グラフィック薄氷大魔王[412]「技術を共有する人しない人」他、小ネタ集/吉井 宏

投稿:  著者:  読了時間:10分(本文:約4,600文字)


●技術を共有する人しない人

「CGプロダクションの職場で技術を教え合わないのは全体の損失」というようなツイートを見て思ったこと。CGでも立体制作でも「自分はこうやってうまくいった、いかなかった」ってこといつも書いたり話したりしてると、もっといいやり方を教えてくれる人が必ず出てくるから、僕は「言うほうが得だ」派。


先日、年配のアーティストに絵画作品の話を聞いてて「これはどうやって?」って聞いたら「ぜったい教えられない」って言われた。上記のようなチーム内の話ではないので、教える教えないは個人の自由だ。ただ、昔は「技法はぜったい秘密」って人が少なくなかったなあと思い出した。それがある種の常識だったかもしれないし、技法で特許を取ってる人までいた。

技法が秘密だと、そこから話が広がらないのがつまらない。技法を話してくれたら「僕はこういうの知ってるけど使える?」とか言えるし、話した結果、自分のやり方や情報が正しかったり間違ってることにも気付けたりするし。

あと、作者と作品のテーマや内容について突っ込んだ話をするのはかなりむずかしい。作者の内面や過去の記憶にまで遡るのは手軽にできるわけじゃないし、したくもなかったり。でも、技法の話だったらいくらでも盛り上がれる自信あるんだけどな。

ただ、技法を教えたり質問に答えるのは当然みたいに思われると、それはちょっと違う。作品を前に口頭で説明するならまだしも、Webでちゃんと伝わるように説明するのは、マニュアル本の一項目を書くのと同じくらい大変。自主的にそういう活動してる人がWebにはいっぱいいるけど、ホント尊敬する。

●英単語=漢字一文字説

挫折したけど、昔、速読教室に行ってたとき、「日本語の文章には漢字とひらがなとカタカナがあって視認性が良く、ページ全体を一瞬見ただけでも何について書かれてるかだいたい分かる利点がある」と知った。速読じゃなく普通に読む時でも、漢字だけ一瞬ササッと拾えば大体の主旨はわかる。

その点、表音文字のアルファベットがズラズラと並んでる英語の速読って効率悪いよなあと思った。平仮名だけの何百ページの小説を読むこと想像すると、漢字仮名交じり文は便利だよなーと。そこで考えが止まったまま30年近く。久しぶりに思い出したわけだが……。

英語(や似たような表音文字)って、均一にズラズラとアルファベットが並んでるのでなく、分かち書きされてる。単語の一つ一つが漢字と同じ役割してるじゃーん! と気がついた。

一文字ずつ追わないよね。かたまりで認識するよね。読む場合、アルファベット26文字は、漢字で言えば「へんとつくり」みたいなものなんだなって。長すぎる単語は画数の多すぎる漢字と同じニュアンスなんだろうな。

でなきゃ、Tシャツに大きく単語をドーンと入れるようなものって成り立たないもんね。っていうか、英語のロゴってやはり漢字一文字と同等なのかも。

いやもちろん、英単語をかたまりとして認識してるのはわかってたけど、「英単語一つを認識するのは漢字一文字の認識と同等」と気がついたのは初めてだったので。

●iTunes映画の再生コントロール

夏以来、久しぶりに映画を見た。「メリダとおそろしの森」。Pixarなのに肩の力抜けてる感。サラッとこんなの作っちゃうおそろしさ。お話はめちゃくちゃコンパクトなのに全部隅々までちゃんと面白かった。大島優子の吹き替え、ぜんぜん悪くなかったよ。

しかし、iTunes映画の再生コントロールの不自由さはなんとかならんもんか? ちょっと戻したり、ちょっと進めたりできない。ネット配信の映画は再生コントロールがどれも不自由なので、結局、TSUTAYAでDVDを借りてVLCプレイヤーで見るのが一番快適だったりする。

iTunes、何かショートカットないものかとデタラメにいじってたら、「command+option+左右矢印」で5秒戻したり進ませられることが判明! やった! これで聞き取れなかったセリフとか細かく行ったり来たりが可能に。

「Option+Command+「←/→」ほんの少し数秒早送り・巻き戻し」……このショートカット、普通に知られたものだったのか。「iTunes映画」に限定して探してたので見つからなかったのでしたw
< http://bit.ly/14mfjtp >

●ふなっしーの対談

NHKのふなっしーと阿川佐和子の対談めちゃくちゃおもしろかったなっしー! 以前からちょっと素が入って活動の背景をうかがわせる発言が楽しみだったけど、全開。キャラクターデザイナーとか名乗ってる僕的には割と冷静に観察してきたけど、やはり中の人の人柄がそのままキャラクターになってるところが強い。設定とか戦略とかこねくり回したキャラクターがかすむ。

【吉井 宏/イラストレーター】
HP < http://www.yoshii.com >
Blog < http://yoshii-blog.blogspot.com/ >

席に戻ってきて座った瞬間、画面が暗くなってスクリーンセーバーが始まる現象。これに何か名前はあるのかな?

