クリエイター手抜きプロジェクト[353]電子書籍編 iOS版楽天kobo:意外にいい出来/古籏一浩

投稿:  著者:  読了時間:6分(本文:約2,800文字)



散々な評価を受けたあげく、ネタにすらならなくなってしまった楽天kobo。なんか「宇宙戦艦ヤマト2199」が評判いいらしいので、それ風にiOS版koboを書いてみます。まあ、ジョークな文章なので適当に読み流してください。

西暦2012年、楽天はアマゾンからの攻撃を受けていた。アマゾンは大量の資金力をバックに次々とKindle端末を日本に投下したのである。

これに対し楽天は、アマゾンを迎え撃つべく電子書籍端末Koboの会社を買収し楽天koboとして迎え撃った。しかし、サーバーのトラブルや、使い勝手の悪いユーザーインターフェース、あまりに遅い速度、書籍ラインナップの少なさから、あっという間にアマゾンのKindleに破れ、今や楽天の電子書籍事業は絶滅の危機に瀕していた。

かなり省略。という事で昨年、業界で沈没してしまった楽天koboが、新たにiOS版として甦ったのです。

「だから何?」
「いつ出たの?」

まあ、今さら楽天koboのiOS版が出たからと言って、どうこうなるわけではないのですが......。ただ、大変不幸な事に(?)iOS版のkoboアプリは皆の予想を裏切って「良い仕上がり」です。

kobo touchは遅くてどうしようもなかったのでしたが、高速なiPadで動かすとこうも違うものかという感じです。また、Kindleよりも速いのでイライラしません。UIも悪くない。

手元のiPad2だと結構落ちてしまうのですが、koboのiOS版は読書中に落ちてしまっても、再度起動すると読んでいたページが開かれるという親切さ(というより、落ちるのが前提なのかもしれませんが。5/7にアップデートしたら落ちる頻度は減った感じ。初回時、Facebookアップデートしたまま何も起こらないのは修正されず。一度アプリを完全に終了した後に起動すればOK)。

まあ、iOS版koboでは直接書籍を購入できないのですが、すでに購入済みの書籍は自動的に同期され表示されます。購入済みの本は画面上部に表示され、その下(2段目)には無料・お試しの本が表示されます。




2段目というナイスな配置なので、気になる本をどんどんタップして読むことができます。どうせなら本だけでなく、楽天商品も表示すればいいような気もしますが、それは次の段階ということなのかもしれません。それまでにkoboが生き残っていればですが。

また、自分の読書時間や何時頃に本を読んでいるかが示されます。グラフで表示され、なかなか見やすくなっています。たくさん本を読むと、自分の読書傾向が分かって面白いかもしれません。

最初にiOS版のkoboを出していれば、評価も違ったかなという感じもします。ここらへんは楽天の戦略ミスでしょう。焦って失敗した例のひとつかもしれません。koboもiOS版、Android版と攻めていって、満を持してkobo端末を発売すればよかったかもしれません。でも、あのスペックでは期待はずれになってしまうでしょうけど。

本を購入しようと思っても、やはりラインナップの少なさはどうしようもありません。現状、アマゾンのKindleに勝てるような見込みがありません。時間が解決するのか、時間とともに消滅するのか。宇宙戦艦ヤマト風なタイトルだと

「さらば楽天kobo 2013」

いや、その前に......

「楽天kobo消滅まで、あと365日」

iOS版kobo、出来はいいですけど、案外と書くことがありませんでした......。
やはり、出来が悪いものでないと楽しく原稿が書けないみたいです。
ここはひとつ、楽天に頑張ってもらってGoogle Glass用に楽天koboを用意するというので、どうでしょう? その方が新たな読書体験ができる気がしますが。


【古籏一浩】openspc@alpha.ocn.ne.jp
< http://www.openspc2.org/ >

「宇宙戦艦ヤマト2199」のTV版。何か足りないなあ、と思ったら「人類滅亡まであと365日」といった表示がないせいかも。

Adobe CCが発表されたので「Fireworks消滅まで、あと365日」とかの方が現実味がある? 昔はFireworks使っていたけど、途中からなぜか使わなくなった。かといって、IllustratorがFireworksの代わりになっているわけでもなし。

5月25日に長野県塩尻市でもGoogle I/O報告会が行われます。場所や時間等、申し込みに関しては以下のページからお願いします。

・Devfest Japan Google I/O報告会 信州会場
< https://plus.google.com/events/cc9rfbg6mo92cn04hqg0kn2otn4 >

・公式ページのURL
< https://sites.google.com/site/devfestjapan2013/ >

前回は不手際や初めてのイベントだったのですが、今回は2回目ということで多分それなり・・・にできるかなと。あと、長野県中信地区のキャラが何体か会場にいます。着ぐるみで出てくる予定。

・玄蕃サラ
< http://ameblo.jp/maru-kouhou/ >

・ハイビジョン映像素材集。TVでよく出てくる立山黒部アルペンルートの4K素材を追加。
< http://www.openspc2.org/HDTV/ >

・Nexus 10(アンドロイドタブレット)使い方辞典
< http://www.openspc2.org/reibun/Android/Nexus10/ >

・Kindle Fire HD使い方辞典
< http://www.openspc2.org/reibun/Kindle/Fire_HD/ >

・Nexus 7(アンドロイドタブレット)使い方辞典
< http://www.openspc2.org/reibun/Android/Nexus7/ >

・iPad mini(アイパッドミニ)使い方辞典
< http://www.openspc2.org/reibun/iPad/mini/2012/ >

・JavaScript逆引きハンドブック
< http://www.amazon.co.jp/dp/4863541082 >

・改訂5版JavaScriptポケットリファレンス
< http://www.amazon.co.jp/dp/4774148199 >

・クリエイター手抜きプロジェクト
< http://www.openspc2.org/projectX/ >

・Adobe Illustrator CS3 + JavaScript 自動化サンプル集
< http://www.openspc2.org/book/PDF/Adobe_Illustrator_CS3_JavaScript_Book/ >
吉田印刷所の「印刷の泉」でも購入できるようになりました。