グラフィック薄氷大魔王[338]「Echofonの代わりのTwitterクライアント」「無感情に淡々と進める!」/吉井 宏

投稿:  著者:  読了時間:6分(本文:約2,600文字)



●Echofonの代わりのTwitterクライアント

Twitter API 1.1に対応せず消えていく、いくつものメジャーなTwitterクライアント、って話は知ってたけど、Echofonがそれに含まれてるとは知らなかったー! 昨年秋にEchofonデスクトップ版の開発終了は発表されていたらしい。
< http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20121016_566293.html >

僕はおととしからずっとEchofon。最少の操作で自由自在にあちこち見れて、かつインライン画像表示できる点で最強だった。文字入力が最下部ってところだけは最後まで慣れなかったけど、他のクライアントアプリをいろいろ試した感じではEchofon以上のものはなかった。

初期に使ってた夜フクロウは使い勝手に不満はないけど、画像のインライン表示が不可。Twitter公式アプリもすっきりしてて悪くないんだけど、画像表示に対応してないのと、選んだリストを記憶してくれないのがとても不便(リストを別ウインドウを開けば解決なんだけど、場所とる)。そうなると、一時期使ってたJanetterかなあ。

Janetterの不満はふたつ。カラムビューが苦手。オフにしておけばいいんだけど、ざっと見渡せるとなるとどうしても広げたくなっちゃう。目があちこちさまよっちゃってダメ。もうひとつは、誰かのプロフィールや直前のツイートとか見るのに、Echofonや夜フクロウより一手間多い(「Twitterページを開く」で一手間でイケるけどブラウザが開く)。

Janetterをフルスクリーンにして別デスクトップで一日使ってみたけど、うーん、使い勝手で言えば夜フクロウのほうが上かなあ。他のクライアントを使ってみると、Echofonの使い勝手はやっぱダントツにいいってこと再確認させられちゃう。残念。Echofonとほぼ同じ使い勝手のTwitterクライアントはないもんか?




「Echofonの代わりになり得るのか?」というブログ記事発見。TweetbotというTwitterクライアント。レビューを見ると評判はなかなかいいようだ。でも1700円! 高っ! 試せればいいんだけど、Mac App Storeでいきなり販売で、評価版を用意してないところ最近多いなあ。カラムビューも可なのか。ちょっと、苦手かもしれない。iCloudでiOS版と読みかけのTLの位置を同期できるらしい。

◇Echofonの代わりになり得るのか?! 満を持して登場!!「Tweetbot for Twitter」がMac App Storeでリリース![gori.me]< http://gori.me/mac/21544 >

◇Tweetbot for Macを使っていて感じた7つの「いいね!」と2つの「ガンバレ!」[gori.me]< http://gori.me/mac/21585 >

それでも期待をかけてTweetbot、購入してみた。リストの扱いが特殊! リストと全TLを同じくくりで選択するようになってる。画像のインライン表示にはもちろん対応。

1クリックでユーザーのプロフィールと直前までのツイートが見れるのはイイ。ダブルクリックかトラックパッド二本指スワイプで会話も見れる。そこらへんが最小の操作でできるってところが、僕にはとても重要。

TL更新や削除の反映が遅いっぽい? のと、画面切り替えが重い気はするけど、機能的にはかなりイケる。まだ感覚的に馴染んでないので夜フクロウも併用するけど、しばらくTweetbotを使ってみることにしよう。

●無感情に淡々と進める!

「技術を発揮するだけ系の仕事は、躊躇や迷いを全部振り払って、必要なことを必要なだけ、無感情にクールに淡々と粛々と、進めるベシ!!」

と思った。たまに作風とか関係なしに3DCGの技術だけ求められる仕事をやるけど、気乗りしなくて延々時間かかることが多い。手だけチャッチャカと動かし続ければ短時間で仕上げられるはずなのに、そうでないことが多いので、自分向けの標語。

で、考えてみたら、クリエイティブを発揮する系仕事のほとんどの局面にも同じことが言えるじゃんね! 前にも書いたけど、クリエイティブの核心部の大半が「アイディアスケッチやドローイング」にあり、他は「作業・処理」だけなことが多い。スケッチやアイディアを考えてる時以外は、淡々とやればいいのだ〜!

いつも仕事してて遅くなる大きな原因で、ちょっとややこしい処理しなくちゃいけなくて「わ、めんどくせー!」って机から一瞬離れちゃうってことがある。それが一瞬で終わらず、次にその作業にとりかかるのは数10分後だったりする。

全部継続して作業すりゃ2時間で済むことを丸一日かかったりする。「めんどくせー!」って思わないこと、それが「感情を排して淡々」。たんたんたん♪

締切キツイときは、「めんどくせー!」と机を離れる余裕がないから継続せざるを得ず、それでめちゃくちゃ進むんだよね〜。あと、どれに取りかかろうかな? っていう迷いも「無感情淡々クール」で排することもできるわけだよね。となると、次にやることを自動的に提示してくれる、ThingsとかOmniFocusとかのGTDソフトにも存在理由あるな......。

いかんいかん、気がつくとまたThingsをいじりはじめてしまっていた。Thingsは僕的な使い方ではいろいろ不満あるのだった。そのへんも、もっと便利に使えるはずなのにという感情を排し、淡々とEvernoteで行う!

【吉井 宏/イラストレーター】
HP < http://www.yoshii.com >
Blog < http://yoshii-blog.blogspot.com/ >

「3Dプリンタの出力物を販売してみる計画」は諸般の事情により頓挫中。いろいろ難しい〜。と思ったら、ぜんぜん別件で、フィギュア等立体制作関連に予想外の超展開が発生中〜。やはり作業場を確保しておかないとマズイ。

・iPhone/iPadアプリ「REAL STEELPAN」ver.2.0がリリースされました。
「長押しロール」のオン・オフ切り替えスイッチを追加しました。
「オフ」ではレスポンスが速くなるので、素早い演奏が可能になりました。
REAL STEELPAN < http://bit.ly/9aC0XV >
・「ヤンス!ガンス!」DVD発売中
amazonのDVD詳細 < http://amzn.to/bsTAcb >