・rinkakインタビュー記事
『キャラクターは、ギリギリの要素で見せたい』吉井宏さん
< https://www.rinkak.com/creatorsvoice/hiroshiyoshii >
・ハイウェイ島の大冒険 < http://kids.e-nexco.co.jp >
・INTER-CULTUREさんの3Dプリント作品販売
< http://inter-culture.jp/Buy/products/list.php?category_id=63 >


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
編集後記(11/19)

●年寄りのメリットは大相撲中継を生で見られることである。いや、年寄りでなくても在宅フリーなら見られるけど。いまや在宅フリー歴より在宅年寄り歴のほうが長くなってしまったわたしだ。でもしっかり見るようになったのはここ五年くらいか。しっかりと言っても、中入り後全部見るというのではなく、だいたい三役が出てくるあたりから見る程度だ。佳境に入るまでは、仕事部屋で本を読んだり調べ物をしていているのだが、妻がリビングで見ているから音声は多少聞こえてくるし、遠藤が出てきたら呼んでくれる。時々見に行く。

東西の力士の土俵入りがある。一列に並んで入場し、四股名を呼ばれて一人ずつ土俵に上がる。この場面に問題がある。力士によって声援・拍手に差があり過ぎるのだ。昨日確認したところ、遠藤、嘉風、勢、逸ノ城、豪栄道、稀勢の里、旭天鵬、高安、安美錦、琴奨菊あたりは大きな声援・拍手がある。嘉風と琴奨菊は九州勢だからとくに多い。ところが、関脇なのに碧山はほとんど無視されている。あまりに露骨な差別待遇ともいうべき状態に、心ある人(わたしも含む)は胸を痛めている。みんなに公平にとまではいわないが、すべての力士に大きな声援・拍手を送り、人気力士はさらに大きな声援・拍手を送ればいいではないか。興行元の日本相撲協会はそれくらいの配慮を観客に求めるべきだ。それが日本人の礼儀だ。

逸ノ城という四股名の「逸」の字の印象がよくないと思った。「みんなの名前辞典」サイトでは、「逸」の意味は、「するりとぬけさる。ぬけてなくなる。記録からもれている。とりこぼした。ルートからぬけ出て横にそれる。世の中のルールからはずれる」とあり、ほらやっぱり力士の名前に相応しくない、それどころか不吉でさえある。ところが続いて「わくをこえる。また、俗な空気からぬけ出て、ひときわすぐれたさま。ルールにとらわれない。気らくなさま。 はやる。わくをこえて何でもやりたくなる」とある。悪くはない。四股名の由来は、本名のイチンノロブのイチと逸材の逸を用いたとある。それには納得するが、「とりこぼした」「するりとぬけさる」はやはり無視できない。

テレビ中継を見ていて思うこと。今日も和服の粋なお姐さんがいるな。横綱や大関の付き人にはけっこうメガネが多いな。お地蔵さんはいるかな(呼び出しさんだと思うが、お地蔵さんみたいな顔をした人が土俵の下にいる。見つけるといつも拝んでいる)。白鵬が最後の仕切りを終えて戻るときの急ぎ姿がけっこうかっこ悪いな。だめ押しはみっともないな。白鵬と日馬富士の張り手は横綱らしくないな。鶴竜は気の毒だが華がなさ過ぎだな。白鵬と勢は体格や仕切りの姿がよく似ているな。高安って坂上二郎に似てるな。贔屓の稀勢の里だが立ち合いでいつも受けてしまう。なぜ前に出ないんだ。場所前まったく話題にならなかったから逆にチャンス到来、なんて思っていたんだが……。(柴田)


●プログラマーの方をご紹介いただけませんでしょうか? 常駐して作業してくださる方だと嬉しいです。zacke@days-i.comまで。

誰もMacを使えない事務所で、人に聞きようがなかった時に、海津さんのAdobe Illustrator本で目からウロコだったことがあります。本屋で出会った時、心の底からお礼を言いました。/「キネティック・サンド」が気になってます。

こんなこと初歩的なこといまさら聞けないや、と思うことはあります……。以前、Acrobatで開いたPDFに赤枠がついていて、プレビューや元のイラレデータにはついておらず、なんでや〜とツイートしたら、解決方法を速攻で教えてくださる方がいらして(確認とっていないので名前伏せておく)、めっちゃ嬉しかったな〜。

英語圏の本の分厚さにクラクラ。ハードカバーだとなおさら。Twitterは日本語に適しているって言われるけど本当だなぁと。/iTunesにそんなショートカットが!!/ふなっしーの対談見逃したなっしー(涙)/「仕事したくないのね、わかるわ〜」モード?

「メリダとおそろしの森」はタイトルで避けていたけれど、TSUTAYAで探してみようっと。「ガーディアンズ 伝説の勇者たち」が面白かった。細部まで動きがあって、一度見ただけでは全部見たような気にはならなかった。いつか二度目を見たい。

いま気になるのは「ベイマックス」と「ザ・レイド GOKUDO」。後者は潜入捜査官vsマフィアvsヤクザだって。グロかったらアレだけど。前作の「ザ・レイド」も見たいな。

ブラックジャックを海外で実写化しないのは何故だろう。ジョニー・デップあたりだといい感じになりそうなんだが。(hammer.mule)

< http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00CO5AQ12/dgcrcom-22/ >
キネティックサンド

< http://www.kineticsand.com.au/ >
動画あり

< >
ガーディアンズ 伝説の勇者たち

< http://www.disney.co.jp/movie/baymax/video.html >
ベイマックス

< http://theraid-gokudo.jp/ >
ザ・レイド GOKUDO。インドネシアの格闘技が出てくる。