LIFE is 日々一歩(3)[スイーツ]2015年、バレンタイン・チョコ戦線(梅田編・その2)/森 和恵

投稿:  著者:  読了時間:9分(本文:約4,400文字)



こんにちは! 森和恵です。もうすぐバレンタインデー。今回は、梅田の百貨店の催事で実際に買ったチョコの話をしますね。

●これから買いに行く人に〜梅田編の総括

今年行ったのは、下記の三か所です。どの会場も、2月14日まで開催中です。

◎阪急百貨店のバレンタイン
< http://www.hankyu-dept.co.jp/honten/h/valentine/ >

質・量・楽しさで総合的に勝っていたのは、阪急百貨店さんでした。

セミナー参加に加え、店頭での15種類のソフトクリームや40種類のカップアイスの販売などは圧巻でした。私は、迷いに迷ってマリベルのカップアイスを選択。ちょうど誰も並んでいなくてひょいっと買えたからです。

会場限定の「ダークオレンジ」をシングルで食べました。超濃厚なチョコでシングルでも満足感は十分でした。何種類も食べ比べたいなら、お友達と行ってシェアをお奨めします。

いろんな国・メーカーの板チョコ(タブレットのこと)を、400種類も集めた「タブレットチョコミュージアム」は、図書館の本のように板チョコをずらりと棚に並べたストイックなディスプレイで、男性の方でも買いやすい売り場だと思います。

ひとつひとつに丁寧に説明書きのPOPがあるところもよかったです。じっくりと見ながら何枚か買ってきましたが、どれも本格的で外れなしです。自分の好みの味をゆっくり見つけてみてください。

◎阪神百貨店のバレンタイン
< http://www.hanshin-dept.jp/hshonten/special/valentine/index.html/?from=9 >




可愛く楽しげでリーズナブルなチョコを狙いたい場合は、阪神百貨店さん。とにかく売り場がカラフルで可愛いのです。こむずかしいチョコのうんちくとかを気にせずに、楽しく選びたい方はこちらの売り場がオススメです。

◎LUCUA サロン・デュ・ショコラ
< http://www.lucua.jp/degibook/?book=book15&page=01 >

もと伊勢丹のLUCUAでは、サロン・デュ・ショコラの関西版をやっていますが、本命のめずらしい海外チョコは第一弾のうちにほとんど終わってしまいました。現在は第二弾を開催中です。日本、特に関西近辺の有名店が揃っていますので、そこを狙う方にはオススメです。

ということで、今年ここで使った総額は、1万9千円也。チョコセミナー参加費+会場で食べたフード(アイスとワッフル。今年はフードが少なかった...)+チョコ10個の合計金額です。

まだ欲しいのが二つあるんだけど、通販で頼んだ分と合わせて4万円近くになっているので、もう打ち止めかなという感じです。SNSで見聞きしてると「40万円使っちゃいました!」とかいう猛者もいらっしゃるので、チョコハンターとしては少ない方かもしれません。

1月29日から、ほぼ毎日チョコを食べているので、そろそろ量的にも飽きが来るころですよね。なんでもそうですが、「もうちょっと欲しいな」というところが引き時だと思います。

●えっ?? と驚く『エスキモー アン ギモーブ』

今年一番記憶に残ったのが、ティエリー・バマスの『エスキモー アン ギモーブ』です。ギモーブとは、マシュマロのことです。マシュマロをチョコレートがけした商品です。

森永チョコアイスバー「PARM(パルム)」のような見ためをしています。大きさはパーティサイズのパルムよりさらに小さい、手のひらにちょこんとのるぐらい。そんな、木のバーに刺さったアイスクリームのようなチョコレートが一本、透明のプラスチックのパッケージに入っていて、2484円。

知らなければ、「えっ? マジで。高くないwww」とスルーされてしまうに違いありません。私も、ほぼ日さんのUST放送で見ていなければ、絶対スルーしました。

< http://www.1101.com/isetan/2015-01-20.html >
※UST放送で見たい方は、01:15分あたりを見てみてください。

放送を見てからこのエスキモーに非常に興味を持っていた私は、LUCUAの会場でみつけて即購入しました。いや、まぁ、買う時に高いなぁ〜とは思いましたよ。思いましたが、「食べておかないと一年後悔する味」とまで言われたら食べたくなるじゃないですか。

で、帰ってから早速食べてみました。一番に食べたのがこれです。一口食べて、放送でみなさんが言っていた感想を理解しました。美味しくて、ねっとりと上品でエッチな味でした。

コーティングしているチョコに少しだけ入っているアーモンドが、カリカリと歯触りにアクセントをだしてくれます。そして、何よりも美味しいのが中のチョコレート味のマシュマロ。ねっとりとダークなチョコレートに仕上がっています。そして鼻に抜ける香りがとても挑戦的な香ばしさ。最後に、スッと溶けてなくなるはかなさ。

めちゃめちゃうまいやん! でした。食べといてよかったです。これほど美味しいチョコをあえて安っぽいPOPなパッケージに表現したのは、ある意味勇気が必要だったんじゃないかなと思います。

