ところのほんとのところ[95]月に一回サロン的な所塾を開きます/所 幸則 Tokoro Yukinori

投稿:  著者:  読了時間:3分(本文:約1,300文字)


先日、[ところ]は随分久しぶりに東中野に行きました。東中野と聞くと中野の近くだというイメージがあって、ちょっとお酒を飲みに出かけても帰りが億劫だなとか、つい思いがちでしたが、実は渋谷から新宿まですぐだし、新宿から二駅なんですね。

これが二度目の東中野駅で下車、場所が分からず迷ってしまった。この前のときと違う出口に出たみたいだ。あわてて、駅の改札まで戻ってお店で待っている友人に電話。あー、あぶなかった。電話で聞くと超簡単で、あっという間に約束のイタリアンの店に着きました。

[ところ]は、ここしばらくキヤノン5Dマーク3を借りてテスト撮影を続けています。このときも、暗い路地や薄暗いイタリアンの店内で撮ってみました。このカメラは超簡単な操作で、感度3200〜6000ぐらいでもきれいに写るからびっくりです。

数日前も自宅の寝室で撮ってみたら、高感度で撮ってるはずなのにろくにノイズも出ない。本当に、長年写真を撮って来た人間としては、カメラってこれからどうなってしまうんだろうと不安になります。期待もありますけどね。




さて、東中野に出かけた理由は久しぶりに「ワイン会」という催しに参加するためだったのです。旧友、シェフなどいろいろな人に会えました。友達がいつの間にか新婚さんになっていたとか、まあいろいろありました。

いつもなら、ドルチェワインだグラッパだと延々と飲んでしまうんですが、次の日は写真家仲間と東京都写真美術館にマリオ・ジャコメッリの展覧会を見に行くことになっているので、[ところ]としては随分自制したつもりでした。久しぶりにいい気分で酔ってしまいました。

そしてまた、こっちもずいぶん久しぶりの、東京都写真美術館に出かけました。マリオ・ジャコメッリは、あの時代の写真としてはという前提で見ても、今でも独創性を放っていることは驚きでもありました。詩と写真のコラボレーション的なところも胸に響いて来るものがあります。ぜひ、皆さんもご覧になってみてください。

さて、「所塾特別写真講座」を毎週第四日曜日に渋谷でやることになりました。場所は、以前森山大道が住んでいたこともある、渋谷のど真ん中、宮益坂ビル。[ところ]の初期の「渋谷1second」にも写っているこのビルが、取り壊しになるまでの短い期間に、月に一回だけサロン的な所塾を開くことに。いちおう7人限定なのでよろしくです。

●TJ所塾特別写真講座
日時:毎月第4日曜開催(全9回) 4/28、5/26、6/23、7/28、8/25、9/22、
10/27、11/24、12/22 13:00〜18:00
会場:宮益坂STUDIO(東京都渋谷区)
定員:7名(多少の増減あり)
受講料:学生4,500円、一般6,500円 ※一回分
内容:以下の3部構成
・写真談義(テーマ別に[ところ]の写真に関する実践的な話)
・所推薦写真講評([ところ]が推薦する写真の紹介と解説)
・参加者への写真講評及び指導
申し込み方法:サイトの申し込みフォームから
詳細は以下
< http://miyamasuzakastudio.net/tj/ >

【ところ・ゆきのり】写真家
CHIAROSCUARO所幸則 < http://tokoroyukinori.seesaa.net/ >
所幸則公式サイト  < http://tokoroyukinori.com/ >