アナログステージ[95]苦行を楽行に変換するポジティブキング/べちおサマンサ

投稿:  著者:  読了時間:4分(本文:約1,700文字)


新年度おめでとうございます。旧年度中は色々とお世話になり誠に有り難うございました。本年度も何卒宜しくお願い申し上げます。

というようなことを、昨年も書いた記憶があったので、ログを辿ってみたら、バッチリとあった。ここ最近、ボケというか物忘れが激しいというか、人の話も右から左状態で、まったくキャッシュされていないのですが、自分のことは憶えているもんですね、アハハん。

■アナログステージ[74]カネがモノをいう世の中
< http://bn.dgcr.com/archives/20120403140300.html >

相も変わらず、時間に追われていた2週間だったので、デジクリのネタ仕込みをしている時間がまともに取れなかった。食事の時間、睡眠時間を可能な限り削って、なんとか追いついているのが実情で、数年前の『社畜廃人』に舞い戻ってきているような。

大企業がリストラ再開するようなご時世に、たくさんの仕事があるというのは、大変ありがたいことだけど、時間という縛りがあり、人間が動いている以上は限界というものがある。

たまに、WEBで「残業する人は仕事ができない人」とか「残業したり、土日出勤しているヤツは作業効率が悪いお手本」のように書かれているのを見るが、そんなことはない。




規定労働時間をきっちり働いても、追われるものは追われる。というより、ウチの部署はフレックスタイムだから、労働基準を盾に知らん顔しようと思えば、いくらでもできる。でもそんな人間はひとりも居ない。単純に、みんな楽しんで仕事しているから(ほかの部署は知らないけど)。

時間に追われる原因が、お客から無理な短納期を強いられているだけなら、それを消化するまでの短期間だが、同時期にいくつも重なると、どうしようもない。その期間だけ人員増やしても、専門技術職なのですぐに手助けにはならないのだ。

もう少し噛み砕いて書くと、座席数が決まっているレストランで、開店から満席状態。それでも我慢強く、お客さまが順番待ちしている日が、数か月以上続いているような感じだろうか。

しかし、うち部署はコックさん(作る側)ではなく、レシピを考える側なので、都度、お客さまの食べたいものを訊いてからレシピを起こし、そのレシピをコックさんに渡して作ってもらうような。

「残業する人は仕事ができない人」なんていうのは気にしないで、「残業できるくらい仕事がある」と解釈したほうが、断然面白い。仕事ができるうちはバンバン働く、休めるときは骨が溶けるまで休むのが大吉。「それって、ただの社畜じゃねwww」とか「ブラックな会社ですね」と周りから言われようが気にしないことです。

なんでもそうだけど、楽しんでやることが大切。間違いなく、嫌味で言われていることも、受け取りかたを変えると、褒められている気分になったり。先の東京都知事選で、惜しくも落選してしまったマック赤坂ではないが、「ネガティブからポジティブ」というのは、日本人には特に大切な要素じゃないかな。

・2012 東京都知事選挙 マック赤坂 政見放送 (民放版) - YouTube:
< >

とは云いつつも、この状態が秋頃まで続く臭いがプンプンしているので、ゴールデンウィーク前までには、なんとか対策を練っておかないと。

【べちおサマンサ】pipelinehot@yokohama.email.ne.jp
NDA拘束員であり、本当の横浜を探しているヒト。ぶら撮り男子。
Twitterはコチラ→< http://twitter.com/bachiosamansa >
まとめはコチラ→< http://start.io/bachio >

△▼過酒雑記──今日の酒は明日の肥し▼△

オイラの時間がない原因は、仕事でもうひとつ別なことに巻き込まれていることもあったり。まだ詳しくは書けないんだけど、そいつがとにかく、恐ろしいほどに時間食う。オマケに体力も使う。そのくせ1円にも金にならないときている。

とあるエビデンスを纏めて、「ハイ、バトンタッチ」って予想していたんだけど、そうもいかなく、最終的には最後まで係わらないといけなくなるらしい。なんで巻き込まれなきゃいけないんだ! って寝るときにブツブツ文句言いながら寝る、2013年の春でした。