[3646] 「ヒーローになる時、それは今」に備える

投稿:  著者:  読了時間:19分(本文:約9,200文字)


《たかが3%されど3%でございまして》

■歌う田舎者[53]
 「ヒーローになる時、それは今」に備える
 もみのこゆきと

■3Dプリンター奮闘記[30]
 引っ越しと3Dプリンターとレーザー彫刻機
 織田隆治

■どうしたらできるかな?[step:17]
 いよいよ卒業展示会へ
 平山遵子


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■歌う田舎者[53]
「ヒーローになる時、それは今」に備える

もみのこゆきと
< http://bn.dgcr.com/archives/20140227140300.html >
───────────────────────────────────
世間を賑わす話題が賞味期限切れになるのは早いものでございます。1月末はSTAP細胞の作製成功で猫も杓子も割烹着を買い漁っておりましたが、月が変わると新聞もネットもサムラゴーチ一色に塗り替えられ、ソチ五輪が始まれば羽生結弦に熱くなり、浅田真央に涙し、まっこと日本は忙しい国でございます。

羽生選手など、わたくしにとっては許せない男の典型でございます。それは、「わたくしより背が高いのに、わたくしより体重が軽い男」という、もみのこ的ダメ男の定義第一条に抵触しているからでございます。

ソチでいかに華麗な舞を見せても「ふふん。そんな男、歯牙にもかけなくってよ! ばあや、塩をまいておしまいっ!」と言いたいところなのですが、演技中のあの射るような視線の魔力にほだされて、許してやってもいいなというか、これこれ近う寄れと申し上げたいような気がいたします。

お前が許しても向こうが許すかという識者の意見もありましょうが、ほっといてくださいませ。

そのようなわけで、新しい話題が立ち上がるたびに、脳内がきれいサッパリ上書きされるのは日本人の習い性。そろそろ上書きならぬ上書かれモードに入った小保方博士は、やっと静かな環境で研究に打ち込んでおられるのではありますまいか。

それにしても、脚光を浴びヒーローになられた方々は、指輪がヴィヴィアン・ウエストウッドだのムーミン好きだのに始まって、懇意にしている定食屋や神社に奉納した過去の絵馬まで掘り出されるなど、誠にもって気苦労が絶えないことと存じます。

なかでも卒業アルバムや文集などは一番に掘り出される代物。ああ大変だわ。人ごとじゃなくってよ。わたくしもあらぬものが掘り出されないようにセキュリティには気をつけなくちゃ……と、日々用心して玄関前でALSOK体操などしていたわけでございますが、何10年たっても、誰もわたくしの卒業アルバムや文集など掘り出してはくれません。いたしかたないので自分で掘り出して見ることにいたしました。

埃をかぶり、ガムテープで封印された段ボールの中に鎮座ましましていたのは、『柏葉』とタイトルが付けられた中学校の卒業文集でございます。タイトルは、校訓『柏葉の枯れても落ちぬがんばりを わが学び舎の心ともがな』からきております。

当時、我が母校は日本一のマンモス校と呼ばれておりまして、わたくしの在学していた頃でも一学年17クラス、700名以上の生徒がおりました。よって卒業文集と申しましても、700名分の作文など掲載できず、一言コメントのみ、なのでございます。

御託はさておき、数10年ぶりに端が黄ばんだ文集の表紙をめくり、一言コメントを探してみましたの。ええと、確かわたくしは3年16組……。あ、ありましたわ。どれどれ……。

『はっ、はじめてガラスを割ってしまった! スリッパ投げつけて。五百円の散財』

……あの、これは何でございましょう? これは卒業文集でございますわよね? でも上から見ても下から見ても、この文章の作者はわたくしのようでございます。ちなみに、前の名簿番号の方は、小運動会やクラスマッチの感激についてしたためておられ、次の番号の方は、友達と作ったアニメサークルの思い出を書き連ねておられます。

再度、読んでみましょう。

『はっ、はじめてガラスを割ってしまった! スリッパ投げつけて。五百円の散財』

そう、おぼろげながら覚えておりますわ。なにやら教室で大立ち回りを演じていて、追い詰められてスリッパで反撃したら、それが校舎の窓ガラスに命中してしまったんですわよ。

