イベント案内/「日本のマンガ・アニメ・ゲームの未来を語る!」講演会・シンポジウム

投稿:  著者:  読了時間:2分(本文:約700文字)


〈主催者情報〉

イベントを行うに至った背景

世界的なクールジャパンの潮流のなかで、日本のコンテンツ産業の核である「漫画・アニメ・ゲーム」は現在わが国の重要な資源であります。漫画雑誌が大いに売れた時代は終わり、インターネットの普及により日本のコンテンツ業界も大幅に変革いたしました。またアジアをはじめフランス・アメリカ等の欧米諸国の台頭も目立つ中、今後日本のコンテンツ産業が目指すべき未来像について、個性的で魅力的な作品を生み続けてきた日本を代表するクリエイター達を大阪にお招きして、今後の中小企業分野がかかわり得る業界の未来像やその可能性について大いに語って頂く講演会&シンポジウムを開催する運びとなりました。

主催:学校法人上田学園
後援:近畿経済産業局、大阪府、大阪市

日時:2013年6月23日(日)9:30〜17:00
会場:グランフロント大阪 B1F(JR大阪駅直結)ナレッジキャピタル コングレコンベンションセンター ルーム1・2
参加費:無料
定員:300名 申込方法・Webにて事前エントリー
< http://oaed.jp/lecture0623/ >

◎プログラム
9:30 開会 学園長 越田英喜
記念講演「杉井ギサブローアニメワールド」9:45〜10:45
講師:杉井ギサブロー(アニメーション監督)
シンポジウム「世界のアニメの潮流」10:50〜12:30 
日本のアニメは今後、どのように発展していくのか?
パネリスト:原口正宏(リスト制作委員会主催)りんたろう(アニメーション監督)前田庸生(京都精華大学教授)

記念講演「小池一夫とその弟子達」13:30〜14:30
講師:小池一夫(作家、漫画原作者)
シンポジウム「小池一門漫画活動裏話」14:35〜16:30
パネリスト:堀井雄二(ゲームデザイナー)山口貴由(漫画家)椎橋寛(漫画家)
閉会 池崎義男(教務部長:予定)