[3543] Facebookの個人情報について考えてみた

投稿:  著者:  読了時間:22分(本文:約10,600文字)


《ほぼ全部楽しくない件ですがw》

■Dの憂鬱[25]
 Facebookの個人情報について考えてみた
 笠居トシヒロ

■グラフィック薄氷大魔王[358]
 大型作品集中制作夏合宿(ほとんどボヤキ)
 吉井 宏



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■Dの憂鬱[25]
Facebookの個人情報について考えてみた

笠居トシヒロ
< http://bn.dgcr.com/archives/20130911140200.html >
───────────────────────────────────
まいど、笠居です。いやー、ようやく朝晩は随分過ごしやすくなりましたねー。日中も日陰なら全然問題なく過ごせますね。ずっと一年中このくらいの気候ならいいのにねえ。

で、気候も良くなってきたことだし、スポーツの秋と食欲の秋を兼ね備えたイベントとして、秋分の日を含む三連休に「しまなみ海道」を走りに行くことにしました。ヽ(=´▽`=)ノ

知らない方に説明しておくと、しまなみ海道は本州(広島県尾道市)と四国(愛媛県今治市)の間にある瀬戸内の小さな島(向島・因島・生口島・大三島・伯方島・大島)と、それらを結ぶ橋とで形成された、全長約70kmの自動車道で、正式名称は「西瀬戸自動車道」といいます。

この自動車道には日本初の海峡横断自転車道(瀬戸内海横断自転車道)が併設されていて、自転車好きの間で「しまなみ海道」といえば、この自転車道のこと。ま、サイクリングの聖地の一つといえるでしょう。

SHIMAP < http://www.go-shimanami.jp/ >
しまなみ海道サイクリング < http://www.oideya.gr.jp/shimanami_cycling/ >

で、自転車好きの友人数名(全員東京在住)と日程やら宿泊やらの相談をするため、Facabookにクローズド・イベントを作って、そこでやりとりしているわけですが、こういうときFacebook(というかSNS)は便利ですよね。

他サイトのURLはもちろん、地図や画像、動画も貼り付けられるし、日程調整その他諸々を決めるためにアンケートを取ることも簡単にできちゃう。

が、前々から言ってるように、便利さは、危険とも隣り合わせだったりします。そこんとこちゃんと意識して使わないと、とんでもない目にあったりもしますから注意が必要です。

Facebookは、ユーザーにとって簡単便利なSNSですが、いわゆるスパマーにとっても簡単便利なツールです。特に審査もなく広告を配信できちゃいますし、Facebookアプリを使ったスパムについても以前ご紹介しました。
< http://bn.dgcr.com/archives/20110831140000.html >

よく見かける「感動話・面白話」や「可愛い写真」とかに「イイね!」したり「シェア」してバズるってのも、ぶっちゃけスパム広告に利用されるだけなんでやめといたほうがいいです。仕組みは以下のとおり。

1)どこかからパクってきた感動話・面白話や写真で「いいね」や「シェア」を獲得
2)後日、投稿内容を「情報商材誘導素材」に切り替える
3)Facebook広告機能で「投稿を広告」にする
4)情報商材を販売する

で、最近はやっているのが「友だち申請スパム」。とある人物から友だち申請が届き、承認しちゃうとスパムメッセージがバンバン届いたり、アカウント情報を引っこ抜かれて、エライ目にあってしまうというやつです。

今のところ、オレが把握している「スパムアカウント」には3種類ばかりありまして、まずは「なりすまし」。実際に存在するアカウントであったり、Facebookに登録はしていないものの、実在する人物の名前を騙って友だち申請をしてくるというパターン。アバターアイコンには、アニメなどのキャラを使ったものが多いようです。

次に「架空美女アカウント」。美人さんのアバター画像を使って友だち申請をしてきます。いかにもスケベなオヤジ狙いだなーというわかりやすいパターンですね(笑)。これらのアバター画像は、ほとんどが中国のサイトから持ってきた写真で作成されているそうですが、マジかわいい画像が多いので思わずときめいて承認したりしないよう注意してください(笑)。

あとひとつは「顔無しアカウント」。Facebookのデフォルトアイコン(自分でアバター設定する前に表示されているシルエット画像)のまんまで友だち申請してくるやつです。