あら、誤解なさらないでいただきたいわ。元ヤンだったわけではありませんのよ。♪行儀よ〜くまじめなんて 出来やしなかった〜♪ のは確かですけど、♪夜の校〜舎 窓ガラ〜ス壊してまわった〜♪ わけではございません。まじめにまじめに中学生活を勤めあげ、娑婆に出たんですもの。

それにしても窓ガラスの修理代が五百円であることを卒業文集で嘆くあたりに、小者感が漂っております。

この五百円をどこから捻出するか、いたいけな15歳のわたくしは、そのことで頭がいっぱいでございました。どこかに五百円落ちていないかと、帰り道に目を皿のようにして、地面を見つめながら歩いたものでございます。

そんなときに卒業文集のコメント書けと言われても、他に何が書けましょうや。ここがSTAP細胞と単細胞の違いでございます。わたくしも頭から黒酢でもかぶったら、酸で単細胞が治るってことはないかしらん。

ついでに、中学生の頃、ほの字だった男子の一言コメントを探してみました。

『いつでも自分の生きざまってものを信じて、そしてそれを貫く……悪魔でも理想』

フッ……夜露死苦な男にしか思えませんわね。あるいは今流行りのポエマーでございましょうか。海辺にバイクを止めて、ハイティーン・ブギを歌いたくなりますわ。

しかしながら、ほの字男子は、その後県下一の進学校に進み、今や神々しい銀行員。金融庁監査と戦い、土下座したり倍返ししたりしているわけでございます。知らんけど。

銀行員の妻なら左団扇で暮らせたというのに、まったく逃がした魚は大きいというか、逃してばっかりというか、あの青春のワンシーンで「翔(仮名)、あたい、あんたの子供ができたんだ」くらいブチかまして脅迫すりゃあよかったのにっつーか、手もつないでねえのにどうやったら妊娠すんだとか、お前は聖母マリアかとか、とりあえずどうでもいい妄想が炸裂するばかりでございます。

それにしても、わたくしのバカっぽい卒業コメントはなんとかならないものでしょうか。

2020年東京ババリンピックに出場し、4回転ジャンプしながらダンクシュートする神業で、ヒーローインタビューを受ける予定なのですが、その時に掘り出される卒業文集が『五百円の散財』かと思うと、臍を噛む思いでございます。ああ、口惜しや。

なぜ『いつかは人道支援のために紛争地帯で医師として活躍したいと思います』とか、『持続可能な地球を子どもたちに残すため、環境を守るエンジニアになりたいです』とか書かなかったのでしょう。中学3年のわたくしにこそ、ゴーストライターが必要だったのでございます。

それにしても、卒業コメントを書いてから数10年が経過し、未だに五百円の出費に汲々としているわたくしの人生というのはいかがなものか。15の春から1ミリも進歩していないではありませぬか。

皆様も卒業文集を侮ってはなりませぬ。あれはヒーローになる時を予想して書かねばならぬ代物。ゆめゆめ油断めさるな。

そんなこといっても、卒業文集なんて今更どうしようもないとおっしゃるそこのあなた。お子様がいらっしゃるでしょう。わたくしが人生の失敗を踏まえ、将来ヒーローになるかもしれないお子様のために、ひと肌脱いでゴーストライターになって進ぜましょう。

そろそろ卒業文集を書かねばならない季節です。一本五百円でいかがですか。

※「HERO『ヒーローになる時、それは今』」甲斐バンド
< >
※「卒業」尾崎豊
< >
※「ハイティーン・ブギ」近藤真彦
< >

【もみのこ ゆきと】qkjgq410(a)yahoo.co.jp

五百円の出費に思い悩むわたしとしては、税金対策なんぞまるっきり考える必要もないと申しますか、そもそも申告したって非課税に決まっとるのでございます。しかしながら昨年の確定申告時、係員に体育館の裏に拉致されて、青色申告の素晴らしさを懇々と説かれ、印鑑押さないとポアされそうだったので、「所得税の青色申告承認申請書」なるものを提出していたのでした。

まあこれも人生勉強のひとつではあるまいかと思い直し、青色で確定申告書を出して見ることにしたのでございますが、「もみーたん、初体験なの。ぽっ」ってことで、猛烈に時間がかかったので、昨年の係員に損害賠償を請求するとか、責任を取って結婚してもらうとか要求しても良いのではないでしょうか。

