LIFE is 日々一歩(4)[スイーツ]2015年、バレンタイン・チョコ戦線(幸福のチョコレート編)/森 和恵

投稿:  著者:  読了時間:11分(本文:約5,300文字)



こんにちは! 森和恵です。先週土曜日に終わりましたね。バレンタインデー。

そんなバレンタインデーに毎年思い出すのは、小学校五年の出来事です。バレンタインが登山遠足だったその日に、私は不二家のハートチョコレートを持っていきました。

ドキドキしながら山の頂上でリュックサックを開けたら......ハートが見事に二つに割れていました。結局渡せずに終了という苦い思い出です。渡す前から負けが決まってるやんか〜(苦笑)

まぁでも、いま思えば割れてても渡せばよかったかなと思います。そのことを二人で笑えばよかったかもしれませんね。

みなさんは、愛する方に日頃の気持ちを伝えることはできましたか? 気持ちを伝えることができるチャンスは、逃さずにね。大事なことだと思います。

さて。長く続けてきたチョコ戦線の話も、今回が最終話です。フェリシモさんの「幸福のチョコレート」で購入したチョコの話で締めくくります。

【 幸福(しあわせ)のチョコレート 】
< http://www.felissimo.co.jp/selection/v1/cfm/products_list700.cfm?wk=32038&tid=sbn_ot_CHOCO >




●それはいつも、チョコ講座から始まる

4年ほど前から、私のバレンタイン・チョコ戦線はフェリシモさんのチョコレート試食会で始まります。

【 幸福のチョコレート講座 】
< http://shiawase.felissimo.co.jp/html/chocolate_2014/index.cfm >

フェリシモさんのチョコレートバイヤー"みり"さんが、今年オススメのチョコレートを試食を交えて紹介してくれるセミナーです。

今年も参加してきました。八種類のチョコレートが更に並べられ、食べながらチョコレートの薀蓄を聞いて勉強します。今年はどれを買おうか? なんてカタログにメモを取りながら。

< http://r360studio.com/dgcr/dgcr-lifeis04/p1.jpg >

今年の「幸福のチョコレート」で扱っているチョコレートは173点もあり、そのうち半分はこのサイトでしか購入することができません。バイヤーみりさんが、一年かけて世界を飛び回って見つけてきたショコラティエさんたちの作品がずらりと並びます。

今年初上陸の商品は20点。なにかと最新の技法や素材を取り入れているアメリカ産、素朴で懐かしいポルトガル産、チョコの大御所フランスのリヨンの商品などが、おすすめにあがりました。

セミナー中に毎年でる質問ですが、「今年いちおしのチョコレートは?」の答えは、「チョコフィーノ ねこチョコ」でした。「ネコのプリントが可愛くて形だけかと騙されてしまいますが、実は中身が一番のオススメです。めずらしいレモン風味ティラミスが美味しいですよ」とのこと。

【チョコフィーノ ねこチョコ】
< http://www.felissimo.co.jp/selection/v1/cfm/products_detail001.cfm?GCD=598829&GWK=552&iid=p_ot_000000_SCHWRD_S&wk=32109 >

もちろん、買いました。旦那さんがネコ好きというのも理由ですが、やっぱり一番のは食べたいですよね。届いた日にすぐシャンパンをあけて食べました。

チョコとレモンの二層のガナッシュがやわやわで、ぎりぎり形を保っている状態でした。それにちょっとビターよりなチョコレートがコーティングしてあります。口に入れるとトロけてスッとなくなります。とってもさわやかでキュートなお味でした。

< http://r360studio.com/dgcr/dgcr-lifeis04/p2.jpg >

●2015年の戦利品、ベスト3

今年購入したのは、全部で6種類。どれも外れがありません。ぜんぶ美味しいのがここのいいところです。ついつい買いすぎてしまうので、予算20,000円までと決めています。今年は、17,000円に収まりました。