これは「名前はローマ字の女性名なのに、アイコン画像は男性用のもの」というあからさまに怪しいアカウントなので、引っかかる人なんか居ないだろうとおもいきや、ブロックするためにアカウントのページを表示してみると、たいてい2〜3人は引っかかって友達になっているという...orz

顔無しアカウントは、おそらく何らかのバッチプログラムを使って量産しているのだと思いますが、「下手な鉄砲も数打ちゃ当たる」んだなーと、変なところに感心してしまいますね。

ちょっとびっくりしたのが、オレの実際の知り合いが「知らない人から友だち
申請を貰って、メッセージもついてないから困ってる」というPOSTを挙げていたこと。IT業界にも関わっていて、ある程度リテラシーも高いはずなのに、こんなスパムにまじめに悩んでるって...Σ(゚Д゚)

要するに「イイヒト」は狙われやすいってことなんでしょうかね。。。下手にこういった申請を承認してしまうとどんなことになるかというと......

一つは以前からある「出会い系サイト」への誘導。先ほど紹介したパターンで言えば、美人の写真付きアカウントが、このタイプでよく見かけます。架空美人アカウントと友達になると、「相談に乗って下さい」「こちらのサイトで話しませんか」などのメッセージが来て、ポイント制の出会い系サイトに誘導され、メッセージのやり取りでポイント課金させるというやり方。

でもまあ、上記はまだカワイイもので、悪どいのは「アカウント乗っ取り」です。架空アカウントを3人以上友達承認してしまうと、以下のような方法で簡単に自分のアカウントを乗っ取られてしまいます。

1)ターゲットであるユーザに向けて、友達リクエストを複数送る
2)被害者がうっかり、架空アカウントを3人友達にしてしまう
3)犯人が被害者のアカウントのパスワード復活機能にアクセス
4)犯人がパスワード復活機能に協力してもらう友達(犯人が作った架空アカウント)3人を指定
5)その架空アカウントが犯人を被害者本人だと承認してしまう
6)被害者ユーザの登録アドレス・パスワードを変更し、あとは好き放題

Facebookのパスワード復活機能というのは、ログインパスワードを忘れたり、Facebookからアカウントをロックされてしまった場合に、自分の友だち3名を指定して本人に間違いないか証明してもらう、というものですが、犯人が作った架空アカウント3名を指名して「本人だよ」って承認させれば簡単にアカウントが乗っ取れるというわけです。

乗っ取られたアカウント情報の中に、クレジットの情報が含まれているとこれはもう最悪の事態です。カード番号全てが表示されるわけではないので、他所で使うことはできないですが、Facebookの中でなら使い放題です。

▼スパム広告の費用に自分のクレジットカードが使われてしまう。

みんなを悩ますスパム広告の支払いに自分のカードが使われてしまうなんて最
悪ですね。

▼ゲームの課金に自分のクレジットカードが使われてしまう。

犯人が純粋にゲームで遊ぶだけならまだしも(ってそれもイヤですが)、大概の場合は「犯人が運営に関わっているゲーム」で課金され放題。使われた金は犯人一味の懐へチャリンチャリン、というのが現実でしょう。

こういった「スパムアカウント」から友だち申請が来たら、承認しないってのはもちろんのこと、Facebookへの報告とブロックを必ずしましょう。

また、クレジットカードなどの「盗まれたら取り返しがつかなくなる」情報は、極力登録しないほうがいいでしょうね。

どうしてもクレジットの登録が必要なら、カードはAMEXにすることをおすすめします。AMEXのカスタマーフォローは半端なく強力(実体験あり)なので、年会費が高くても十分ペイすると思います。

しかし、毎日量産されるスパムアカウントをFacebookが完全に駆逐できるはずもないので、こういったスパム申請が来ない(来にくい)ように自己防衛することがまずは大切です。

Facebookのホーム画面右上にある「南京錠」のアイコンから「プライバシーショートカット」にアクセスし、「私に連絡をとることができる人>私に友達リクエストを送信できる人」を「友達の友達」に変更しておきましょう。これで全くつながりのない他人からスパム申請が来ることはなくなります。

