アナログステージ[120]餅は餅屋に進化した4SQとSWARM/べちおサマンサ

投稿:  著者:  読了時間:8分(本文:約3,700文字)


コンニチハ、デジクリきっての癒し担当(自己申告)のべちおです。さてさて、今回は、謎の分岐進化をした4SQ(foursquare)です。オイラのiPhoneアプリでは活躍度が高いひとつのアプリでしたが、先の7月末頃に、4SQが4SQではなくなり、4SQは『Swarm』というアプリになってしまったのです。


という書きかたは極端で、4SQのメイン機能でもあった、チェックイン機能がSwarmに移行したのです。アプリの目玉でもあった、チェックイン機能を抜かれた4SQはどうしたかというと、口コミ系のスポット(お店や施設など)紹介するアプリに大変身。

大変身というよりは、「Tip機能をメインにしたから、みんなで情報を共有しちゃおうぜ! ひゃっはー!」といった具合に、30minみたいなアプリになってしまいました。

2年前に、デジクリで4SQをネタにしたときは、バッジ集めに夢中になっていたオイラがおりましたが、すでにバッジの存在すら忘れておりました(笑)

・アナログステージ[88]いまさらマジメに4SQ
< http://bn.dgcr.com/archives/20121204140200.html >

●Swarm? なにそれ、おいしいの?

「なにこれ? こんなアプリはもういらんわ」と、すでに見切りをつけて、窓際アプリになってしまっているかたも、チラホラ。オイラ個人的には、4SQは『出先の足跡』として、チェックインしか使っていなかったので、『チェックイン機能をなくした新生4SQ』としてアップデートされたら、窓際どころか、バン(消去)決定。

お店の情報などは特に興味がないので、今後はSwarmのみの活用になりそうなオイラでございます。4SQをまだ使用したことがなかったり、これからSwarmを使って、友達とブイブイいわせたい! というかたは、こちらから↓

・Swarmは、友達の最新情報を集めたり、待ち合わせできるアプリです:
< https://www.swarmapp.com/ >

Swarmになってから何が変わったかと、サラっと書いてみると、

・自分の本日のご予定をフレンドに公開し、「ねぇねぇ、いまヒマ? 一緒に お茶しない?」とお誘いする、『周辺のプラン』機能

・かわいいフレンドが、自分から何メートルの範囲内にいるかが分かる。『今 ここ』機能

どちらも香ばしい匂いがする機能ですが、もともとストーカーっぽい色もあったチェックイン機能なので、野暮なツッコミはなしで。

『周辺のプラン』はまだ使ったことがないのと(今後も利用するつもりはないけど)、フレンドからお誘い通知も受けたことがないので、どんな具合なのかは詳しく書くことはできないが、いま自分の近くにいるアプリ使用者たちをお誘いするのではなく、あくまで近距離にいるフレンド限定のようだ。

まぁ、そりゃそうだわな。150Km離れたところに居るフレンドに「いま横浜駅の西口にいるんだけど、ちょっとタリーズでコーヒー飲まない?」とお誘いしても、「独りで勝手に飲んでろよ」となるのは当然のことだ。

直接の知り合いならば、LINEやメールでさっさと連絡とって、待ち合わせして終わりだ。わざわざSwarmを使って、遠回りなお誘いはしないはず。しかし、Swarm(4SQ)のフレンド全員が全員、知り合いってこともない。お会いしたことがないので、男性なのか女性なのかも分からない。でも、ヒマだから誰かと遊びたい! というときに威力を発揮するのでは。

デジクリのネタで、一回は使ってみようかと手が伸びたのだが、お誘いの通知を受けたフレンドたちが「この人、いつもお寺とか神社ばかりチェックインしている人だwww」と、完全にネタとして扱われてしまいそうなので、やめておいた。誰からも反応がなかったときのことを考えると、寂しさの重圧に耐えられなさそうなので、やめておいて正解だったと思う。

4SQ時代から便利ツールのひとつとして使っていた、カレンダーとの同期も、Swarmになってもきちんと反映されているので、ひとまず安心したのだが、旧4SQで作成したリスト機能が使えなくなってしまったのが、唯一の残念。見ることはできるけど、追加ができない。

もしかすると、裏コマンド的な操作でリスト機能が使えるのか知れないが、iPhoneからだと、なにをどうやっても、どこを探してもリストの追加ができないのである。もし、やり方をご存知でしたら、コッソリと教えてください、お願いします。