今回これを食べてみて、本当にチョコレートとは「一期一会」なんだなと思いました。噂を聞くのも偶然、出会うのも偶然です。それを逃しちゃいけないんですね。

●バラッティ&ミラノの量り売り

次に心に残っているのが、阪神百貨店の『バラッティ&ミラノ』です。チョコだけではなく、キャンディやヌガー、焼き菓子などを袋に詰めて購入できるというフランクな店構えで気軽に購入できました。

量り売り(ばら売り)をしているからそれをもじって『バラッティ&ミラノ』っていう名前なのかな? と思っていましたが、帰宅後にネットで調べたら、イタリア・ミラノにある150年の歴史ある老舗カフェなんだそうです。

軽い気持ちで買って帰って食べてみると、これがなかなかに美味しいのです。びっくりでした。特に『バローロ・キナート』(ワインを練りこんだビターチョコ)と『ブルッティ・エ・ブォーニ』(バニラ風味のメレンゲ焼き菓子)と『ハード・ヌガー』が最高に美味しくて、もう一度リピートでそれだけを何個か買いに出かけたほど。

14日までまだ販売しているので、阪神百貨店に行った人は騙されたと思って一個づつ買ってみてください。ホントに美味しいんだから。

●獺祭のチョコレートバトル

最近人気の日本酒「獺祭」のチョコレートは、阪神百貨店のコラボ企画です。ヴィタメールさんの『獺祭×ヴィタメールショコラ』とゴンチャロフさんの『獺祭ボンボン』の二種類が、店舗を隣にして競うように販売されていました。どちらかひとつに決められず、両方購入してきました。

< http://www.hanshin-dept.jp/hshonten/special/valentine/dassai.html/ >

まずは、ゴンチャロフさんのボンボンから。5個で972円とリーズナブルです。酒(獺祭)のクラスの違いで3色ありました。

日本酒では、米の磨きが多い方が良質なお酒とされてます。【50】は、米を半分削って50%まで磨きこんだもの。そこから徐々にクラスが上がって、【磨き三割九分】(39%残し)、【磨き二割三分】(23%残し)の3種類でした。

最初に食べたのは、まん中の【磨き三割九分】。ボンボンの中に獺祭がシロップになって入っていました。シロップはお酒の香りと味が十分でよかったのですが、コーティングしているまわりのチョコが甘すぎました。うーーーん。獺祭シロップが美味しかったので、これはモッタイナイ。ダークチョコにすべきですよ。マジで。あと残っているのどうしよう...というぐらいの合わなさでした。

次は、ヴィタメールさんのボンボン。2個で864円といいお値段です。中は獺祭をジュレ状に固めたソースとガナッシュクリームの二層構造でした。コーティングしているチョコも風味よく、さすが一定の美味しさ保ってました。ヴィタメールさんは、贈答用のお高いチョコメーカーとしてもファンが多いですもんね。うん。

ということで、軍配はヴィタメールさんでした! 値段から見れば妥当な線ですね。あんまり言いたくないけど、一定レベルの美味いチョコを味わいたいなら、よいお値段になるということですね。もう、日本の量産メーカーのバレンタイン・チョコは買わないデス。トホホ。

お酒のチョコは、阪急百貨店で販売していた『 ダルシー JPDトリュフ 黒龍』も購入しましたが、こちらはお酒の香りがほとんどしませんでした。チョコはおいしかったんですけどね。酒粕をバターに練りこんだ中身だったので、お酒感は弱くなるとはいえ、バターやコーティングしているチョコの香りの方が強すぎて、「あれ?黒龍どこ???」という感じでした。残念。

私自身がお酒好きなので、どうしてもチョコの中にお酒を探してしまっていて、酷評になりがちなのかもしれません。たぶん、来年はもうお酒のチョコは買わないです。

お酒好きの方にチョコを贈る予定のある方は、ストレートに「お酒のチョコ」を贈るよりは、お酒に合うダークチョコを探した方がよいなと思います。阪急の「タブレットチョコミュージアム」に行けば、ナッツの入ったものや、黒こしょうの入ったもの、甘くないとことんダークなもの、ワインに合いそうなベリー風味のタブレットがたくさんありましたよ。

......さて、今回はここまで。来週こそ、バレンタイン・チョコにハマったきっかけのフェリシモさんのお話です。実は既に家に届いてまして、毎日楽しく食べているところです。全部で6種類。どれも楽しみです。

みなさんも、よいバレンタインをお過ごしくださいネ。ではまた!

※記事へのご意見・ご要望は下記より受付ます。
< http://goo.gl/rN5Dg >

【 森和恵 r360studio 〜 Web系インストラクター 〜 】
<site: http://r360studio.com > <twitter: http://twitter.com/r360studio >
<mail: r360studio@gmail.com >
<サイト制作の教科書 r360study: http://www.facebook.com/r360study >


<近況報告>
バレンタインの2月14日に 「スマホサイト制作の基礎」講座を開催します。
< http://www.sansokan.jp/events/eve_detail.san?H_A_NO=18607 >

受講前のポイントをまとめた動画も公開中。自社サイトをスマホ対応したいなと悩んでいる方必見です。
< >