友達がスパム申請を承認しちゃってた! という場合は、もちろんスパムがやってくることはありますが、そういう時には友達に「あんた友達の中にスパムがいるよ!」って警告してあげてください。

全然つながりがないけど実際に知り合いになった人とFacebookでも友達になりたい、ってときは、ちょっとめんどくさいですが、一時的に設定を「すべてのユーザー」に変更して、友だちになったら速攻でもとに戻しましょう。

オレは、本当はあまり個人情報保護に過敏になることは好きじゃないんです。メールアドレスくらい晒してもエエやんけ、そない必死になって本名隠さんでもエエやんけ、そもそも個人情報保護法なんて、政治家が自分の資産隠しのために考えだした法律やし糞食らえじゃ! と普段は思ってます。

が、今のようにネットが生活の一部になってしまって、僅かな情報からでも個人の特定ができてしまう上に、特定された個人に被害が及ぶ可能性が十分にある、という社会になってしまったからには、個人個人が自身を守るために知識を身につける必用があるのではないかと思います。

そのためにも「個人情報」を漠然と捉えるのではなく、何が自分にとって失ってはいけない大切な情報なのか、なにが社会に提供しても大丈夫な、かつ社会の利便性を増すのに必要な情報なのか、ちゃんと考えなければなりません。

ちょっと前ですが、JR東日本が、SUICAの履歴情報を日立に販売したことが問題になってましたが、オレ的には「大手スーパーが野菜の売れ行きランキングを農家に提供するのと何が違うん?」と思ってました。

日立が渡したデータから、元のSuicaIDを復元することは不可能になっているらしいですし、譲渡された日立の側でも「個人の行動を特定できるような解析はしない」と公言している訳ですから、過敏に騒ぐ必要はないと思うわけです。

こういったことに大騒ぎをする人に限って、スパムアカウントのお友達がたくさん居るんじゃないかなー、なんて思うのはオレの偏見でしょうかね?(笑)


【笠居 トシヒロ/WEBディレクター、デジタルハリウッド大学院客員教授】
< http://www.mad-c.com/ > < kasai@mad-c.com >

最初にも書いたように、9月の連休を利用してしまなみ海道を自転車で走りに行きます。生口島の「島ごと美術館」まわって、「お食事処 大漁」でメシ食って、「マーレ・グラッシア大三島」で温泉に入る、というところまでは決めてますが、何か他に「ここは行っとけ」「これは喰っとけ」みたいなことをご存知のかたは、なんとなく教えてもらえると嬉しかったりしますw


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■グラフィック薄氷大魔王[358]
大型作品集中制作夏合宿(ほとんどボヤキ)

吉井 宏
< http://bn.dgcr.com/archives/20130911140100.html >
───────────────────────────────────
8月後半に実家でやってきた大型作品集中制作の写真を、Flickrにアップしました。簡単な説明がつけてありますので、よかったらどうぞ。

< http://www.flickr.com/photos/hiroshi_yoshii/sets/72157635363801732/ >

で、制作過程を順を追って紹介するつもりは全然ないですけど、最中に起きたいろいろについてランダムに書いてみました。ほぼ全部楽しくない件ですがw

●ゴミ問題!

3Dデータ切削は3点発注。手で彫刻する4点は、92cm×91cm×42cmの発泡スチロールブロック2個からニクロム線カッターで切り出した。
< http://www.flickr.com/photos/hiroshi_yoshii/9664155230/in/set-72157635363801732 >

切り出した結果、床の切りクズがどういうことになってるかというと、お〜〜〜い、どうすんだこれ?? って、途方に暮れるほどの量のゴミ! 結局、3時間もかかって細かく切り刻んで、45リットルゴミ袋8個に詰めたわ。
< http://www.flickr.com/photos/hiroshi_yoshii/9664156568/in/set-72157635363801732 >

後日、発泡スチロールの切りクズその他を捨てにゴミ処理場に行ってきた。45リットル袋に12袋! 軽ライトバンにギッシリ。家庭ゴミか事業所ゴミかしつこく何度も聞かれたり。家庭ゴミっぽくないけど、事業所ゴミでは断じてないw

