どうしたらできるかな?[step:13] 目標が出来た!/平山遵子

投稿:  著者:  読了時間:4分(本文:約1,900文字)


残すところ残り7体のぬいぐるみ。とにかく他にもやりたいことはてんこ盛り。その後も出来ることからやろう! を念頭にマイナス思考を抑え込み、ぬいぐるみ制作に励みました。そうすると不思議なことに以前に比べ、あせる時間もなく作業に没頭出来ました。オーダーメイドノートを眺めると、以前よりもいろんなアイデアが浮んでくるのです。


「この子の工作のカラフルな色使い、青、赤、緑、黄色を取り入れ、カブトムシのキャラクターのぬいぐるみを作ってあげよう」

「この子は音が好きなのかな? ぬいぐるみの中に鈴を入れ縫い込んで、赤ちゃんのガラガラみたいに、振ると音が鳴るようにしよう。音符をキャラクターにしたぬいぐるみを作ってあげよう」

「この子はウサギ顔の絵を沢山描いている。まだ小さいし上手く胴体を描けなかったのか? あ、そうだ、この子のウサギの絵をキャラクター化してぬいぐるみにしてあげたら喜ぶのでは」

そんなこんなで、とにかくぬいぐるみ制作に没頭した8月が過ぎました。気が付くと、9月上旬に残り7体のぬいぐるみが全部完成したのです。自分でもとても不思議でした。

さらに不思議なことに、自分では言われるまで気付きませんでしたが、裁縫の達人である母親からこう言われました。

「一番最初に作ったぬいぐるみを持ってきてみなさい。そして、ここに並んでいる子供たちのために作ったぬいぐるみ14体と見比べてみなさい。何かに気付くわよ」

「えっ!?」と思いながら、私は一番最初に作ったぬいぐるみと、子供たちの
ために必死で作った(卒業制作という理由もありますが)ぬいぐるみを見比べ
てみました。

「あれっ? 一番最初に作ったぬいぐるみがとても雑で、しょぼく見える」
「そうね、他には何か気付かない? 明らかに上達しているわよ。やれば出来るじゃない!」
「あ、確かに縫い目が違う! 今の方が断然きれいで仕事が丁寧になっている」
「あら、自分で気付かなかったの? う〜ん、継続は力なりね。もっと上手くなりたかったらとにかく続けなさいね。ふふふっ」

ぬいぐるみを作る! 誰かのためにぬいぐるみを作る! と言い出した私。裁縫の出来ない、やったことのないあなたには続かないわよ。卒業制作は他のことでもすれば、といった母。そんな母に褒められて、とても嬉しかったことは今でも忘れられません。

話は飛びますが、この出来事があったからこそ私は、今も時間を見つけては縫い物をしたり、ぬいぐるみや小物を作ったりしています。卒業制作展では見に来てくれた来場者の方や友人から「縫い目がきれい! これ手縫いですか?」「手作りの温かみを感じて素敵!」など嬉しい感想や励ましの言葉をいただき、私自身一つの目標ができたからです。

その目標とは「私にしか縫えない縫い目。私にしか縫えないぬいぐるみ。」

なんだか凄いことをいっているな! と自分でも思ってしまいますが、これが私の目標です。これからもこのことを忘れずにお婆さんなるまで、手が動く限りぬいぐるみを作り続けようと本気で思いました。

話を戻すと……。オーダーメイドのぬいぐるみが完成して、ひとまずほっとしたいところですが、自分が書き出した「やりたいことリスト」を見直してみると、まだまだ課題が残っています。

(1)ホームページの制作
⇒「公開、稼動開始は11月末日したいな。ということは10月くらいからホームページの企画デザイン、データ作成を始めたい。あと、サーバーとドメインの手配もしなきゃ」

(2)グッズのパッケージを作る
⇒「これは最悪1月からスタートすれば何とかなるな!」

(3)オーダーメイドのぬいぐるみ制作
⇒「ホームページの事を考えると10月末日までには終わらせたい!」(終了!)

(4)卒業制作最終審査会の準備
⇒「発表会は12月頭だから、提出物や発表データを作成に4日から1週間は取り
たい」

(5)オーダーメイドのぬいぐるみの広告を作りたい
⇒「実際に作ったぬいぐるみを先行して一人のお子さんに渡して、感想を聞き、お子さんが遊んでいる実際の風景を撮影したい。これはホームページのことを考えて10月中に実行したい」

あ、まだやりたいことが4つもある。優先順位的には(5)→(1)→(4)→(2)。(5)はよいとしても……。うげっ! (1)はホームページ制作……。Web……。「私まともなホームページ作ったことがないし、ど〜しよう!」

まったく……先程までの意気込みはどこへいってしまったのでしょうか? ホームページという言葉に苦手意識がふつふつと湧き出してきたのです。

【平山遵子・ひらやまじゅんこ】
J★(Junko allstars)〜思い出を形に未来につなぐハンドメイド〜
< http://www.j-allstars.com/ >
夢は「世界一楽しいぬいぐるみ」を作る!