[3823] いつもの街が違う世界に...INGRESSにハマる

投稿:  著者:  読了時間:20分(本文:約9,500文字)


《確かに「税」という字をすごくよく見た年》

■装飾山イバラ道[147]
 天敵であり愛しの存在であり
 武田瑛夢

■Take IT Easy![39]
 人工知能の未来
 若林健一 / kwaka1208

■おかだの光画部トーク[127]
 いつもの街が違う世界に...INGRESSにハマる
 岡田陽一




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■装飾山イバラ道[147]
天敵であり愛しの存在であり

武田瑛夢
< http://bn.dgcr.com/archives/20141216140300.html >
───────────────────────────────────
糖質制限を始めてから迎える最初の冬なので、喉の調子がこのまま順調にいくといいなと思っている。糖質制限によって咳き込むことがほぼなくなり、喉飴もシロップもハチミツも買い足しなく済んでいる。

日常生活においてすごい変化だ。しかし、冬は鍋が美味しいし新米やお餅の季節だし、ケーキに焼き芋にと糖質の魔の手が玄関先まで押し寄せてきている。たった今も楽天のセールで買ったおうどんが届いたところだ。

●天敵の糖質

私の場合、あくまでも喉のためと、ウェイトコントロール目的の軽めの糖質制限なので厳格さはない。一回の食事の糖質量を考えているけれど、それは主食的なでんぷん質の糖質のグラム管理程度だ。20g〜40gに抑えられると良いと思っている。

最近のおからやファイバーを使ったパンなどは、糖質が5g程度のものもあって驚く。味はそれなりだけれど、昔のダイエットフードとは違う完成度のものがたくさんある。それぞれの低糖質専門店では、主食を気に入ってもらえば商売的に持続性があるので開発をがんばっているみたいだ。

●大豆の隙間に美味しさをみつける

でもたまにボッソボソの大豆のおそばとか、うんざりするような後味の人工甘味料チョコレートを買ってしまって、真顔で食べていることもある。真顔でボソボソとそれらを食べていると、旦那さんが興味を持つので味見させてこの苦悩をわかってもらったりする。「これなら充分食べれる食べれる」とか言うくせに、その後一切口にしない。

普通のものを知っていると違いがはっきりしてしまうので、いっそ糖質制限食だけにすればそこに美味しさをみつけられるようになるのだと思う。実際に数日間は制限食を食べていると、だいぶそこに美味しさを発見できるようになる。

調味料や片栗粉に代わる粉類も買いそろえたけれど、旦那さんの分と二種類の食事を作るのは大変なので、そこはあきらめた。旦那さんとおかずは同じで、主食やソースを変える程度のゆるさが私には続きやすいみたいだ。

カロリー計算のダイエットと違って、お肉が食べられるのが有り難いし、大好きな玉子やチーズも大活躍する。しかしタンパク質中心の食事はコストがかかりがちだ。菓子パンのように手軽に買えてすぐに食べられるものも少ない。

何かしらの調理が必要なので、いかに糖質中心の食事が便利なものか思い知らされる。ボリュームがあってお腹にたまって、そんなに高くないものは糖質以外で探すのは難しい。あるとしたら「豆腐」である。

●豆腐は味方

昔からある優れた高タンパク食品の「豆腐」はやっぱりすごい。まず美味しい。すっごくまずい豆腐になかなか出会わないように、とりあえず美味しいのが当たり前のものと言える。

そしてバリエーションの多さも素晴らしい。大きめのスーパーの豆腐売り場には各地の高級豆腐がある。油揚げやがんもどきなどもたくさんあるし、高くても豆腐製品の常識の範囲内だ。

低糖おから食品は開発費が高いせいか、ちょこっと取り寄せると4000円〜5000円程度はかかってしまう。豆腐屋さんで売っているおからはあんなに安いのにね。もっと街の豆腐屋さんの価値を認めたらいいのにと思う。

致命的なことに、うちの近所の商店街には豆腐屋さんがない。ずいぶんと前に消えてしまった。朝から冷たい水に手をつっこんで、美味しいお豆腐や豆腐製品を作って並べてというあのフレッシュな感じのお店はお隣の駅にしかない。

うちの街が豆腐屋さんを支えられなかったのだろうけれど、大学の最寄り駅なので学生が多いということもある。確かに豆腐屋で毎日わざわざ豆腐を買う学生は少ないだろうなと思う。

