グラフィック薄氷大魔王[352]Pomodoro的にやってみた/吉井 宏

投稿:  著者:  読了時間:6分(本文:約2,900文字)


三週間ほど前から、「Pomodoroメソッド」っていう集中方法をヒントにいろいろ試してみてるところです。Pomodoroメソッドってのは、25分集中して5分休憩するもの。推奨方法でうまく行く人もいるでしょうけど、僕的には以前書いた「15分切り替えマルチスレッド方式」との折衷方式って感じでやってます。




●Pomodoro Time Manegement Lite

以前に濱村さんが書いてた「Pomodoro Time Manegement Lite」っていうiOSのタイマーアプリを初めてちゃんと使ってみた。このアプリ、最初使ったときは「チキチキ」ってタイマー音がジャマだったから使わなかったんだけど、しっかり25分やってみると、音がチキチキ鳴ってる間は強制的に集中しなきゃって感じになるのが割といいかも。

< https://itunes.apple.com/jp/app/pomodoro-time-management-lite/id323224845?mt=8 >

25分がスタートしたら、途中で止められないし、5分休憩も強制的で、次の25分が連続でスタートする。タイマーとしては使い勝手が変すぎる! 以前は有料バージョンがあったらしいけど、今はなくなってる。別のPomodoro的アプリを探してみた。要するに「1画面に複数個のタイマーを置けるアプリ」があればそれでいいんだけどなあ。まあ探せばあるかも。

●It's Focus Time

チキチキ音もあるし、タイマー設定も簡単。25分を達成した回数が記録されたり、グラフまであってムダなプレッシャーになりそう。4回に1度、5分じゃなく15分の休憩が入るようになってる。余計なお世話だw

It's Focus Time
< https://itunes.apple.com/jp/app/its-focus-time/id630814655?mt=8 >

あれ? やはり「一時停止」がない。それがPomodoroメソッドのルールなのかな? 調べてみると「実行中のポモドーロを中断しなければならないくらい急ぎの場合は、現在のポモドーロ(=タスク)を中断して無効にする。」で、やっぱ基本的に中断は禁止ということらしい。

来客や電話じゃしょうがないけど、トイレくらいガマンしろ。ましてやタイマー止めてまで「ちょっとツイート」などゆるさん! ってことでしょうねw

●Focus Time

似た名前の別のアプリ。トマトとぜんぜん関係ない画面デザインなところは残念だけど、残り時間がグラフでデジタル表示じゃないところがいい感じ。チキチキ音やタイマー設定も簡単、このアプリでは「一時停止」もできる。450円はちょっと高いけど。

Focus Time
< https://itunes.apple.com/jp/app/focus-time/id340156917?mt=8 >

ただ、iPod touchで朝8時から自動ロックオフで表示しっぱなしにしてたら、昼すぎにはバッテリー残量が半分になってる。16時頃にはほぼ残量なしに。電気消耗が激しい。USBに繋いでおかないと実用的じゃない。ってところ以外はかなり満足してます。

●25分の効能

最初、25分は長いなあ、やはり15分くらいがちょうどいいかなと思ってました。長すぎると緊張が解けて日常にもどっちゃう。でもまあ、チキチキ音があるから途切れにくいってのはあるみたいです。ただし、チキチキ鳴ってると音楽は聴けないです。

しばらくやってたら、15分単位よりは集中が深いし、1単位での進展が大きく思えてきた。「15分切り替えマルチスレッド方式」はものすごい勢いで仕事は進むけど、後で必ず虚脱状態になる。ってのは、休憩せずにやるからなんだろうな。

5分の休憩がついつい15分とかに延びがちだけど、それでも一日の中で25分集中を10数回ほどできれば、普段のペースからすればすんごい進む。それ以外の時間を割とダラダラすごしてたとしても、5〜6時間を完全集中ってのはすごいことだ。

たいていの細かい用事は25分以内で完結する。一個のToDoがはみ出して15分を2本ってのは気分的に負担だった。たとえば「書類作成してプリント、封筒に入れて切手を貼る」が15分ではギリギリだったけど25分なら収まる。25分なら、1個のToDoを片づけて、2個目のToDoに取りかかるところまで行ける。「着手する」ってのが重要で、取りかかっちゃえば、こっちのもん。

●25分区切りの良くない点

気分が乗ってないときは、キッチンタイマーがあと何分か何度も見て減るのを待つ感じでストレス。気分ノリノリでも、25分が来ると休んでしまい断ち切られる。

25分を目安にしながらも、区切らないほうがいいと思う。キッチンタイマーをやめてストップウォッチに変更してみた。25分過ぎても普通に続ける。休憩はしなくちゃいけないけど、ノリノリとか言ってもどうせ6時間ぶっ続けとかできるわけないんだから、続けられるだけ続けていい。

25分過ぎたらいつでも休んでいいよ、ってことで。本来、集中を「見える化」するのが目的なんだから、集中できる時間が自然に延びていけばそれでいいのだ。今は、30分以上集中できたら5〜10分休憩というパターンに落ち着きつつある。

●休憩時間を守るほうがむずかしい

25分や30分の集中よりも、5分休憩をキッチリ守るほうが難しいらしいことがわかってきた。気がつくと1時間休憩してたりする。キッチンタイマーを使う場合、集中ではなく休憩をきっちり計るほうがいいらしい。

休憩をキッチンタイマーで10分に(5分で復帰できるならするけど、最大10分という期限を設ける)、30分集中を時計かストップウォッチでテキトーに計る。集中してる分には時間オーバーしても問題ないわけだし。

Pomodoroの1単位を達成したら、テキストのToDo予定表にトマトの絵文字をつけるのが楽しみw 集中できてる日はトマト絵文字がいっぱい並ぶ。(MacやiOS でしか見えないでしょうけど)
< https://pic.twitter.com/vMwIqscbur >


【吉井 宏/イラストレーター】
HP < http://www.yoshii.com >
Blog < http://yoshii-blog.blogspot.com/ >

先週、クリエイターEXPOに行ってきた。今回は出展してなくて客としてです。いや〜しかし、「本展は商談のための展示会です」と、パンフにしつこく書いてあるように、個展やグループ展感覚で友達や知り合いのブースに行っちゃダメだよな。行っちゃったけどさ。

やっぱジャマだわ、商談目的以外の客は。行ってもいいけど、話し込んじゃダメ。商談と関係なく、興味ある分野ってことで座り込んで延々話し込んでる客を今回もたくさん見かけた。

商談でも、時間取りすぎはNG。他の商談したい人が何人も待ってたりする。しびれ切らして他を回ってから来ようってそのまま忘れたりとか多そう。機会の喪失! 良さそうだったら、後で個別に連絡とればいいこと!