まにまにころころ[58]2014 FIFA ワールドカップ開幕!/川合和史@コロ。 Kawai Kazuhito

投稿:  著者:  読了時間:9分(本文:約4,300文字)


こんにちわん、コロこと川合です。「軍師官兵衛」、官兵衛が有岡の土牢から救出され、半兵衛の軍配を松寿から受け取って立ち直り、三木城を落として、次いで御着の小寺も崩れて、播磨平定。一万石を与えられ大名となりました。

その頃、信長は本願寺との和睦を成立させ、10年に渡る戦いを休止。本願寺の担当だった佐久間信盛に「佐久間信盛折檻状」なる19条からなる書状をもって、「お前、今まで何しとってん。あの時も、この時も、その時も、手際悪いし、この30年間で活躍らしい活躍してへんやんけ。どっかで大きい手柄でも立てて帰ってくるか、討ち死にしてこい。それか頭丸めて高野山にでもこもっとけ」と、怒りをぶつけます。

大河ドラマでは、この折檻状を一堂の前で突きつけて、その場で小姓に読み上げさせていました。一同その様子に震える中、カメラは光秀の表情をアップに。この仕置きに動揺する光秀、といった見せ方ですね。どうやら、そんなこんなで不満を募らせた光秀が、信長についていけなくなり、本能寺の変に至る、というような描き方をする感じでしょうか。

ちなみに、江戸時代に佐久間家の人によって書かれたと思われる『佐久間軍記』という書には、この折檻状に対し「誰かが信長にあることないこと吹き込んだ」というようなことが書かれていて、また江戸幕府が編纂した『寛政重修諸家譜』には、明智光秀が吹き込んだと書かれているようです。

信盛が失脚して結果、光秀が近畿で大きな力を手にしたので、そう思われたのかもしれません。讒言の真偽はともかく、後の世の評価としては、折檻状の内容について、「確かにそう言われてもまあ仕方ない気もするけれども厳しすぎるんじゃないか」、といった感じみたいです。




◎──そんな話はさておき、ワールドカップ開幕!

大河ドラマの話はさておいて、ここ数日の大きなニュースといえばこれ。

2014FIFAワールドカップブラジル大会が、日本時間6/13(金)の明け方に開幕しました! 代表戦くらいしか見ない私にとっては、4年に一度のお祭りです!

競技場がなかなか完成しないとか、サッカーやってる場合ちゃうやろっていうブラジル国民のデモとか、色々あったものの、なんとか予定通り開幕しました。開幕戦は、ブラジル対クロアチアで、クロアチアに先制されながらも、結果は3─1でブラジルが勝利しました。この一戦は日本の審判が3名参加して、主審も日本人の西村氏が務めました。で、そこで一悶着ありまして。

前半を1─1の同点で折り返しての後半、26分にブラジルのフレッジがクロアチアのペナルティエリアで倒されてPKを獲得。ネイマールが決めて勝ち越し。その判定をめぐって大騒ぎに。

というのも、それほど激しい接触に見えなかった上、リプレイで見てもフレッジが自分から倒れ込んでいるように見えるんですね。しかし判定はファウルでPK、倒した選手にはイエローカードがでました。

ただでさえアジアはサッカー後進国と見られている上、数日前に元FIFA副会長だった韓国の鄭夢準が、過去の大会で審判を買収して韓国が有利に戦ったともとれる発言をして問題になっていました。そして今回ブラジルは主催国としてただでさえ有利な上に、日本とも縁の深い国。日本人である審判のジャッジがブラジルびいきだった、と騒ぎになったんです。

全体を見ればブラジルびいきには見えませんでしたが、問題のファウルシーンは、私が見た印象でも、確かにそう言われてもまあ仕方ない気もするけれども厳しすぎるんじゃないか、という感じでした。後の世、いや大会後にどう評価されるかが気になるところです(なお大会中は審判からは証言取れません)。

ま、見る限り、買収やひいきはありえませんけどね。地元ブラジルの応援団に気圧されたのか、って話もありましたが、それもないと思います。この試合で西村主審は前半27分に、ブラジルの至宝ネイマールへイエローカードを出しています。地元の目を気にしていたら、そんな怖いことできないでしょう(笑)

この件についていくつか見た各種コメントの中では、「西村は悪くない、下手なだけだ」というコメントが、良し悪しはともかく、しっくりきました。

なお前述の鄭夢準の発言ですが、過去の大会(具体的には2002年の日韓大会)では、買収が事実であっても不思議でないような疑惑の判定だらけでしたが、今回の鄭夢準の発言自体をもって「買収の告白」ととるのはちょっと早計だと思っています。

市長選に向けての演説で、過去の疑惑を払拭しようとして冗談を言ったところ、言い方がまずかった、という程度の話でしょう。選挙戦なのでその「失言」を相手陣営が放っておくはずもなく、騒動になったんですけど。いっそ買収の証拠まで見つけてくれたらすっきりしたのに......。

・韓国の元FIFA副会長、審判買収か
< http://news.livedoor.com/article/detail/8906876/ >

◎──14日には、スペインが歴史的大敗

さて話を今大会に戻して、開幕翌日の14日。前回王者のスペインが、オランダに1─5で敗れるという衝撃の試合がありました。オランダもサッカー強豪国で、この対戦カードは奇しくも前回ワールドカップの南アフリカ大会の決勝と同じ。