その中からベスト3について、紹介したいと思います。

【 1位:EHチョコレート ブロンディ】
< http://r360studio.com/dgcr/dgcr-lifeis04/p3.jpg >

「チョコレートが美しく、美味しいんです」とバイヤーみりさんが紹介されました。試食会にも出ていたチョコで、皿の上を見た時にすごくきれいで可愛いチョコレートがあると気になっていました。

鮮やかなチューリップのプリントがされたチョコレートの表面は、ぴかぴかと輝いていました。チョコレートの良しあしのひとつに表面の光沢感があるそうで、鏡のように光沢を出すには熟練の技が必要なんだそうです。

そして味。ホワイトチョコレートのはずなんですが、キャラメル味がします。すごく好きな味。そして、中にはしっとりしたクッキーが入っていました。今回、1・2位がクッキー入りチョコレートなんですが、今年の流行りなんだそうです。

惜しむらくは、ボリューム。一個が人差し指の先程のサイズしかありません。それがたった六個しか入ってないのです。あっ! と言う間になくなりました。三倍ぐらいのサイズが合ってもいいのになぁ。

< http://www.felissimo.co.jp/selection/v1/cfm/products_detail001.cfm?GCD=596980&GWK=552&iid=p_ot_000000_SCHWRD_S&wk=32109 >

【2位:アルカディア ビスコイト】
< http://r360studio.com/dgcr/dgcr-lifeis04/p4.jpg >
< http://r360studio.com/dgcr/dgcr-lifeis04/p5.jpg >

ポルトガルのチョコレートです。試食会で同じお店の別のチョコを頂いたのですが、それがちょっと感動するぐらい美味しくてびっくりしてしまいました。とんがってなくて、やさしくて風味のよいチョコでした。

これは、今年注目のクッキーチョコです。「砕いたビスケットフレーク」が入っている聞き、チョイスしたのです。

まず、パッケージを開けてびっくりしました。二色に塗り分けられたパッケージは、ミルクとビターにまん中で分かれていました。凝ってる。縦に長いパッケージでしたが、ハサミで簡単に切り分けられました。

さっそく食べてようと、ブロックを「パキン」と割るとビスケットが中からチラリと顔を覗かせました。食べるとザクザクという食感。ブロックの中にぎっしりとフレーク状のビスケットが入っているのです。外側をコーティングしているチョコレートも真面目な味で美味しかったです。

< http://www.felissimo.co.jp/selection/v1/cfm/products_detail001.cfm?GCD=597174&GWK=552&iid=p_ot_000000_SCHWRD_S&wk=32109 >

【3位:ラ ペッラ トリュフ】
< http://r360studio.com/dgcr/dgcr-lifeis04/p6.jpg >

イタリアの王道チョコ、ジャンドゥーヤ(ヘーゼルナッツチョコ)のトリュフです。ダークチョコとホワイトチョコの二色が入っています。"トリノの真珠"という異名がある一品です。

こちらも試食会で頂いたチョコです。正確には、試食会から持ち帰って頂いたチョコでした。

試食会では、一時間ぐらいの時間に八個もの濃いチョコレートが準備されます。とてもじゃないですが、時間内にすべて食べきるのはムズカシイのです。試食会の参加も四回目になり、馴れている私はタッパを持参していっていました。(初参加の時全部食べて、頭が痛くなっちゃいました。なにせ、カフェインたっぷりですしね)

このチョコを見た時にこう思いました。「あ。これ毎年紹介されるアレだわ。サイズも大振りだし、紙に包んであるし、持ち帰ってゆっくり食べよう」と考えたのです。つまり、あまり期待はしていませんでした。イタリアだし、ジャンドゥーヤだし、大きいし、きっと大味な甘ったるいチョコに違いないと思ったのです。