豆腐の素晴らしさのもう一つの点は、飽きないことだ。私は特に絹ごし豆腐のツルンプリン感が大好きで、毎日食べても飽きない。なめこのお味噌汁に入れたり、麻婆豆腐にしたり肉豆腐にしたり。野菜と一緒に湯豆腐にしたり、揚げ出し豆腐にしたり。

この前、私は揚げ出し豆腐のきのこのみぞれ餡かけ、旦那さんには豆腐を揚げ餅に変えて糖質を補った。この揚げ餅のきのこ餡かけはズルイぐらいに美味しくて悔しかった。

味見をしたら意味がないのだけれど、ちょっと食べてしまったのだ。旦那さんは糖質を食べても全然太らないのがさらに悔しい。しかも私の横で遠慮なくお餅5コとか食べるのだ。

糖質制限を続ければ糖質は欲しくなくなるという人がいる。きっとまじめでスキルが高い人だ。私もけっこうまじめな方だと思っていたけれど、まだまだ糖質が好きだ。

たぶん、真横で美味しそうに糖質を食べる旦那さんがいるのと、糖質制限食と糖質料理の両方を私が作っているからだと思う。糖質制限のスパゲティと普通のスパゲティを茹でて、自分で作った魚介のトマトソースを両方にかける。

見た目はほぼ一緒だけれど、その美味しさの違いに愕然とする。5kgまとめて買ってる普通の麺なのに、高額な糖質制限麺のはるか上の旨さなのは、もう確かめないことにしよう。

クリスマスに年末年始にと、これからも魅力いっぱいの糖質たちのパレードが始まる。肉、蟹、豆腐、野菜を味方につけて乗り切ろう。もうお分かりのように、私は糖質が好きな以上に食べることが大好きなので、食への関心と戦いはずっと続くのである。

【武田瑛夢/たけだえいむ】eimu@eimu.com
装飾アートの総本山WEBサイト"デコラティブマウンテン"
< http://www.eimu.com/ >

今年の漢字は「税」だったけれど、私が予想した「嘘」は3位だったようだ。あまりネガティブな漢字は選ばれにくいのかもしれない。消費税については、税込み表示なのか税抜き表示なのかは重要なので、あのカッコ書きにまず目が行くようになったと思う。確かに「税」という字をすごくよく見たな。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■Take IT Easy![39]
人工知能の未来

若林健一 / kwaka1208
< http://bn.dgcr.com/archives/20141216140200.html >
───────────────────────────────────
2014年最後の話題は、人工知能を取り上げてみることにします。

人工知能そのものは古くからありましたが、最近はiPhoneやAndroidで音声会話による操作ができたり、人間が操作しなくても動く自動運転車の登場により現実味を増してきた感があります。

人工知能の発達により生活が便利になっていく反面、人工知能の高度化が加速的になれば、いずれは人工知能が人類を滅ぼしてしまうという懸念も持ち上がっています。このことは、Yahoo!ニュースのトップでも記事が取り上げられるほど一般的な話題になっています。

人工知能で人類は滅亡する?  ホーキング博士の警告で議論再燃
< http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141209-00000021-jij_afp-sctch >

記事の中のホーキング博士のコメントを引用します。

「われわれがすでに手にしている原始的な人工知能は、極めて有用であることが明らかになっている。だが、完全な人工知能の開発は人類の終わりをもたらす可能性がある」

「ひとたび人類が人工知能を開発してしまえば、それは自立し、加速度的に自らを再設計していくだろう」

●私たちのイメージする人工知能

「人工知能が人類に終わりをもたらす」と聞いて、イメージするのは映画「ターミネーター」の「スカイネット」のような存在ですね。

「スカイネット」は人類に敵意を持って攻撃していますが、本当にこんな世界になってしまうのでしょうか。もし、本当に人類よりも賢く高度化するのであれば、人類が戦争を起こすような過ちを犯すことのない知能へ進化し、むしろ人類へ攻撃するようなことはしないのでは、と私は考えていました。

しかし、このような考え方は間違っているのだそうです。そもそもの間違いは
「人工知能が人間の延長線上にあるもの」と考えているところにあります。

私たちがイメージする「人工知能」は、人間の言葉を話し、人間のような形をしていて、人間のような思考をするもの。これらはあくまでも映画の中だけの描写であって、現実の人工知能は必ずしもそうではありません。

