ところのほんとのところ[94]休館日なのにお客さんがいっぱい!?/所 幸則 Tokoro Yukinori

投稿:  著者:  読了時間:3分(本文:約1,300文字)


TOKYO Shibuya Lovers Photographers「渋谷論*AROUND THE SHIBUYA PARCO 写真展」の、トークショーとレセプションも3月30日(土)に終わりました。会期は4月14日(日)までです。

4月1日(月)、早めに会場のギャラリーコスモスに行きました。午後から在廊し、所塾生からの写真の相談に応じることと、国際的フォト・フェア「東京フォト」の実行員でもある池末浩規さんが来られるからなのですが、行ったらなんと休館日でした! ですが、そこはアレ、無理を言って開けてもらい、休館日じゃなくなりました。

実際、[ところ]はチラシにも告知にも、月曜休館と書くの忘れていたのです。当日は春らしい暖かい気候で、平日にもかかわらず見に来てくれた方が多くて感謝感謝です。[ところ]がちょうどいいタイミングにギャラリーに着いて、無理にオープンしてもらい、それがよかったとホッとしました。

多くのお客さまの中でも、スッと入って来た老紳士は以前から[ところ]の作品をご存知だそうで、わざわざ来てくださったのですから、その場にい合わせられて本当によかったと思います。




昔から渋谷が好きで、[ところ]の作品も好きで、新作を見たかったというのもあるのだけれど、6人の違うタイプの写真家が渋谷を撮って展示するという企画にもとても興味があったから来られたそうです。

そういう話を聞き、[ところ]がここにいなかったら、と思うと冷や汗が出そうです。その方は充分作品を堪能された後、サッと[ところ]のオリジナルプリントを一枚買って下さいました。ありがとうございます。

池末さんは6人の作品を一時間以上にわたり熱心に見て下さいました。[ところ]の最近の作品と、2年半前に買っていただいた24枚セットの「渋谷1sec」からの変化など微妙なところをよくお分かりで、さすがだなあと思いました。

この人は「東京フォト」の実行委員というだけではなく、フォトグラファーで、写真のコレクターでもあります(それどころか、政治関係のすごいブレーンだったりもします)。

池末さんは写真の話を対等に忌憚なく話せる数少ない友人でもあります。帰り際に[ところ]の作品コシノシリーズを3枚まとめて買っていただきました。池末さんと話しているあいだに、大阪芸大の教授だった梶原さん(日本カメラで23年編集長をされていた方)も来られました。

いい日だったなあ。

まだ「渋谷論アラウンドザ渋谷PARCO写真展」やってます。買いやすい値段の小さいプリントもあります。ぜひ部屋にかざってみてください。

・TOKYO Shibuya Lovers Photographers「渋谷論*AROUND THE SHIBUYA PARCO
写真展」2013年
会期:3月26日(火)〜4月14日(日)会期中休みなし
会場:ギャラリーコスモス(東京都目黒区)
< http://gallerycosmos.com/main/?cat=1 >

【ところ・ゆきのり】写真家
CHIAROSCUARO所幸則 < http://tokoroyukinori.seesaa.net/ >
所幸則公式サイト  < http://tokoroyukinori.com/ >