わが逃走[132]趣味の構造美の巻 その2/齋藤 浩

投稿:  著者:  読了時間:4分(本文:約1,800文字)


8月に書いた(というか写真を見せびらかした)『趣味の構造美』の続きです。前回は10年ほど前に撮った写真中心でしたが、今回はここ1〜2年に撮った「装飾を持たず、必然から生まれた構造物のコレクション」を紹介したいと思います。

うすださん
001.jpg

あの小惑星探査機『はやぶさ』や宇宙帆船『イカロス』等の通信施設としても有名な、臼田宇宙空間観測所のパラボラアンテナ。直径64メートル。はやぶさが行方不明になっていた際、発見の手がかりとなる微弱な電波を受信したのもこの『うすださん』。後姿もたのもしい。




先週水曜の瓦屋根
002.jpg

友人の事務所を訪ねて某ビルの9階に出向いた際、外階段から見下ろした風景がこれ。何世代も前から生きながらえていた木造家屋の瓦屋根が、絶妙なグラフィックパターンを見せてくれた。

昔はあたり一面がこんな感じだったのだろう。こういった日本独自の美が失われているのは寂しいかぎり。

デススター的
003.jpg

U字溝ブロックを並べて車止めにしている。

この物件には以前からミニマルな美を感じていたのだが、先日しゃがみ込んで覗いてみたところ、「スターウォーズ」のデススター攻略線的パースペクティブ! な世界だった。

「おお!」とか感嘆の声をあげながらシャッターを切るオレの姿は、さぞ怪しかったことだろう。通報されなくてよかった。

とろける階段
004.jpg

神楽坂にて発見。

人が上り下りするうちに、石がすり減って独自の曲面が生まれるような例は知っていたが、これは左官屋さんがノリで作った印象がある。

そして踏み面すれすれに窓が。窓に合わせて階段ができたのか、階段に合わせて窓ができたのかは不明。

扇形階段
005.jpg

尾道にある美しい階段。こんど行くときは、超広角レンズで全体像を記録したいところ。

尾道の駐車場の壁
006.jpg

究極のミニマルな美だと思う。この写真を絶賛してくれる人がいる反面、そうでない人も多数。

世代交代による土地の切り売りの影響か、地方都市においてスライスされた木造建築をよく見かける。

四半世紀前の東京がそうだったように、この駐車場もほんの少し前までは昭和な佇まいの家屋と庭だったのだろう。

経済主導で風景がなくなるのは嘆かわしいことであるが、この瞬間に限って言うなら、真新しい駐車場のペイントとスライスされた家屋の断面に時代の境界を感じなくもない。

まあただの壁と地面と言われちゃあそれまでなのだが。

軽井沢の駐車場脇の壁
007.jpg

同じ駐車場脇の壁ではあるものの、おそらく尾道とは異なるシチュエーションで出現したと思われる。

店舗拡張かなにかで後から駐車場を作ったところ、本来人目にさらす予定のなかった隣家の壁面が公の場に、というパターンだろう。

化粧気もなく素朴だが、油絵のタッチのような力強さを感じる美壁。

恐竜×3
008.jpg

某公園にて。仲のよい恐竜がみんなで同じ方向を向いてる。

面白い彫刻だなあ! と思ったけど、よく見たらそういう訳でもないみたい。ネタをばらせば、ベンチの骨組みだけ残ったものだが、このような、"作為"とは無縁の立体造形こそ、かえって印象に残ったりする。

公園といえば唐突に裸の銅像が立ってたりするけど、オレはこの恐竜の方が好き。

今回の写真は50年前のフィルムカメラで撮ったものもあれば、最近のデジタル一眼レフで撮影したものもあります。

しかし、いずれもあまり考えすぎず、素直にシャッターを切ったものはわりと思いどおりに撮れてるものだなあ、などと思う今日この頃です。

とくにデジタルカメラの場合は撮ってすぐに画像を確認できるので、一枚目を参考に二枚目以降は冷静に構図や露出を微調整してゆくものですが、イイ! と思った感動は後になるほど薄れるらしく、ほとんどの場合一枚目が"当たり"でした。

この『趣味の構造美』、気がつけばけっこうな量になっていたので、日の目を見せるべく某写真コンペに出品してみようかと思います。

無事写真展までこぎつけたあかつきには、皆様のご来場を心よりお待ちしております。オリジナルプリントの販売もできたらいいなあ。夢はおおきく。

【さいとう・ひろし】saito@tongpoographics.jp
< http://tongpoographics.jp/ >

1969年生まれ。小学生のときYMOの音楽に衝撃をうけ、音楽で彼らを超えられないと悟り、デザイナーをめざす。1999年tong-poo graphics設立。グラフィックデザイナーとして、地道に仕事を続けています。