一番オベンキョになったことは車の減価償却で、自宅用だった車を途中から業務用資産にした場合の計算方法でございます。耐用年数を1.5倍にして計算するとは知らんかったわ。
< https://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/shitsugi/shotoku/04/17.htm >


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■3Dプリンター奮闘記[30]
引っ越しと3Dプリンターとレーザー彫刻機

織田隆治
< http://bn.dgcr.com/archives/20140227140200.html >
───────────────────────────────────
さて、年度末と確定申告も押し迫った頃、皆様いかがお過ごしでしょうか……。あと4月に消費税もアップしますので、諸々駆け込み需要等でバタバタ状態の方も多いはず。

僕は3月初旬に事務所を移転する事になり、確定申告、消費税アップ前需要、引っ越し準備でエラい大変な日々なっております。まあ、確定申告は税理士さんに丸投げなんですが、資料はある程度作らないとですね。

その引っ越しと消費税アップ対策として、僕の製作工房もバージョンアップをしようかと思っています。消費税がアップする前に引っ越し、レーザー彫刻機と新しい3Dプリンターの導入です。

たかが3%、されど3%でございまして、そのアップした3%で3Dプリンターの素材が1〜2kgくらい買えたりしちゃうんですよね。

いやだわ、これはデカイですわよ、奥さん。

という事で、この1〜2週間は、新しい工房事務所を探しまわったり、3Dプリンターの選定等、バッタバタです。

今度導入する3Dプリンターは、「B9クリエイター」という機種になります。こちらはUV硬化型のプリンターで、サポート材はメイン材と同じもので、モデルとサポートの設置面が最小限になるように出力し、後でポキポキ取る仕組みになっています。

今まで使っていたobjetは、別にサポート材がある訳でして、分離するにはとても楽な素材でした。しかしながら、サポート材のついている個所は、かなり表面が荒れてしまいます。

フィギュアや原型等を出力する場合は、この表面処理にかなり時間と手間がかかります。そこで、このたび「B9クリエイター」を導入するわけです。

始めは、候補として「B9クリエイター」「MiiCraft」「Form1」を上げていましたが、「MiiCraft」はいかんせん造形面積(底面)が小さすぎて、かなり造形物を選んでしまいます。

「Form1」はかなり良いプリンターなんですが、日本では正規代理店もなく、もしトラブルに見舞われた時に、修理代や修理日数、送料等、多くの問題が発生してくる可能性があります。

そういったわけで、日本では株式会社ホットプロシードさんが正規代理店をされている「B9クリエイター」に決定しました。

最後まで、「Form1」か「B9クリエイター」でかなり悩みましたが、ここはやはりリスクを考えた結果となりました。ちょうど、ネットに双方を比較した記事を見つけたので、ここに転載します(英文ですが)。

< http://myplasticfuture.com/2014/02/21/tiny-chairs-with-the-b9-creator/ >

どちらも、一長一短あると思います。「Form1」も日本での取り扱いを開始してくれないかなぁ…と思ってます。それか、日本製で「Form1」を超えるものが出てこないかなぁ…とも期待してます。

今度導入するレーザー彫刻機の事も少し。

レーザー彫刻機、と聞いても、ピンとくる人は少ないかも。一番身近な例では、ハンコ。ゴム印を作る際にも、このレーザー彫刻機を使います。

僕の場合は、建築模型や展示模型、ディスプレイ製作のために、アクリルのカットをメインに使用します。

最近では、ロフトやハンズ等でも売っている、紙を細かくカットしたペーパークラフトや、シナベニア等を切り抜いた工作キット等も、このレーザー彫刻機で切り抜かれています。

夜の街にあるアンドン看板なんかも、最近ではこのレーザー彫刻機でカットされた文字なんかが使われています。昔は糸ノコでゴリゴリやってましたが……。

かなり前からある機械ですが、とても便利な製作機械です。CO2レーザー照射器から出るレーザーを鏡で屈折させて、その先端を縦横軸に移動させてカットします。

今までは外注さんにお願いして、本当に必要な時だけ使用させてもらっていましたが、これからは、色々な商品開発やカットが自由に出来るようになります。製作の幅も広がるので、今から楽しみです。