どちらが勝ってもおかしくはない組み合わせではあったんですが、スペインがまさか5点も奪われて敗れるとは、誰も思っていませんでした。前回王者が初戦5失点というのは大会史上初。しかもスペイン、前回大会では全試合の合計でも2失点だったんですよ。それが5失点。

先制したのはスペインでした。左サイドを抜け出してパスを受けたディエゴ・コスタが、ペナルティエリアで倒されてPK獲得。シャビ・アロンソが決めて先制。しかし前半終了間際の44分、ファン・ペルシーが中盤からのロングパスをキーパーの頭上を越す芸術的なヘッドで決めて同点に。ここまではいい試合でした。ところが1─1の同点で折り返した後半、オランダがやりたい放題に。

まず後半早々の8分、ファン・ペルシーの時と同様にロングパスが出されると、ロッベンが足先でぴたりと止める見事なトラップで受け、ひとつフェイントを入れて相手DFを崩してシュート。これが決まって勝ち越し。次いで後半20分、左サイドからのフリーキックをデ・フライが押し込み3点目。

4点目は最悪で、バックパスを受けたスペインゴールキーパーのカシージャスが中途半端に蹴るミスをして、詰めていたファン・ペルシーが奪ってゴールへ。

とどめの5点目は、後半35分、オランダ陣の左サイドから大きく右前方へ出されたロングフィードに、ハーフラインより手前からロッベンが猛ダッシュ。ゴールエリア手前まで駆け込み、飛び出してきたキーパーの手前でブレーキ。倒れるキーパーを嘲笑うかのようにかわして、落ち着いてゴール。圧倒的でした。

◎──5失点の大敗が意味するもの

今行われているのは、決勝トーナメントに進むチームを決めるためのグループリーグと呼ばれるもので、4チームずつに分けられたグループ内で総当たりし、上位2チームが決勝トーナメントに進みます。4チームが3戦して上位2チームが勝ち抜けるので、3戦全勝あるいは2勝すれば間違いなく進出できるのですが、1勝1敗1分けなどで勝ち点が並んだ場合、得失点差で決まることになります。

つまり、大敗は、単なる負け以上に痛いんです。

今回スペインは初戦を落として、自力で勝ち抜けを決めるには、残りの2戦共に勝つしかなくなったわけですが、仮にひとつを引き分けてしまった場合にこの初戦での得失点差マイナス4という結果が大きく響いてしまいます。

幸い、残り2チームは、スペインから見れば格下のチリとオーストラリアですが、今回の大敗同様、何が起こるか分かりません。ましてやチリは決して弱いチームではない上に、スペインにはきっと、初戦のショックが残っていると思われます。キーパーのカシージャスなんて、大丈夫か? 立ち直れるのか? と心配になるレベルで。

スペインの次戦は19日のチリ戦。同日、オランダはオーストラリア戦があり、オランダとしてはそこでひとまず勝ち抜けを決めてしまいたいところでしょう。スペインは仮に勝ったとしても、24日のオーストラリア戦まで結果は持ち越し。敗れたら、そこでグループリーグ敗退が決まります。個人的にはこのグループ、スペインとオランダに勝ち上がって欲しいので、スペインの再起に期待です。

◎──そして肝心の日本は......

そして、我らが日本代表の初戦も、15日朝に行われました! そして敗れました! 詳しく書きたいのですが、これ以上長くサッカーのことを書いても、サッカーに興味ない方もいらっしゃるでしょうし、割愛します!

いやあ、ちょっとスペインのことを長く書きすぎましたねー。残念だなー。

日本の次戦は20日のギリシア戦!頑張れ日本!

◎──ワールドカップ観戦に便利なサイト

最後にワールドカップ観戦に便利なサイトをご紹介。

・Yahoo! スポーツナビ 2014 FIFA ワールドカップ ブラジル大会
< http://brazil2014.yahoo.co.jp/ >
日程、結果、見どころなど、様々な情報がまとまっています。

・サカテレ
< http://sakatele.com/league/fifa-worldcup >
各試合の放送予定がまとめられています。

・CalePo 2014 FIFA ワールドカップ ブラジル大会
< https://www.calepo.com/calendar/worldcup2014 >
今大会の日程カレンダーのデータが配布されています。
Googleカレンダーなどにインポートすればバッチリです。

大会終了までは、まにころ、サッカー話が続きますがご容赦を。

【川合和史@コロ。】koro@cap-ut.co.jp
合同会社かぷっと代表
< https://www.facebook.com/korowan >
< https://www.facebook.com/caputllc >
< http://manikabe.net/ >

日本が勝ってたら今日は日本代表特集の予定でした......

◎セミナー/イベントのご案内
田口真行のWebディレクション特講 がっつりワークショップ3DAYS
< http://manikabe.net/2014/06/masayukitaguchi_3days/ >

現役Webディレクターが、実際の現場で行っているWebディレクションテクニックや思考プロセスをヒントに、Webディレクションの現場術を学ぶ実践型セミナー。