おかだの光画部トーク[121]いよいよ発売!iPhone 6とiPhone 6 Plus/岡田陽一

投稿:  著者:  読了時間:7分(本文:約3,000文字)


先週、日本時間で9月10日深夜、アップルのイベントがライブ中継され、iPhone 6・iPhone 6 Plus、Apple Pay、Apple Watchが紹介されました。

各プレゼンテーションで一番驚いたのは、Adobeの元CTOだったKevin Lynch氏がApple Watchの紹介をしていたこと。Kevin Lynch氏はFlashの人だったので、Appleが次のために力を注いでいるApple Watchの開発を彼が担当しているのが感慨深く印象的でした。


・キーノート
< http://www.apple.com/live/2014-sept-event/ >
・iPhone 6
< http://www.apple.com/jp/iphone-6/ >
・Apple Watch
< http://www.apple.com/jp/watch/ >
・Apple Pay
< http://www.apple.com/apple-pay/ >

Apple Watchは来年春、Apple Payは日本ではまだいつ使えるようになるのかわからないので、今後楽しみに待つとして、今回は数日後に手にできるiPhone 6について見てみようと思います。

まず、今回のiPhoneは5よりも更に大きくなったこと。2年前にiPhone 4から5になった時も縦長になって、最初手にしたときは「なんか大きいな...」と思いましたが、1週間ほどでそれがあたりまえになり、改めて4を触ると「小さっ!」と感じました。毎日一番長く手に触れるものですから、慣れるのも相当早いようです。

その時の比ではないくらい、今回の6は大きい。そしてその6よりももっと大きいiPhone 6 Plusも同時にリリースとなります。

5・6・6 Plusの比較
< http://www.apple.com/jp/iphone/compare/ >

カメラの項目を見てみると
・8メガピクセルiSightカメラ(1.5ミクロンのピクセルを使用)
・f/2.2の開口部
・5枚構成のレンズ
・裏面照射型センサー
・True Toneフラッシュ

など、基本的なスペックは、ひとつ前の機種5Sとあまり変化ないのですが、CPUがA7からA8と進化していることで、演算性能が大きくスペックアップしているようです。これにより、フォーカスも早くなるでしょうし、顔検出もより性能がよくなっていると思われます。

特にiPhone 6 Plusは、レンズ部分がジャイロセンサーで動く光学式手ぶれ補正が付いているので、暗い場所や、動画撮影時の手ぶれ補正性能がかなりよいでしょう。

動画撮影の性能は、
・1080p HDビデオ撮影で(30fpsまたは60fps)
・スローモーションビデオ(120fpsまたは240fps)
・映画レベルのビデオ手ぶれ補正
・連続オートフォーカスビデオ
など、かなり強化されています。

さて、ここでiPhone 6と、iPhone 6 Plusどちらを選ぶかというところ。悩むところですが、わたしの選択は、光学手ブレも搭載していることですし、大きい方のiPhone 6 Plusに買い換えようと思います。

大きさは158.1×77.8 mmで1万円札とほぼ同じ大きさ。厚さは7.1mm。電話としてもデジカメとしてもかなり大きいです。正直、実物を手に持ってみたら気が変わるかもしれません。

しかし、大きい分バッテリーの持ちが圧倒的に長い。つい先日まで今持っているiPhone 5のバッテリーの劣化で、常にモバイルバッテリーを一緒に持ち歩いていたので、モバイルガジェットはバッテリーの持ちが命だと思います。

そして、画面が5.5インチRetina HDディスプレイと大きいので、老眼で日々小さい文字が見難くなっているのが、かなり助かるのではないかと思います。今、外出時には、iPad miniも持って出ているので、6 Plusにすることで、これも要らなくなるかもしれません。

あとは、Webサイト制作や、アプリ制作において、6 Plusの画面の解像度が、1,920×1,080ピクセル解像度401ppiと、今までの326ppiと違うというところで、検証機としても必要になってくるということもあります。

続いて、16GB・64GB・128GBのどれにするか。過去に買ったiPhone 3G、iPhone 4、iPhone 5は、クラウドを使えばそんなに要らないと判断し、メモリに関しては少ないものをチョイスし価格優先で考えていました。

今回は、それぞれの本体価格差が1万円程度なので一番多い128GBを選択しようと思います。カメラ、特に動画の性能が良くなっているので高解像度でいっぱい撮れる方が楽しめますからね。

ということで、iPhone 6 Plusの128GBにするとして、キャリアをどうするか。または、アップルストアで売っているSIMロックフリーの本体にするか。海外に頻繁に行くことも今のところないですし、SIMロックフリーにしなければいけないメリットはあまり感じなかったのです。

しかし、各キャリアが今まであった安いプランを廃止し、全て通話し放題のプランに移行しようとしているので、ほぼiPhoneで電話をしないわたしにとっては、月々の使用料がかなり高くなってしまいます。

例えばSoftBankの場合、スマ放題月2,700円。今契約しているホワイトプランは、月934円なので、もし機種変更時にスマ放題プランの選択しかなくなるようであれば、SIMロックフリー版をアップルストアで購入し、今使っているiPhone 5の契約をそのまま継続、iPhone 5に入っているSIMを使うことも選択肢かも...と考えていました。

SoftBankのサイトで色々情報収拾してみると、どうやらホワイトプランは11月30日までは契約可能のようなので、今回の機種変更は大丈夫のようです。

・ホワイトプラン(SoftBank)
< http://www.softbank.jp/mobile/price_plan/smartphone/white-plan/ >

たぶん、金額的には他社にMNPで乗り換えるのが一番安いのではないかと思いますが、法人契約ですし書類とか印鑑とか手続きなど面倒なので、キャリアはそのままの方がいいかなと思ったり...。

ということで、先週金曜日に予約受付けが始まっていますが、実は予約はしていません。実際に本物を手に取って、大きさと、3種類ある色を実感してからにしようと思います。19日(金)には、手にする人も多いと思いますので、見せてもらってから最終決定しようと思います。

・iPhone 6紹介ビデオ
< http://www.apple.com/jp/iphone-6/films/#video-product >

【岡田陽一/株式会社ふわっと 代表取締役 ディレクター+フォトグラファー】
< mailto:okada@fuwhat.com > < Twitter:http://twitter.com/okada41 >

バッテリーが異常だったiPhone 5ですが、アップルストア心斎橋に持って行き、無事新品のバッテリーに無償交換してもらいました。来月で2年になるこのタイミングで、とっても元気になったiPhone 5です。