【べちおサマンサ】pipelinehot@yokohama.email.ne.jp

NDA拘束員であり、本当の横浜を探しているヒト。ぶら撮り散歩師。全国寺社巡りで、過去の懺悔道中をしております。
・Twitterはコチラ→< http://twitter.com/bachiosamansa >
・まとめはコチラ→< http://start.io/bachio >

■□ 懺悔道中膝栗毛 ─ 初編 □■

前回、おやすみ(というサボり)してスミマセンでした。実は、当番日を完全に間違えていて、ぜーんぜん仕込みをしていなかったんです、ハイ。寺社巡りネタのウケが良かったので、後記を『多曲入魂』と、新シリーズの『懺悔道中膝栗毛』という新シリーズのどちらかを書いていこうかと。

寺社巡りを始めた所以は、前回のコラムをチラっとご参照いただくとして、道中記というよりは、「こんなお寺(神社)でした」と、軽めの雑記で。注記として、お寺を紹介するときは、山号と寺号(院号)、仏像マニアなゆえ、ご本尊さまだけ記載し、宗派や諸々の札所番などは省略しますね。

○2014年9月6日の参拝コース 東京・日野市周辺

1:岩子山 千手院(東京 町田市) ご本尊:千手観音菩薩

先日、所用で立川まで行ったときに目につき、「千手院ってくらいだから、ご本尊さまは千手観音さまに違いない!」と、即座に、場所を脳みそにマップメモして再訪問。ご本尊さまは秘仏とされていたので、拝むことはできなかったが、ご朱印をご住職さま直々でいただきました。しかも、竹筆!!!

ご朱印をいただいた後、お寺巡りの楽しみかたや、ご朱印のアレコレについて、ご住職さまからたくさんのお話をいただきました。11時から法事とのことだったのですが、ご住職さまのお話はとても面白く、気がつくと、30分くらい話しこんでしまった。ご朱印と一緒に、とても貴重な時間をいただきました。

2:高幡山 金剛寺(東京 日野市) ご本尊:不動明王

『高幡不動尊』の通称で有名なお寺で、関東三大不動のひとつです。土方歳三の菩提寺でも知られるお寺。時間が早かったせいか、ごちゃごちゃとした混雑はなく、スムーズに参拝。奥殿の丈六不動明王坐像(重要文化財)をお参りし、大日堂(本堂)へ。法事のために、鳴り龍天井などは拝観できず。残念。

そして本日のメインイベント(?)、護摩行を初体験してきました! 感想は……、文章で表現できません。体験していただければ、文章で表現できない理由も納得していただけると思います。

3:六所山 長楽寺(東京 日野市) ご本尊:不動明王

多摩動物園のすぐお隣。かなり急斜面な坂をのぼり、しあわせ小僧がお迎えしてくれます。本堂までは立ち入りができず、ご本尊さま前まで到達できず。庫裏でご朱印をいただきました。「急な坂で大変でしたでしょう。どうぞ」と、ミネラルウォーターをいただきました。

4:田村山 安養寺(東京 日野市) ご本尊:阿弥陀如来

またしても(といっても、すでに予想はしていたけど)、法事中で参拝だけしてお寺を後に。

5:愛宕山 石田寺(東京 日野市) ご本尊:延命地蔵菩薩

土方歳三のお墓があるお寺で、「いしだじ」ではなく「せきでんじ」と読むようだ。ご本尊も十一面観音さまも開帳されておりませんでした。安養寺と石田寺は、平日にまた足を運んでみようと思います。

6:高尾山 有喜寺(東京 八王子市) ご本尊:薬師如来・飯縄権現

謂わずと知れた高尾山。有喜寺という寺号よりも、『薬王院』という院号で呼ぶほうがしっくりとくるお寺。子どものころから今まで、何回足を運んだかは憶えておりませんが、参拝だけで訪れたのは初めてです。

あまりにも有名なので説明は要らないかと思うけれど、高尾山は珍しく、神仏分離前のスタイルで現存しているお寺でもあります。

本堂へ参拝したとき、ちょうど護摩行が行われており、本堂の入り口横からご一緒させていただきました。護摩行が終わる頃に空から雨がポツポツ。傘もなければ足元は雪駄。こりゃマズいってことで、ケーブルカーに乗って下山。時間はすでに16時30分をまわっており、帰りの渋滞が頭の中を過ぎる。

今回は東京の日野市を中心に巡ってきました。圏央道の八王子‐海老名間も開通したことで、車でのアクセスは非常に便利になりました。ただ、東名高速と中央自動車道という、万年渋滞が激しい高速道路に挟まれている区間だけに、行楽シーズンは一般道でチンタラと行ったほうが、精神衛生に良さそうです。その前に、行楽シーズンには行かないと思うけど……。 おわり。