アナログステージ[97]休日を台無しにするまでの経緯/べちおサマンサ

投稿:  著者:  読了時間:6分(本文:約2,800文字)


これから、ものすごいほどに個人的な話をダラダラと書こうとしているのですが、社畜中年オヤジの哀れな過程と悩みごととして読んでいただければ幸いでござる。

「気がついたら趣味がなくなっていた」

うっすらと、心の奥深くに見え隠れしていたヤツは、今年のゴールデンウィークという連休によって、表に出てきた。元々は、広く深くの多趣味だったワタクシですが、デジクリで連載開始すると同じくらいの時期に、仕事がピークになってきていた。

分かりきったことではあるけど、休日まで仕事に時間を奪われるということは、プライベートで何かを削らないといけなくなる。削る優先順位として、趣味領域が侵されたり、ダラダラと昼まで寝てる時間領域を侵されるかのどちらかが多数でしょう。小さいお子さんがいれば、侵略域が拡大され、カミさんとのバトルも勃発する引き金になる。

幸い、ワタクシのおガキ様たちは、手が掛からないお年頃まで成長してくれたので、休日にどこかに遊びに連れて行くような行事は終わってしまったのですが、これはこれでかなり寂しいのだ。たまにムスメに「ヒマならパパとデートする?」と訊いても、「今日はデートだからダメー」とか、パパより彼氏が男として君臨してしまっている。それはそれで大変けっこうなことだ。




ワタクシは、性分的に昼まで寝ているということができなく、休日だろうが平日だろうが、起きて活動できる時間を大切にするタイプ。30代前半頃の、休日の過ごしかたを思い出してみると、

・AM 04:00〜 どこかしらの海でボディーボードで波乗りして遊ぶ
・AM 09:00〜 家族でどこかしら遊びに行く
・PM 17:00〜 近所の体育館にバドミントンやりに行く
・PM 21:00〜 お疲れさまで焼肉屋で飲み食い
・AM 0:00〜 寝る

というように、かなり体を動かしていた。バドミントンができない日は、スタジオでバンド練習していたりで、いずれにせよ、一日であちこち動きまわっていた。仕事がピークになってきた近年では、「体と気持ちが向いたら、どっかフラフラしに行こうかな......」くらいの無気力になってしまい、カメラを趣味として始めていなければ、休日引きこもり生活が確定していたであろう。

遊び仲間から「明日どーする?」という誘いも、「ごめん、明日仕事なんだ、また行こうねー」と断っていくうちに疎遠になってしまい、これまた気がついたら、「うげ、もしかして、友達って誰もいないんじゃね?」くらいの友人過疎っぷり。

年齢や環境によって趣味が変わってくることは確かにある。また、趣味の内容や範囲によっても友人も変わってくるが、趣味など関係なしに付き合える友人がどれだけ存在しているか冷静に考えると、「限りなくゼロじゃね?」と、目の前と心が真っ暗になる。

「あー、オレオレ、オレだけどさー、今日ってヒマ? オレ、すごいヒマなんだよねー、どっか遊びにいかない?」なんて自分都合で連絡することは絶対にできないし、「なんだコイツ、こっちが誘っても『仕事だから』っていつも断るくせに、自分がヒマなときは......ふざけんな、この、途中で歌詞が分からなくなってハミングで誤魔化し野郎!」って思われると妄想が広がってしまい、なかなか誘い難い。

カミさんに、「どっか行く?」と訊いても、「あんたさ、自分がヒマだからワタシもヒマなわけじゃないんだよ、今日はもう予定あるからダメ。急に言わないでよ。カメラもってフラフラしておいでよ、桜木町の鳩と友達になったんでしょ? 帰りに野毛で飲んでくればいいじゃん」といった具合に、まったく相手にされなくなってきている。

仕事の都合がまったく読めないので、前もって連絡して遊びにお誘いすることもできず、かといって、当日になって仕事を休めそうだから、いきなり連絡することもできず、孤立化の立ち往生。

そんなことを繰り返して休日を過ごしていると、自然と独り遊びが上手にってくる。良いことなのか寂しいことなのかは分からないが、上記に書いたように、「遊び=誰かしら相手がいる」という図式から、どこに行こうが何をしようが、自分の気の赴くままという、独りの気楽さに慣れてしまい、コミュ障の初期段階に近いものができてくる。

いや、これはこれで、自分という人間を素直に見ることができるチャンスと解釈したほうがポジティブだ。「独り=ネガティブ」は、暗黒街道に陥る近道なので忘れよう。

「気がついたら趣味がなくなっていた」を客観的に捉えると、趣味がなくなったのではなく、「同じ趣味を持つ人と交流しなくなった」が正解のようだ。仕事の重圧から、人と接するのが面倒になっているだけのような気もするが、自分の気持ちはいつも嘘つきなので、本当のことは分からなかったりする。

ウダウダといろいろ書いたところで、結局のところ、少し考えれば、こういう状況が出来上がることが分かっていながら、仕事の疲れと面倒が重なり、自分で招いた結果であるのは間違いない。

これらから抜け出すのは、土日のどちからは、どんなに多忙であろうと、しっかり休みを取る。これだけの話しなんですよね。なんか、デジクリに何回も自分で書いていたような......。

みなさん、家庭とお友達は大切に。

【べちおサマンサ】pipelinehot@yokohama.email.ne.jp
NDA拘束員であり、本当の横浜を探しているヒト。ぶら撮り散歩師。
Twitterはコチラ→< http://twitter.com/bachiosamansa >
まとめはコチラ→< http://start.io/bachio >

△▼過酒雑記──今日の酒は明日の肥し▼△

ゴールデンウィーク、あけましておめでとうございます。ゆっくり休めましたか? 横浜では、連日のイベント開催で、マッタリ休んでいるどころではありませんでしたが、オイラはこれといってお出掛けしませんでした。中華街に買い物に出たのですが、もの凄いヒト、ヒト、ヒトで春節のときより人が多いのでは? という具合に、歩くのが疲れて本当に買い物だけして逃げてきました。

代々木公園で開催されたタイフェスティバルも、ヒト、ヒト、ヒトで、まったく前に歩けなく、会場を一周するどころか、半分も見ないで逃げ出してきました。次は、ブラジルフェスティバル! 毎年、とても楽しみにしております。

・第7回ブラジル・フェスティバル | 代々木公園にて7/21,22開催!!
< http://www.festivalbrasil.jp/ >

5月に入ってから、体調の悪い日が続いており、「更年期か?」と素人判断するも、さすがにきちんと検査しないとダメかなぁ......というくらい具合が悪いです。「中年働き盛り」と虚勢張っても、忍び寄る老化現象のようなものには勝てないですね。摂生した生活と、規則正しい生活が、実は一番の健康法なんだって、しみじみ実感するところです。