おかだの光画部トーク[113]写真構図にみるアメリカと日本の教え方の違い/岡田陽一

投稿:  著者:  読了時間:5分(本文:約2,100文字)


30年以上お昼の定番番組だった「笑っていいとも」も終了し、その他いろいろなテレビやラジオの番組もリニューアル。プロ野球のシーズンも始まり、そして、消費税が上がり、さまざまなことで春を感じる今日このごろ。神戸の桜も一気に咲き始めました。


さて、一昨日のことですが、KMUG(Kinki Macintosh Users Group)
< http://www.kmug.org/ > という集まりに呼んでいただき、写真について120分くらいプレゼンする機会がありました。15人ほどの参加者だったのですが、関西に暮らす外国人の方のグループということで、英語でのプレゼンでした。

内容は、絞りやシャッターなどの技術的なことは、興味のある人とない人が別れる気がしたので、普段デジカメを使っている人も、iPhoneで写真を撮っている人も共通して興味を持ってもらえるであろう、構図についてお話しました。

その内容を組み立てるにあたって、構図について、あれこれネットで調べてみたところ、面白いことに気がつきました。それは、日本とアメリカとで、構図に関する知識、教え方がずいぶんと違うこと。今回はそれについて書いてみます(あくまで「岡田調べ」ということで……)

「構図」は英語で「Composition」なので、「Composition、Photography」でGoogleで検索してみます。上位にヒットした中から、いくつかピックアップします。

「10 Top Photography Composition Rules(写真構図10のルール)」
< http://bit.ly/1dK0Uur >

「5 Elements of Composition in Photography(写真構図の5つの要素)」
< http://bit.ly/1dK1okc >

「5 More Elements of Composition in
Photography(写真構図のあと5つの要素)」
< http://bit.ly/1dK9vNS >

「18 Composition Rules For Photos That
Shine(写真を輝かせる構図のルール18)」
< http://bit.ly/1dK2hth >

「Top 10 Composition Tips(構図のTipsトップ10)」
< http://bit.ly/1dK2vR7 >

一方、日本語で同じ内容「構図、写真」を検索してみると……

「写真がもっと上手くなる!構図の基本テクニック12選」
< http://bit.ly/1dK3el2 >

「写真を始めたらまず覚えたい基本のカンタン4構図」
< http://bit.ly/1dK3xfZ >

「写真の構図」
< http://bit.ly/1dK4NQb >

「写真で使われる構図一覧」
< http://bit.ly/1dK5bhn >

どうです? 海外のものと日本語のサイトの解説、違いがわかりますか?

両方共通しているものは、「三分割構図=The rule of thirds」くらいで、日本語で解説してあるものは、「日の丸構図(正式には「中央一点構図」)や「三角構図」「トンネル構図」「対角線構図」など、被写体を配置する位置や画面を構成するラインなどを解説しています。「あれこれ考えず、この場所に被写体を配置すれば良い構図になるよ。」的な解説。

海外のサイトの解説で、その位置に配置すれば良い構図になるというのは、「三分割構図=The rule of thirds」で、それ以外は「バランスにきをつけよう」や「コントラストを使ってみよう」、「スペースを残して」、「単純化しましょう」「細部に気をくばりましょう」など、撮影者が自由にイマジネーションできるような内容になっています。

構図を構成する要素「Pattern(パターン)」「Symmetry(対称)」「Texture(テクスチャー)」「Depth of Field(奥行き)」「Lines(線)」「Framing(フレーム)」「Perspective(遠近)」「Space(空間)」「Balance(バランス)」「Color(色)」を自由に組み合わせてあなたの自由に撮ってみると、
素敵な写真が撮れますよ。という解説です。

「この位置に配置しなさい」と、「これらを気をつけて自由に楽しみなさい」と、ずいぶん教え方が違いますよね。

そう言えば、わたしもシアトルの大学で写真を学んでいた時には、The rule of thirds以外「なんとか構図」というのは習ったことがなかった気がします。

【岡田陽一/株式会社ふわっと 代表取締役 ディレクター+フォトグラファー】
< mailto:okada@fuwhat.com > < Twitter:http://twitter.com/okada41 >

桜って咲き始めて一週間でピークなので、週末が一度だけ。その週末がいい天気だと、薄いピンクの桜に青い空のコントラストがいい感じの写真が撮れますが、けっこう花曇りや雨だったりします。「春に3日の晴れなし」なんて言いますし。今週末は神戸・姫路あたりでちょうどいい頃だと思うので晴れたら撮りに行ってみようと思います。