●人工知能を擬人化することは、人工知能に対する理解を妨げる

例えば、悪意を持った人工知能のひとつにコンピュータウイルスがあります。コンピュータウイルスの中には、自分自身のコピーを作って拡散し、より多くのコンピュータシステムを利用不能に陥れるものがあります。中には軍事利用に開発されたものがあり、これらは「攻撃的人工知能」の代表格です。

核施設を狙ったサイバー攻撃『Stuxnet』の全貌
< http://wired.jp/2012/06/04/confirmed-us-israel-created-stuxnet-lost-control-of-it/ >

「攻撃的人工知能」は、攻撃する意図をもって開発されているわけですから、その設計意図通りに動作しているだけで、「敵意」といった人間的な感覚も存在していません。

ここではコンピュータウイルスを例として挙げましたが、制御機能や監視機能など単機能のものも含めれば、人工知能は様々な機能や役割を持ったものが考えられます。つまり、人工知能には様々な形態があり、必ずしもヒューマノイド的なものではないと言えます。

●人工知能による攻撃

映画に出てくる人工知能は、武器を使って人類を攻撃してきます。これも映画の中だけの「擬人化された人工知能」で、実際にはそんな面倒なことをする必要はないそうです。

コンピュータウイルスのようなものが、発電や配電施設に入り込んで電気の配送を止めることによって、人類の生活に必要な様々な機能を停止させることができ、人類はあっと言うまに滅亡に追い込まれます。人間の世界でいう「兵糧攻め」のようなものです。

また、「攻撃的な人工知能」だけが人類に危機を与えるわけでもないそうです。例えば、ある高度化した人工知能に対して「地球に優しくしろ」という命令を与えたとして、その結果導き出した合理的な答えが「人類の存在が地球に優しくない」だとすれば、人工知能は「いかにして人類を排除するか?」を計算し、実行するでしょう。

この時も人工知能は人類に対して敵意を持っているわけではありません。人間の指示に従い、人類によって与えられたビッグデータから合理的な結果を導き出したにすぎないのです。

●人類による人工知能の攻撃的利用が人類に終わりをもたらす

以上のことから、「人工知能が人類に終わりをもたらす」ということが、人工知能の人類に対する敵意によるものでない、ということが伝わったでしょうか?むしろ、人類を攻撃するために人類によって作られた人工知能の方が問題であり、直近の課題は「人工知能の進化を止める」ことよりも「人類による人工知能の悪用を止める」ということなのだと思います。


【若林健一 / kwaka1208】 kwaka1208@pote2.net
Take IT Easy! - ひとにやさしいIT
< http://kwaka1208.net/ >
< https://twitter.com/kwaka1208 >
< https://www.facebook.com/kwaka1208/ >

CoderDojo奈良
< http://coderdojonara.wordpress.com/ >


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■おかだの光画部トーク[127]
いつもの街が違う世界に...INGRESSにハマる

岡田陽一
< http://bn.dgcr.com/archives/20141216140100.html >
───────────────────────────────────
毎日通っている道のひとつ奥に、こんなオブジェがあったのか...!

いつも曲がる角で曲がらずに少し先まで歩いてみると、歩道の真ん中にこんなバラ園があるんだ...!

最近、毎日のようにこんな体験をしているのは、INGRESSのせいだ。2014年最後の光画部トークは、ハマっている人は廃人になるくらいハマり、知らない人は何のことだかさっぱり意味不明のINGRESSについてです。

INGRESSとは、早い話が陣取りゲーム。それも壮大で、地球規模で世界中の人が参加している。Android端末やiPhoneを使ってプレイする。

普通、ゲームといえば、どこかに引きこもって黙々とやるものだが、INGRESSは違う。とにかく今まで経験したことがないくらい歩き回る。一日2万歩くらいさくっと歩いてしまう。

スマホでINGRESSのアプリを最初に起動すると、青チームか緑チームどちらに属するか選択を求められる。後から変更できない。青が反乱軍、緑が正規軍といったところか。どちらかの色の「エージェント」となり活動が始まる。ちなみに、わたしは緑。まだまだひよっこのエージェントだ。