あとは引っ越し! 一番これが大変なんですよねぇ。実は、今の事務所から徒歩3〜4分の所への移動なので、ほぼ人力で台車引っ越しの予定(笑)

いい運動にもなりますね〜。こういう仕事をしていると、とかく運動不足になりがちですし。

で、次の場所は完全に製作工房的な事務所になりそうです。今週末から徐々に準備して、来週末に完全移行の予定。がんばらねば……。

【織田隆治】FULL DIMENSIONS STUDIO(フル ディメンションズ スタジオ)
< http://www.f-d-studio.jp >

ソチオリンピック、今回はライブで見る事が出来なかった……。
眠いんです。最近夜。当たり前か……(笑)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■どうしたらできるかな?[step:17]
いよいよ卒業展示会へ

平山遵子
< http://bn.dgcr.com/archives/20140227140100.html >
───────────────────────────────────
その後、Sさんや親御さんにご協力頂き「思い出を形に」の広告も完成し、今まで自分が作った制作物をまとめ、卒業制作審査会に望みました。審査会といっても、普段お世話になっている先生方を前に、自分の制作物のプレゼンテーションをすることなのです。人によっては緊張するかもしれませんが、私はあまり固くなることなく、自分の取り組んだオーダーメイドのぬいぐるみの発表ができました。

決められた時間の中、自分なりにやりたいことはやり尽くしたので、悔いもなく、審査会での評価ではどの先生からもヤジを飛ばされる(笑)ことはなく、「よく一人でこれだけ作ったね」とのコメントを頂きました。

審査会も無事終わり、いよいよ卒業展示会です。卒業展示会とは大学の校内で卒業制作物を各自が展示するイベントです。多くの人に自分の作品を見てもらういい機会です。

学生生活も残りわずか、私は学生生活最後の思い出作りではありませんが、卒業制作展実行委員会の委員長になりました。実行委員会とは学生達で卒業制作展の運営(予算から会場の設営、図録制作など)を率先してやらなければならないので、就職活動やその他いろいろと忙しい時期、誰もがやりたがらない仕事でした。私は自分の作った作品をいい感じで展示したいと考えていたので、この役を買って出ました。

実際の実行委員会の活動はいろいろと面倒なこともありましたが、今となってはよい思い出というか、本当にやってよかったと思っています。実行委員会をやりながら、自分の展示プランを考えて設営の準備もしなくてはならないので、当初思っていたより大変でした。実行委員会でほぼ毎日大学に行きながら、それが終わると自分の展示の準備です。

「展示会場は部屋全部がもうぬいぐるみやキャラクターでいっぱいにする!」当初、私は友達にこんなことを言っていました。

しかし、思った以上に忙しく、今となっては全く逆の事を考えています。「作ったものを全部展示したら、教室半分以上は使うよな。そんなの無理。一人で教室半分を使うのはやめて、共同展示にしようかな」

そんなある日、私は実行委員会で、部屋割り係との打ち合わせをしていました。「じゃあ、この日に学生全員にメーリングリストで連絡のメールを送り、展示会場となる使用教室の希望を聞きましょう」

「平山さんはもちろん教室一室か教室半分は使いますよね」
「あれだけ作ったんだから、全部展示しないともったいないですよ」
「委員長で卒業制作展の仕事でいろいろ働いてくれているし、どこでも好きな場所使ってもいいですよ。なんなら僕ら平山さんのために教室キープしますよ」
「あ! なに言ってんの! 当たり前じゃない。私は教室半分使うよ! 全部展示するもんね!!」

私って一体なんなのでしょうか。つい先程まで共同スペースで展示をしようなどと後ろ向きモードだったのに、こう言われてしまうと弱いんです。というか期待に応えたくなってしまうんです。

大学からのいつもの帰り道、電車の中でふと考えてしまいました。さっきはノリであんなことを言ってしまったけれど、委員会の仕事もあるし、私一人だけで、手伝いなしで教室半分を使って展示が出来るのか?