奥のゴミ放り込み口で、「機械に制限があるのでスチロールを30センチ以下に割ってくれ」と。ええ〜〜!! ここで?? 12袋をひっちゃぶいてぶちまけて、30センチ以上ありそうなやつをバキバキ割ったよ〜〜。いっしょに行った親父と作業員も含めて5人くらいでバキバキやってたw 大きいまま入れたのは3袋くらい。他は細かくしておいてよかったー。

なんかもう、発泡スチロールを自分で削るのやめようと思った。作る以外のところに時間と手間がかかりすぎ。データ切削してもらえば、サンドペーパーの削り粉くらいしか出ないわけで。

●FRPを室内でやるバカ

GWにも小型サイズでFRP作業やりましたけど、大型作品4個を同時進行ってのは作業規模もしんどさも二桁くらい違う。ひと抱えもある大きな立体にポリエステル樹脂でガラスマット含浸作業。

暑い中、気力を振り絞って作業を続けても、ちっとも終わらない。溶剤臭もすごいし、チクチクするガラス繊維がそこら中に散らばる。手は気をつけてたからマシだけど、スリッパと足の境目が集中被害。イテテテ、痒い〜〜!!

Twitterとかでも「室内でFRPやるなんてどうかしてる」、「信じられない」、「集塵・換気設備の整った作業場でやらないと」の意見が続々 orz

庭でやればいいんだけど、とにかく外は日差しがキツく、暑い。床にガラス繊維が散らばっちゃったから、もう最終段階で徹底的な掃除するまで散らかし放題だ! ってことで続けちゃったんだけど。気付いた時点で外に移動すればよかったな〜。

< http://www.flickr.com/photos/hiroshi_yoshii/9664157754/in/set-72157635363801732 >

後半のFRP表面削り作業から庭でやりましたが、削りカスが室内に飛び散るストレスがないので気分はラクでした。今度から全部外でやろう。

●有毒!

FRPもポリエステルパテも、ビニール手袋なんか平気で透過するね。付着した樹脂が手袋を溶かして皮膚まで到達、その部分がピリピリピリって火傷みたいに痛くなる。ゴム手袋が残り少なくなってビニール手袋二枚重ねでやってたり。

手袋の外の手首から腕にかけて、気化した溶剤のせいか荒れて痒くなってくる。レジンキャストを使っていた以前も同様だった。腕をビニール袋でぐるぐる巻きにした。

その後、ホームセンターで厚手ビニールが二重になった「腕カバー」を買ってきた。作業中、床にぼたぼたと水がいっぱい落ちてるから何かと思ったら、腕カバーの中に汗がいっぱい溜まってる〜! このクソ暑いのに半分サウナスーツみたいなもんだから。

●煙発生! ヤバかった!

スチロール用樹脂を何度も紙コップに混合しては塗る作業中、アクシデント発生。主剤・添加剤・硬化剤の3液性樹脂なんだけど、「添加剤と硬化剤は直接混ぜると熱が発生して大変危険」は注意してたのに、疲れてて注意散漫。紙コップの主剤200gに添加剤を1gほど垂らして混合してない上から、硬化剤をドボドボと注いでしまった!

紙コップに硬化剤を注いだとたん、ジュワ〜〜ッと急速反応。ほんの2〜3秒の反応だったけど、煙がブワーっと天井まで広がった。火が出たらおしまいだと焦ったけど大丈夫だった。表面の1gが反応しただけだからマシだったけど、量が多かったらヤバかった。ものすごく怖かった。心臓がバクバクした。

ヤバかった。自分のバカさにあきれて落ち込む。もうイヤだ〜。なんでこんなキツいことやってんだ? なんでわざわざしんどい方へ行くんだ自分。立ちっぱなしで足は痛いし暑いし溶剤臭いし、もう全部ゴミ処理場に運んで立体制作完全終了してサッパリしたい!!