アプリには、自分がいる場所の周辺の地図が表示され、そこに青や緑のエネルギーが噴出しているポイントが表示される。お寺や神社、オブジェ、噴水、石碑、お地蔵さんなどがそのポイントになっていることが多い。そのエネルギーが噴出しているポイントのことを「ポータル」と言う。
< https://flic.kr/p/ptwVJm >

このポータルに実際に近づいて、「Hack」の表示をタップする。最初のうちは、ただこのHackという作業を繰り返し、そこから得られる武器やさまざまなアイテム、そしてその場所のキー「ポータルキー」を集める。

青や緑のポータルは、すでに自分の属する陣営の他のエージェントが自軍のものにしたもの。たまに、どちらの色もついていないグレーのポータルを発見することがある。敵に先をこされないように、自分のものにする。

自分のものにするには「Deploy(デプロイ)」の表示をタップする。すると8つのスロットが表示されるので「Resonator(レゾネーター)」を設置する。
< https://flic.kr/p/qqsG2C >
これで、自軍の色に変化する。

自軍のポータルで全てのスロットがうまっている状態だと、「Link」の表示がタップできる。既にあちこちのポータルをハックして集めたポータルキーを持っていると、そこへ直線で結ぶ「Link」することができる。

ただし、既にあるラインは交わることができない。うまく3つのポータル間でLinkが張れると、面ができる。その面で陣地を取っていく。

レベルが上がっていくと、攻撃力も高くなり既に敵の色になっているポータルを攻撃し、自軍の色に変えることができる。
< https://flic.kr/p/ptLnKH >
< https://flic.kr/p/ptLnh8 >

最初のうちは、わけもわからず歩きまわり、手当たりしだいにポータルをハックし、Link可能なら適当にLinkするが、だんだんブラウザ上で大きな地図を見ながら、どこのポータルを攻撃して自分の陣営にし、どこにLinkを張ると効率がよいか、戦略をたてながら行動するようになる。

ところが、そうしている間にも刻々と状況は変化する。そりゃそうだ。大勢のユーザーが昼夜を問わず活動しているのだから、街の状況は常に変わっている。

時間を問わず、自分のポータルも攻撃されるのもまた日常。しょっちゅう通知がくる。
< https://flic.kr/p/qqmcYp >

これにいちいち腹をたててはいけない。このゲームの凄いところは、取って取られたは日常茶飯事、むしろ攻撃されて取られたところは、もう一度取り返すと、また多くの場所に一気にLinkをはることができ、レベルアップの近道になるのだ。

そんなINGRESS、都会と田舎ではずいぶんと活動方法が違う。会社のある神戸─元町─三宮は、もうそこらじゅういたるところにポータルがあり、エネルギーが噴出しまくっている。
< https://flic.kr/p/qqw9j4 >

現実世界で言うと、こんなにもいたるところにアートオブジェや、石碑などがあったことに驚く。普段何気なく歩いてても、気にしていないと見えていないものだ。

都会にはポータルもたくさんあるし、敵・味方共に多くのエージェントが活動している。必然的に細々と歩きまわることになる。

自宅のあるのは田舎なので、数キロ離れた場所にポータルが点在している。
< https://flic.kr/p/q8XyUG >

歩いて多くのポータルを巡るのは無理なので、車での移動で長いLinkを張るのが目的となる。当然、ブラウザで広域Mapを見ながらどこを落とすか考え、実際に現地に行ってハックする。

長い間住んでいるところなのに、通ったことがない道や、公園などがいっぱいで、日々新たな発見がある。いい感じの撮影スポットを、たくさん見つけてしまうという副産物まである。

と、これだけ書いたところで、ハマってる人には、そんなの当然知ってて当たり前のことで、知らない人は依然なんのことだかって話だが、このゲーム、都会では思った以上にウォーキングをする健康的なゲーム。田舎では不要なガソリンを余計に使う環境によくないゲーム。という感じだ。

現実の世界を上手く使ってバーチャルな世界と行き来するような、ハマり要素満載のゲームで、人を夢中にされるヒントがこの中にいっぱい詰まっていて色々参考になるので、まだ足を踏み入れてない人は年末年始にハマってみるのもいいかもしれない。特に運動不足の人にはオススメ。

【岡田陽一/株式会社ふわっと 代表取締役 ディレクター+フォトグラファー】
< mailto:okada@fuwhat.com > < Twitter:http://twitter.com/okada41 >

