エンドユーザー大変記[53]ふるさとは遠きにありて思うもの近くば寄って眼にも見よ/ジョニー・タカ

投稿:  著者:  読了時間:4分(本文:約1,700文字)


ちょうどタイミング的にも絶妙なので、先週実家の群馬に帰省した話を書く。

3日間しかいられなかったが、祖父の墓参も含め、時間的には充実して過ごせた。殆ど実家で高校野球見てたとも言えるが...。

暇つぶしついでに、近くの携帯電話ショップに行ってみた。実は、未だにXi(クロッシィ)導入をためらっている次第だが、実家近辺で使えるかどうかかなり怪しかったのである。

こういう場合は、近くにあるショップで実際確かめるのが一番である。横浜や都内では絶対にわからないからだ。近くのショップより遠くの現場、である。




店に入ったら、普通にドコモはツートップ(Xperia A、Galaxy S4)を売り出していたことにズッコケる。Xi入ってなかったらツートップもないよなぁ、という思惑がのっけから覆ったことになる。

とりあえず、今ネットブックに内蔵されているFOMAのデータ端末では、最大でも2Mしか出ない。一応普通に使えるとはいってもさすがに遅すぎる。しかも調子が悪くなり始めている。いい加減ネットブックの買い替え含め、アクションを起こしたかったというのもある。

一応これで踏ん切りはついた。ただ組み合わせが問題になる。

1)スマホはFOMAのまま+XIルータ
2)スマホをXiに変える+Xiルータ
3)スマホをXiに変え、必要な時にテザリング。データ端末側の回線契約は継続しない

この3パターンが成り立つ。

しかし、3の場合、電源を確保する必要があるため、あまり現実的ではない。いずれにせよ端末自体の負担が増してしまう。初期投資としてはやむを得ないかもしれないが、通信速度にストレスを感じているのも事実である。

事実、帰省中に横浜駅や東京駅での電車待ちの最中、相当パケ詰まりに苦労させられた。もともと端末のスペックが不足していることもあるが、これでは辛い。多少ゆとりあるスマホに変えないといけないことを確信した。

ただ、ドコモの状況が怪しく(?)なり始めている。

◆ドコモ秋冬モデルは「スリートップ、全トップもありえる」と加藤社長 
iPhone導入も?[ITmedia ニュース]

< http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1308/19/news025.html >

ツートップ戦略は、結局成功だか失敗だかわからない結果になってしまった。新iPhoneのリーク記事がこれでもかと飛び交っている中で、それでもiPhoneという"禁断の果実"を手にしない戦略なら、一体どうするつもりなのだろうか。

私の場合、もしドコモがiPhoneを導入しても、アプリの自由度が効きにくそうで、魅力ではあるけど「今更...」という気持ちである。ならばAndroidを突き詰めてみようじゃないか、と思ってしまったりする。

ならば行かん、Androidの道を!

ジョニー・タカ
johnnytaka32(a)gmail.com

1976年、横浜・関内で生まれ、上州と越後の風を受けて育ち、来世でもFUNKを踊り続けるフリーランサー。ヴァーチャル・キャラクターに曲を付けて選曲を展開する"コンピレーション"を1998年から行っている(といっても勝手にやってるだけです。それを続けて15年目)。
< http://music.ap.teacup.com/cafedejohnny/ >
ツイッター < http://www.twitter.com/johnnytaka1962/ >
tumblr < http://johnnytaka.tumblr.com/ >

(参考文献)
・筒井康隆『天狗の落し文』(新潮社)
< http://www.amazon.co.jp/dp/4101171467 >

○実家では20ン年ぶりに鉄板ステーキを堪能。増田牛という上毛和牛の一種で、しっかり噛むと肉の味がじわりと滲み出る。前菜の松茸とエスカルゴのオリーブオイル焼きも絶妙。

ただ、親戚にはとにかく厳しいこと言われました。言ってくれるだけでも有難いです。群馬名物の暑さは...そうでもなかったです。むしろ横浜の方が海があるせいか、湿度たっぷりで暑い!