......一晩寝たら、恐怖も全部放り出したいのもずいぶん治まった。ギリギリのいっぱいいっぱいで、必死に作業してるからそういうことやっちゃう。楽しめる程度にゆったりやることにします〜。細心の注意を払った上で、入れ込みすぎず、ほどほどにやろうねってことで。ペース落とそう。一気に進めようとするからいろいろ無理が出るしキツくなる。

立ちっぱなしでキツいのは、立ってるのに近い姿勢で座れるワークチェアを買ってきてマシになった。

●難行苦行の連続

今回後半のパテ塗り。ううう、こういちいち全部が全部、難行苦行ってのはどうなってるんだ?? なんかきっかけをもらったら、全部ゴミ処理場に放り込んで全部無しにして帰りたい衝動がぐらぐらと煮えたぎってるw

まあ冷静に考えて、この地獄のようなキツさの7割くらいが暑さのせいってのはあるんだけどね。もう早めに切り上げて退却するタイミングとしては遅すぎるから予定通りあと数日がんばるけど、10月後半くらいから寒くなるまでくらいをメインにすべきだった。

おおよそ表面を整えた状態までやって帰りたいのだが、あと数日では無理。夜は多少涼しいから楽だけど、虫が来て塗りたて樹脂の表面にぺたぺた貼り付いて困る。夏の暑いときの利点は一つあって、樹脂の硬化がどんどん進むので次々作業できること。でも、そのせいで休憩なしになりがちなのはマイナス。

●なんでこんなことやってんだ?

そりゃ大型作品作りたいのは前から思ってて、少しテストで作ったりしてたけど。展覧会とかのタイミングもあって、今作らないとずっと作れないとか思っちゃって。

しかし、よくわからない衝動に突き動かされる感じ、ってアレに似てるなあと思った。「未知との遭遇」でリチャード・ドレイファスが自分でもわけわからないまま、部屋中ぐちゃぐちゃにして変な山のでかい模型を作っちゃうやつw

だいたい、「手で作りたい」の正体はデジタル作業の反動ってのわかってんだよ。他のオモチャに見向きもせず、粘土やブロックで遊んでた僕の原点みたいなもんだし、手で触れる立体の制作って作ってる実感があって面白いしね。

6〜7年くらい前から、小さなフィギュアをちょこちょこ作ってたけど、小さいものは工作や塗装が大変ってわかってだんだん大きくなり、20cm超サイズが普通になり、そうなると大型FRPに行き着くのは成り行き上当然。

FRPの大きな立体って迫力あって見栄えするからぜったい面白い。でも個人の作品としてやってる人が少ないってのは、作るのハードすぎるし、制作環境の問題も大きいからだよねえ。

ただ、場所と時間としんどさの問題ってのは、お金で解決できちゃうんだよ。つまり、全部外注すりゃいい。大きな立体作品の展示の機会ってそれほどあるわけじゃないし、今回は特別としても、10年単位で一年にせいぜい2〜3個としたら外注できなくもないわけで。そしたら、外注費がぜんぜん苦にならないくらい本来の仕事をがんばろうってことだわ。

そのための、「自分でもちゃんと作れるんだけどさ」の証明として、今の制作はいちおう意味がある。ってことで納得しておこう。そういうことにしておけば、「立体を手で作りたい誘惑」に惑わされず、「形を作る」ほうに集中できるかもね。

おー、我ながら、葛藤にうまいこと折り合いつけられたかも。

......とか言いつつ、一週間もすぎると、キツかったことをすっかり忘れて早く作業に戻りたいとか思ってる自分に唖然。やっぱアホだわ。

【吉井 宏/イラストレーター】
HP < http://www.yoshii.com >
Blog < http://yoshii-blog.blogspot.com/ >

2020年東京オリンピック決定!! なんかやりたい! 五輪マスコットとかw(そういえば、先週の後記で柴田さんが「狩野英孝に似てるw」とか書いてて、「w」はもう公式に使っていいんだ! とうれしくなりましたw)っていうか、オリンピック開催が僕的に何かのテコになる可能性があるとすれば、他の都市には来なかったチャンスが来るとすれば、そりゃもう全力でヤル。今の仕事も。バルセロナ五輪の坂本龍一はかっこよかったなあ! 一回くらいああいう舞台に出たいな!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
編集後記(07/05)