正直、不安になりました。けれど部屋割り委員会の友達の前で宣言してしまったし……。結局出来ませんでした、共同スペースで展示します、ではかっこ悪い。それだけは絶対したくない。

この宣言が後に良い方向に展開したのですが、この時はさすがに頭の中が不安で一杯でした。「あぁ〜!!どうしよう!!」というのがその時の本音です。さて、実行委員会の仕事をしつつ、自分の展示も無事終わらせることができるのでしょうか?

【平山遵子・ひらやまじゅんこ】
J★(Junko allstars)〜思い出を形に未来につなぐハンドメイド〜
< http://www.j-allstars.com/ >
夢は「世界一楽しいぬいぐるみ」を作る!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
編集後記(02/27)

●黄文雄・石平「中国はもう終わっている」を読む(徳間書店/2013)。かつて中国は2008年の北京オリンピックまでに終わるといわれ、2010年の上海万博までに終わるといわれ、それでまだしぶとく生き残っている。まだかまだかと待っているのだが、一体いつ本当に終わってくれるのか。本の帯には「2014年、経済崩壊後の中国で起こる大混乱!」とあるから、ありゃ、今年かい。今後、どんな混乱が中国を襲うのか、そして日本やアジアにどのような影響が及ぶのか。中国危機のシナリオと日本の進むべき道を「中国がもっとも恐れる論客ふたり」が論じたのが本書である。

いまの中国では汚染されていないものは何もない。環境汚染と疫病の蔓延は、今後の中国の経済成長が不可能であるひとつの要因だ。それを防ぐには経済成長のペースを下げざるを得ない。しかしそうなると、食えなくなった民衆が暴動を起こす。中国が抱えるもうひとつの大きな爆弾が民族問題。ウイグル弾圧がイスラム圏を巻き込む可能性が充分ある。経済も悪化する一方、共産党政権の政治改革も不可能、環境問題も民族問題も解決できっこない。

中国が現在直面している問題は、もはや経済成長といったレベルではなくて、人間としてどう生きていくかというまでになっている。人民にとって残された道は、暴動で政府を転覆するか、海外に逃げるしかない。しかし、政府を倒すためには膨大な犠牲が必要だし、倒したところで環境改善と食料を手にできるわけではない。となると、国外脱出しかない。そもそも高級官僚の妻子がこぞって海外逃亡している状況だ。南アには中国からの不法入国は50万人、イタリアのミラノだけでも20万人。ロシアではこうした不法移民への取り締まりを強化し、絶対にチャイナタウンを作らせないよう警戒している。

中国のバブル崩壊における日本経済への影響は限定的と考えられる。注意しなければならないのは、中国が統制経済への道を走り、同時に対外戦争を仕掛けて来る可能性があることだ。自分たちが地獄に堕ちるならば、日本も道連れにするってわけだ。また、中国国内の大混乱や政権崩壊がおきれば、何千、何億という人民が雪崩を打って国外に逃げだすだろう。周辺国はみなその脅威にさらされる。日本も混乱の余波を受けて大打撃をうける。そんなときはどうするか。中国は本当に早く終わって欲しいが、戦争とか飢餓の群れとか考えると、一刻も早く集団的自衛権を行使できる日本にならなければならない。平和ボケはもう終わっている。(柴田)

< http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4198636672/dgcrcom-22/ >
黄文雄・石平「中国はもう終わっている」


●もみのこさんって、学生時代から面白かったんだ……。/PM2.5をどうにかしてください……。

続き。LaLa Call。固定へは8.4円/3分、携帯へは18.9円/分。月額基本料100円、eoユーザは無料。番号は10候補まで出せる。

Fusion。固定・携帯ともに16.8円/分。番号選べず。

050 plus。固定へは8.4円/3分、携帯へは16.8円/分。月額基本料300円、無料となる050の範囲が広い。番号は下4桁を選んだ上で欲しい番号を絞り込む形。

試したところ、この三つは音質がいい(というより、ほぼFusion)。月額基本料不要な前二つのサービスだと、固定へはLaLa、携帯へはFusionがいいことがわかった。と、先週書いていた。まさかLINEまで始めるなんて。続く。(hammer.mule)

< http://lalacall.jp/ >  LaLa Call
< http://ip-phone-smart.jp/ >  IP-Phone SMART。Fusion
< http://050plus.com/pc/index.html >  050 plus