装飾山イバラ道[119]アメリカン・アイドルの新審査員たち/武田瑛夢

投稿:  著者:  読了時間:5分(本文:約2,000文字)


アメリカン・アイドルシーズン12の日本での放映も、候補者がしぼられてきて佳境を迎えている。ランディ・ジャクソン以外の審査員が一新したアメリカン・アイドルだけれど、男二人、女二人のバランスの良い体制になったと思う。

・アメリカン・アイドル シーズン12
< http://tv.foxjapan.com/fox/lineup/prgmtop/index/prgm_cd/1583 >

ランディ・ジャクソンとマライア・キャリーがベテランの威厳と風格を与える役目、ニッキー・ミナージュは30歳ということで審査員の中では若手の新鮮さを加えている。カントリーシンガーのキース・アーバンは優しげなお兄さん的雰囲気で、意見が分かれがちな他の審査員のクッション的役割を担っているように見える。




●ぶっ飛んだルックスにはっきりした物言いのニッキー

黄色やピンクの髪色につけまつげの派手なニッキーは、現代的で若者の感覚をよく理解してコメントしている。お目目パチパチでバービー人形みたいだなーと思っていたら、過去に本物のニッキーのバービー人形が作られたこともあるんだそう。

日本でもファッションや見た目が派手なタレントが多くなったけれど、ニッキーも毎朝化粧やファッションの支度が大変だろうといつも思う。

ニッキーは物怖じというものを全くしないので、地方予選の時にはマライア・キャリーともためらわずケンカして、このまま番組を降りるのでは? と騒がれたりした。翌日ケロリとして現れたので皆が安心したけれど。

アメリカン・アイドルはオーディション番組だ。審査する自分が譲歩することで、目の前の誰かのチャンスが失われるなら、それは確かに言い分をのむべきではないだろう。

人は謙虚になっている場合じゃない局面もある。押すところと引くところのさじ加減をまだ体得していないニッキーに、好感を持った人も多いと思う。実際にその後のニッキーは、審査員として素晴らしい仕事をしている。

4人は音楽ジャンルや世代が微妙に違うことで意見は合わないことも多いけれど、広範囲に新人を発掘するためには審査員にも幅が必要なのだ。

以前まで審査員をしていたスティーヴン・タイラーは、見た目は悪そうでも審査そのものは紳士的だった。ニッキーはぶっ飛んだルックスにはっきりした物言いで、番組にインパクトを与え続けていると思う。

アメリカン・アイドルで優勝した歌手には、キャリー・アンダーウッドなどのカントリー歌手も多い。シーズン10では優勝のスコッティと、準優勝のローレンがカントリーだったし、アメリカの人って本当にカントリーが大好きなのだ。

国民感情に染み入るそういった想いは私にはわからないけれど、聞いていて心地良いコブシ回しや喉の使い方にうっとりすることはよくある。キース・アーバンが加わったのも、カントリーファンのためにもカントリーがわかる審査員が必要だったからだと思う。

●光り方がまったく違うマライア

マライア・キャリーは歌声もすごいけれど、存在感もすごくてどこかに必ず彼女専用のスポットライトがあると思わずにいられない。ダイヤモンドのせいなのか、ラメパウダーのせいなのかわからないけれどいつも光っているのだ。

スターのオーラと言ったらそうなのかもしれないけれど、横にいる3人だって相当なスターのはずなのに光り方が全く違う。カメラが寄っていない時でも、優美なしぐさでゆっくり動いているのが彼女らしい。審査も一人一人に丁寧にコメントをしていて、誠実で優しい人なのがわかる。

ジェニファー・ロペスが審査員を降りると知った時は、番組から華が消えてしまうと心配したけれど、マライア・キャリーのゴージャスさはまた別格のものがある。うちの旦那さんはジェニファーがいなくなっちゃったのが残念らしく、すっかり見るべきものがないといった態度だけれど。男ってはっきりしているものだ。

これを書いている時は、日本ではまだベスト6が決定したところ。私はなるべくアメリカの情報を入れずに、ネットでも結果を見ないように注意している。今年は女性が強いということで、アンジーかクリーが優勝するんじゃないかなと考えている。

シーズン11のフィリップ・フィリップスの時は、お気に入りの優勝だったので感無量だったけれど、同じように最終回まで興奮が続くと思う。GWに何をするかすっかり予定を立てそびれてしまった。

【武田瑛夢/たけだえいむ】eimu@eimu.com
装飾アートの総本山WEBサイト"デコラティブマウンテン"
< http://www.eimu.com/ >

ハワイのライオンコーヒーが気に入っている。ライオンの黄色い顔のイラストが派手なあのコーヒーだけれど、「バニラマカダミア」が一番人気ということでさすがに美味しい。

なくなったので「ジングルベルキャラメル」味の新しい袋を開けて飲んでみたが味の違いがわからない。もうひとつ買ってあるのは「フロスティバニラ」。これもきっと似たような味だろうけど、次こそ飲み切る前に比べようと思う。