐぇ、そんなんじゃないもーん。ま、いいじゃん、いつも独りチャットやっているんだし、細かいことは気にしないでちょうだい。

サ:ハイハイ。

べ:ところで、ららぽーと横浜が大規模なリニューアルを始めましたね。閉店したテナントが76店舗、改装するテナントが22店舗! 合わせて、98店舗が閉まっている状態。

サ:ガラガラというか、ショッピングモールが、シャッターモールになっているような、なんか淋しい。

べ:大丸が閉店したのが痛い。とくにPAULBOCUSEとDONQの、パン屋さん2つも連鎖して閉店したのが痛恨の極みですわ。どこでパン買ったらいいの。

サ:VIE DE FRANCEがあるじゃないですか。

べ:あんまり好きじゃないのよ。というよりも、好みのパンが置いてなくて。PAULBOCUSEとDONQの両方で、パンによって買い分けしていたんですよん。

サ:それよりも、横浜限定というより、ものすごい地元ッティーな話題ですよね......。札幌とか鹿児島の読者さんからしたら、「はぁ? ららぽーと横浜ぁ? 知らねーよ、この、コールド・ストーン・クリーマリーのGottaHave Itの時の歌声野郎!」って罵られますヨ。

・ららぽーと横浜
< http://yokohama.lalaport.jp/index.html >

・ららぽーと横浜|ショップガイド:
< http://yokohama.lalaport.jp/shopguide/index.html >

べ:コールドストーンのアイス、美味しいから、Gotta Have It(一番大きいサイズ)で頼みたいんだけど、あれ聞いて見てるいると、なんか恥ずかしくなってくるので、いつもLove It(ミドルサイズ)頼んでいたり。

サ:べちおさんが一緒になって歌って踊るわけじゃないから、べつに恥ずかしがることないでしょ。

べ:のど自慢とかも、見てると顔がキューっとなって「もうダメ、見てらんない」ってなるのよ。そういうことってない?

サ:パフォーマンスなんですから、別に一緒に「ルンルン♪ 早くアイスを作っておくれ♪」って感じでいいんじゃないでしょうか。

・COLD STONE "Gotta Have It":YOUTUBE
< >




●自分の持っているセンスを表現するのが道具

べ:さてさて、ローカルネタは置いておいて、本題にいきましょう。

サ:先日のデジクリでも、軽く紹介されていた、『カメラと写真映像の情報発信イベント CP+2013』へ行ってきましたー!

・カメラと写真映像の情報発信イベント CP+2013:
< http://www.cpplus.jp/index.shtml >

べ:カメラと映像専門の展示会って行ったことがなくて、オネーちゃんがブースを囲っていたり、プロ志向のカメラ好きがシックに集まるようなイメージが勝手にあったんですけど、いつも行く展示会と同じでした。

サ:そりゃそうでしょう。

べ:ファミリーからカメラ女子まで、たくさんの人で賑わっていたー。

サ:それだけ『カメラ』が普段の生活に浸透してきたんじゃないですかね。

べ:会場を軽くひと回りして、気になったブースをじっくりと見るのが、オイラ流の回りかたなんだけど、どこに焦点を合わせて良いのか分からなかったので、最新機種とかは省いて、レンズに焦点を合わせてみました。

サ:どのブランドも、望遠レンズのアピールが凄かったですよね。

べ:そうそう。望遠レンズの試写ばかりで、単焦点レンズの試写はなかった。

サ:「こんなレンズもありますヨ」くらいでしたね。

べ:単焦点、面白いんだけどなぁ。オイラのD90は、35mmの単焦点レンズ以外は着かなくなった(笑

サ:GRD4持って歩いているんだから、あまり意味ないというか、効率悪いというか......。

べ:GRD4は、PQI経由でiPhoneに送るガジェットになってるのだ! といっても、iPhoneに送ってインスタ(Instagram)に投稿するだけでなくて、後からポスタラ(POSTEROUS)にも使えるから、GRDはGRDで便利なんです。

サ:確かにPQI便利ですよね。

・PQI Air Card -
< http://bit.ly/Og1p33 > ←長いので短縮してます

べ:あ! そうだそうだ! 『ボンザート・アンペル』っていう、ダブルレンズのカメラに触手がニョロニョロ動いたんだった!