2014年、いやな出来事の方が多かった一年だったが、なんとか終盤は盛り返せたような気がします。例年になく、あちこちから忘年会にお誘いいただいて、ありがたいかぎり。

2015年も激動の予感がしますが、無理せずふわっと生きていけたらと思います。みなさんも、体調に気をつけて元気に年末年始をお過ごしください!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
編集後記(12/16)

●洗濯槽クリーニングをプロにやってもらった。わが家の洗濯機はまる10年を経過、酷使に耐えてがんばっている。だいぶ前から洗濯機の付近がなんとなく臭うようになった。洗濯槽の内部はときどき布で拭いていたが、やはり各部の汚れが目立ってきた。洗濯槽を外して、内部も掃除したいのだがさすがに素人では無理。ネットで調べて、工程が画像でわかりやすく示されていた「おそうじ本舗」にお任せした。サイトの画像を見たらやらずにはいられない。年末はとても忙しいようで、依頼してちょうど一週間後に地区の担当者が来た。まず見積もり、即OKで作業に入る。洗濯機の上部カバーを外し、ドラム槽、パルセーターを取り出し、可能な限り分解、洗浄する。洗濯機の内部、外部、洗濯パンを掃除する。洗浄は風呂場にシートを敷いて行う。

取り外した洗濯槽や、洗濯機の内部をこわごわと見た。カビがびっしりといった、もの凄いことになっているはずだったが、なにやらぬめりある物体が付着して汚らしい部分はあるものの、予想ほどひどくはなかった。担当者に聞くと、まあ10年でこれくらいは普通ですとのこと。しかし、絶対に放置できない汚れであることは確かだ。それからずいぶん丁寧に、高圧洗浄や専用薬剤を用いて各部を洗って磨き上げ、ほとんど新品同様にしてもらった。10時から開始して、終わったのが13時過ぎ、かなり手強い相手だったようで、予定の時間をオーバーしてしまった。それでも、見積もり通り税込み16,740円には納得。同業他社では10,000円以下で所要60分というコースがあったが、それは無理だと思う。

ある日の朝、500通のメールを受信していた。受け取るべきメールは20通くらいで、ほかはすべて迷惑メールだった。普段はせいぜい毎朝200通、日中もどんどん来るけど、迷惑メールはオレンジに表示されるから、まとめて捨てているのでそれほど苦痛ではない。ブロックするほど邪魔でもない。笑える件名もあるので面白がったりしているし。しかし、朝一で500通とはどういうわけだ。古籏さんに教わった、迷惑メール相談センターに情報を提供して(じつは地道な努力を続けることなく一回しかやっていない)ちょっと経った頃なので「報復かな?」と一瞬思ったが、そんなわけない。500通は一回だけだったが、かなりインパクトのある出来事だった。

迷惑メールの最近の傾向は、シニア向けのセックス強化情報(たぶん)がしつっこいということで、差出人はいつもの個人名(複数)だ。迷惑メール相談センター行きだな。そして、怪しげな差出人も目立つ。例えば、doomo@、yaahoo@、ANAZON@、gogle@、mivi@なんての、笑えます。つい先ほど来たのは、差出人がSAGAWAで、件名が「SAGAWA様より不在通知」一瞬、佐川急便かと思ったらアドレスが変なcomのinfoだった。そういえば、かつて多かった女性個人名からのお誘いがまったく来なくなった。ちょっとさびしいな(笑)(柴田)

< http://www.osoujihonpo.com/house-cleaning/water/inside-washer.html >
おそうじ本舗 洗濯槽クリーニング


●足をくじいた続き。20〜25cmほどある段差に気づかず、足を踏み外した。普段はかないパンプス(でも4cmぐらい)だったから、着地に失敗してしまい、尻餅までつく羽目に。

静かなオフィスに轟音が鳴り響き、皆さんの注目を浴びることに......。心配してくださる方々。す、すみません......仕事中に邪魔を。で、めーーーーっちゃ痛いにもかかわらず、大丈夫ですよな顔をしていたら、痛みがひどくなってしまう。

でもやっぱり言い出せなくて黙々と作業。作業が終わって立とうとしたら、足首が「無理です、やめてください、体重かけないでください、痛いです、重いです、休みください」と言い出した。終電近くまで作業したけどトラブルがあって、翌日へ持ち越し。 (hammer.mule)