●読売「2020年東京五輪 復興と経済成長の起爆剤に」、毎日「20年東京五輪 未来への遺産を作ろう」、日経「国や都市の未来を考える五輪に」、産経「2020年東京五輪 成功は世界への約束だ」ときた。9月10日付けの各紙の社説。いづれも奉祝ムードで、よくも悪くもない平凡な内容である。そんな中で、やっぱりちょっと違うのが「東京五輪─成熟時代の夢を紡ごう」と「東京五輪─原発への重い国際公約」と2本立ての朝日である。

2本目の結びは「事故からすでに2年半が経とうとしている。どのように原発比率を下げていくか。再エネ、省エネの普及をどんな手立てで実現するのか。将来像を語り、具体的な道筋を示すことが首相のつとめだ。日本での五輪開催の決定は、そうした取り組みを促す契機になってはじめて、心から喜ぶことができる。」嗚呼、いわずもがなのことで、このタイミングで、国家的慶賀に水を差すところが朝日の真骨頂だ。ところで、朝日の「心から喜ぶこと」ってなにかというと。

「東京、落選しました」と朝日のツィッター公式アカウントが発した大誤報、案外これが朝日記者の「心から喜ぶこと」だったのではないだろうか。もちろん、9月10日付け社説も「東京、落選しました」の想定で、練りに練った世紀の傑作を用意していたことだろう。さて、社説1本目の「人に資産を残す五輪を提唱したい」「投資を注ぐ対象は、若者たちの心にこそある」って何? まったく理解不能だ。予定稿オチであわてて書いたのかな。各紙と同様の平凡な内容も続くが、朝日の独壇場が以下。

「五輪は『平和の祭典』でもある。外交関係が揺れる中国や韓国ともわだかまりなく交流できる雰囲気作りは欠かせない。一緒に夢を紡ぐ若者らの輪に国境の壁があってはならない。直前の2018年には韓国・平昌で冬季五輪がある。世界の目が韓国と日本に続けて注がれる好機を逃さず、官民挙げて未来志向の友好をめざしたい。」

......あまりの言い草にあきれて、しばし呆然。中国や韓国ともわだかまりなく交流しろだと。韓国の冬季五輪に官民挙げて未来志向の友好をめざせだと。韓国が東京招致に悪辣な妨害をしたことや、東京に決まるやボイコットを言い出している(してもらったほうがいいけどね)ことや、中国の横暴を朝日はどう考えているのか(知ってるけどね)。さまざまな捏造記事で、中韓からの「歴史認識」とかいうイチャモン推進に貢献してきた朝日新聞、2020年までに消滅してほしいものだ。そうなれば、国民は心から喜んで東京オリンピックを迎えることができるのであります。あ、NHKもな。(柴田)


●iPhone 5Sと5Cがドコモも取り扱い。S人で、今は4Sなので5Sは欲しいと思っていた。サービス品質と価格によってはMNPしたい。あー、でもキャリアメールでやり取りしている友人らに、新アドレスを連絡するのはめんどくさい......。/「キツかったことをすっかり忘れて早く作業に戻りたいとか思ってる自分に唖然」に共感。

Facebook難民である。ほとんどアクセスしていない。できていない。もう諦めた。mixiの時はIDを消した。Facebookは、うまく活用できる人を羨ましいと思いつつ、いまの自分の状態では無理だわと思っている。もういっぱいいっぱい。自分の日常生活すら、まともにできていないのに。たまに宝塚を観に行って、帰宅してから罪悪感を感じたりするぐらいなのに。

チャット大好きである。何がきっかけか忘れたが、入り浸っていたフォーラムかチャットルームか何かで、見知らぬ人に誘われ、NIFTY-Serveのパティオで、毎日何時間も使い、いろいろ話してた。いわゆるガジェットやITや世論やらが主な話題で、オフ会すらなく、いま思い出すとネナベ(男に成り済ます)だった気もする。

今思うと、あの頃(学生だった)の自分は暇だったんだろう。そして周囲にその手の話ができる人はいなかったから、とても刺激的だった。ハンドル名という匿名なので、余計に刺激的な話ができたのかもしれない。続く。(hammer.mule)

< http://ja.wikipedia.org/wiki/ニフティサーブ >
< http://www.niftyserve.com/ >
NIFTY-Serve(ニフティサーブ)─再会の記録─