サ:二眼レフではなく、ノーマルレンズとチルトレンズの、ダブルレンズってところがポイント。

べ:フォーマットも、1:1と4:3から選べるし、実際に試し撮りしてみると、レンズの組み合わせで、いろいろ変化つけて遊べて面白い。手に持った感触も良くて、「あ、これ欲しい、いますぐ欲しい」ってなった。

サ:気合を入れないブラ撮りには持ってこいかも。AMAZONとかで、1万5千円くらいで売っているんですね。「こういうカメラもあるんだゾ!」という意味でも、展示会の恩恵ってありますねー。足を運ばなきゃ知らなかったわけだし。

べ:そうか、売っているんだ。ポチるか。

・ファーストインプレッション:BONZART AMPEL(ボンザート アンペル)二眼レフ風スタイルのトイデジカメ - デジカメWatch:
< http://bit.ly/NJkY1R > ←長いので短縮してます

べ:会場を一通り回って弄って遊んだあと、上原ゼンジさんのところで遊んできました。iPhoneに簡単に装着できる、クリップタイプのレンズが出ていて、「あ、これ欲しい」って触手がニョロニョロ......

サ:物欲旺盛ですね、ダンナ。

べ:ゼンジさんが作ったレンズがクリップタイプになっていたり、専用のiPhoneケースを使って、宙玉レンズが簡単に交換できるものとか、あれも欲しい、これも欲しい状態でしたわ。

サ:AMAZONから販売されているみたいですよ。

べ:ポチるか。

サ:そういえば、以前買った宙玉レンズはどうしたんですか?

べ:アルミでフレームまでは作ったんだけど、その先はまだ作ってない。

サ:忘れていたんでしょ。

べ:違うよ、じっくり考える時間がないのー。

サ:酒飲む時間はあるのに。

・宙玉レンズの専門サイト/Soratama:
< http://www.soratama.org/ >

べ:NIKONのワークショップスペースでやっていた、動画編集の講演を拝聴していたんだけど、いろいろな意味で興味が湧きましたわ。

サ:「アマチュアでも、こうやって細工したりすると魅せることができます」って紹介していたけど、話を聴いていると、本当に簡単にできそうなマジック(笑) でも実際に作業してみると、思った以上に大変とか。

べ:要領さえ掴んでしまえば、あとはセンスの問題じゃない。

サ:確かに。ソフトの操作は練習して覚えればクリアできるけど、センスは磨かないとダメですよね。

べ:磨くってよりは、いろいろなことに興味持って動いていれば、それが蓄積されて、その人のセンスになるんじゃないの。

サ:まぁ、そうなんでしょうけど。

べ:センスという実体があって、それを研磨して磨けるものでもないし。

サ:写真撮るのも一緒ですよね。

べ:写真始めて数年になるけれど、一向に上手くならないよボク(笑)

サ:見る人によって角度が変わってくるから、上手い、下手っていうのも、言いかたとしては、おかしい気もしなくないですけど。

べ:そうだよねー。やっぱり、あちこちたくさん出掛けて、いろんなモノを見て自分を育てて、「コレだ!」ってときに自分のピントを合わせられるようになりたいですわ。

サ:カメラはあくまでも道具のひとつな訳で、良いカメラを使っているから、いい写真が撮れるわけでもありませんし、最終的には、自分の感性なんでしょうね。

べ:気負わず、サラっと頑張りまーす

【べちおサマンサ】pipelinehot@yokohama.email.ne.jp
NDA拘束員であり、本当の横浜を探しているヒト
Twitterはコチラ→< http://twitter.com/bachiosamansa >
まとめはコチラ→< http://start.io/bachio >

△▼過酒雑記──今日の酒は明日の肥し▼△

○先々週から酒を飲んでません。というと嘘になるけど、一日の飲酒量が減りました。350缶一本飲むくらいまで減りました。えげつない理由ではなく、単純。酒が美味しく感じなくなってしまったから。それだけ。