クリエイター手抜きプロジェクト[416]AfterEffects CS6〜CC 2014編 プロジェクト内で使用されているエフェクト一覧を出力する/古籏一浩

投稿:  著者:  読了時間:7分(本文:約3,100文字)


今回はAdobe AfterEffectsのプロジェクト内で使用されている、エフェクト一覧を出力するスクリプトです。このスクリプトは各コンポジションごとに配置されているレイヤーに施されているエフェクトを、テキストファイルに書き出します。

スクリプトを実行すると、結果を保存するファイル名を入力するように聞いてきます。ファイル名を入力すると、プロジェクト内にあるすべてのコンポジションを調べて、コンポジションに配置されているレイヤーのエフェクトを書き出します。

なお、AfterEffectsでは表示されているエフェクト名と、内部で使用されているエフェクト名が異なります。そこで、以下のスクリプトでは表示されている名前と内部での名前の両方を出力するようにしてあります。




function outputEffectsList(output){
for(var k=1; k<=app.project.items.length; k++){
var t = app.project.item(k).typeName;
if (t != "コンポジション"){ continue; }
var compName = app.project.item(k).name;
output.writeln("●コンポジション名:"+compName);
for(var j=1; j<=app.project.item(k).layers.length; j++){
try{
var layName = app.project.item(k).layer(j).name;
output.writeln("■レイヤー名:"+layName);
}catch(e){
break;
}
for(var i=1; i<256; i++){
try {
var prop = app.project.item(k).layer(j).property("effect").property(i);
output.writeln(prop.name + " ("+prop.matchName+")");
}catch(e){
output.writeln("----------------------------------");
break;
}
}
}
output.writeln("=======================");
}
}
(function(){
var savefile = File.saveDialog("エフェクト一覧を保存するテキストファイル名を入れてください");
if (!savefile) { return false; } // キャンセルされたら何もしない
var flag = savefile.open("w");
if (!flag){
alert("ファイルに書き込めませんでした");
return;
}
//outputEffectsList($); // ESTKのJavaScriptコンソールに出力する場合
outputEffectsList(savefile);
alert("処理が終わりました");
})();


上記のスクリプトを実行すると以下のように書き出されます。()内にある文
字が、内部で使われているエフェクト名になります。また、コンポジションに
何も配置されていないか、レイヤーにエフェクトが施されていない場合は、エ
フェクト名は書き出されません。

【例】
●コンポジション名:FM
■レイヤー名:keiba.mov
回転 (ADBE Twirl)
モザイク (ADBE Mosaic)
輪郭検出 (ADBE Find Edges)
トーンカーブ (ADBE CurvesCustom)
----------------------------------
■レイヤー名:keiba.mov
輪郭検出 (ADBE Find Edges)
----------------------------------
■レイヤー名:genba.mov
----------------------------------
=======================
●コンポジション名:test
■レイヤー名:keiba.mov
回転 (ADBE Twirl)
----------------------------------
=======================
●コンポジション名:コンポ 1
=======================


ということで、今回は短めです。AfterEffectsのスクリプト制作で役立つページでも紹介して、今回はおしまいです。

・After Effects スクリプトリファレンス
< http://aejsx.hiroshisaito.net/home >


【古籏一浩】openspc@alpha.ocn.ne.jp
< http://www.openspc2.org/ >

イングレス。田舎ではちっともポータル増えないので、ほとんどリチャージ職人と化してます。一応レベル8にはなりましたが。

ずっとPhotoshopのスクリプトと格闘していたおかげで、ほとんどの機能を把握した感じ。しかし、Photoshopの膨大な機能を把握している人って、いるんでしょうか。Photoshopが世にでて、もう25年にもなるとのこと。ずっと現役で最前線で使われているアプリケーションというのも凄い。

・Adobe Photoshop 生誕25周年!
< http://blogs.adobe.com/photoshopjapan/2015/02/19/photoshop_25th_anniversary/ >

・(道路)景観アーカイブ
< http://www.openspc2.org/travel/ >

・Adobe JavaScriptリファレンス
< http://www.amazon.co.jp/dp/B00FZEK6J6/ >

・Illustrator自動化基本編
< http://www.amazon.co.jp/dp/B00R5MZ1PA >

・ExtendScript Toolkit(ESTK)基本編
< http://www.amazon.co.jp/dp/B00JUBQKKY/ >

・Mac : JavaScript for Automation(JXA)例文辞典
< http://www.openspc2.org/reibun/JXA/Yosemite/ >

・jQuery+jQuery UI+jQuery Mobile逆引きハンドブック
< http://www.amazon.co.jp/dp/486354149X >

・jQueryプラグイン逆引きハンドブック
< http://www.amazon.co.jp/dp/4863541619/ >

・データビジュアライゼーションのためのD3.js徹底入門
< http://www.amazon.co.jp/dp/4797368861 >

・4K/ハイビジョン映像素材集
< http://www.openspc2.org/HDTV/ >

・JavaScript逆引きハンドブック
< http://www.amazon.co.jp/dp/4863541082 >

・クリエイター手抜きプロジェクト
< http://www.openspc2.org/projectX/ >

・Adobe Illustrator CS3 + JavaScript 自動化サンプル集
< https://www.ddc.co.jp/estore/cgi/item/start.cgi?m=DetailViewer&record_id=243 >
吉田印刷所の「印刷の泉」でも購入できるようになりました。