しかし、翌日、珈琲をお供に食べてみると「うまっ!!!」と声がでるほど美味しかったのです。おかしい...これ、私が知ってるトリュフじゃない。ふわっと綿菓子みたいな口どけ。これ以上軽くチョコを作ることはできないんじゃないかなと感動でした。どうしても、もう一個食べてみたくての購入でした。

< http://www.felissimo.co.jp/selection/v1/cfm/products_detail001.cfm?GCD=598512&GWK=552&iid=p_fc_000000_SCH&wk=32109 >

●実は、ホワイトデー・チョコ戦線もあるのです

さてさて。ここまで四つのオススメチョコのURLをご紹介してきました。どれか一つでもご覧になりましたか? そして、あることにお気づきでしょうか?

そうです。バレンタインを過ぎても、どの商品もまだ買えるのです。「幸福のチョコレート」では、ホワイトディ便というのをやっていまして、3月3日まで購入することができます。本当にホワイトディに使う人もいるとは思いますが、フェリシモのチョコ部では「買い残し・おかわりのラストチャンス」と呼ばれています。

私も毎年いくつかホワイトディ便にて買い足します。予算外です。いま狙っているのは、下の二つです。

【ブボ ジャンドゥーヤ】

昨年、一昨年と二年続けて購入しましたが、やはり今年も欲しくて。マカダミアナッツチョコで、世界一美味しいと思うのです。

< http://www.felissimo.co.jp/selection/v1/cfm/products_detail001.cfm?GCD=597663&GWK=552&iid=p_fc_000000_SCH&wk=32109 >

【エスコヤマのミルクチョコレート】(こちらは本日16日まで)

こちらも昨年購入したもの。ミルクチョコレートでこれにかなう者はいないと豪語できます。ホントにミルクなんです。加えて、焦がしたキャラメルの風味がとても素敵な商品です。一旦は買うのをやめましたが、どうしてもあの味が忘れられなくて...。

< http://www.felissimo.co.jp/selection/v1/cfm/products_list700.cfm?wk=32672 >

私たちの戦いはこの後も続きます(笑)

●2015年のバレンタイン・チョコ戦線、総括

ということで、今年もチョコレートを堪能させていただきました。ショコラティエのみなさま、バイヤーさん、本当にありがとうございます。チョコレートに囲まれて、美味しい一か月をすごせております。

バレンタイン・チョコのハンティングをしていて、毎年思うことですが、コミケで同人誌を発掘している時と似てるなぁ...ということです。

海外のチョコレートは前情報が少ないし、パッケージを見ただけではどんな味かなんてわからない。そして、人気商品は売り切れてしまうので、「また今度」なんて迷っているうちにもう買えなくなってしまいます。

一期一会だし、情報は少ないし、当たりはずれがある。でも、そんな勝負が楽しくてハマってしまう理由なかもしれませんね。

最後に、バレンタインを終えてバイヤーみりさんのメッセージブログを紹介します。

【2015年 幸福のチョコレート!:世界の果てまでチョコレート】
< http://info.felissimo.co.jp/chocoblog/2015/02/2015-1.html >

「チョコでみんなとしあわせに!」

ホントにその通りになりました。日本にいるだけでは、出会えなかったさまざまな味と今年もであうことができました。本当にありがとうございます。

ハッピーチョコレート! また来年!

・・・さて、今回はここまで。次は来月の香盤です。久しぶりに技術系の話をしてみようかな。どんなネタがいいですか? ではまた!


【 森和恵 r360studio 〜 Web系インストラクター 〜 】
<site: http://r360studio.com > <twitter: http://twitter.com/r360studio >
<mail: r360studio@gmail.com >
<サイト制作の教科書 r360study: http://www.facebook.com/r360study >

今月末に Illustrator 入門講座を開催予定です。基礎をきちんと学んでおけば、優秀な味方になってくれるソフトです。この機会にぜひ。
< http://www.sansokan.jp/events/eve_detail.san?H_A_NO=18609 >