装飾山イバラ道[153]鳥肌が立っちゃった!/武田瑛夢

投稿:  著者:  読了時間:6分(本文:約2,600文字)



●アメリカン・アイドルシーズン14

アメリカン・アイドルシーズン14は、今回も地方予選からずっと見ている。審査員の三人は前回と変わらなかった。しかし、今回から合格者ばかりを圧倒的に画面に映すスタイルに変わったような気がしている。

以前はオーディションに参加する不合格の人も、強烈な個性ならどんどんテレビに映っていたけれど、その部分はだいぶ削られた。コミカルで奇抜なだけの人もあまり見かけなかった。

これから候補者が投票によって勝ち抜けて行く中では、歌唱シーンの放送がされた人が圧倒的に有利になる。残っていく人に、限られた放送時間を出来るだけ使おうということではないかと思う。

初めてアカペラで歌う地方予選の様子からハリウッド予選まで、去っていく人のシーン数は減らされている。逆に残っていく人の歌のシーンはしっかりと聞かせて、お気に入りを早めにみつけられるようにしたようだ。




●今シーズンのお気に入りは

日本ではファイナルTOP12が既に決まっていわゆる本戦を放送している。ここから一人づつ脱落していくわけだけれど、私のお気に入りは男性のクラーク・ベッカム(Clark Beckham)と、女性のティアナ・ジョーンズ(Tyanna Jones)だ。ずっと残って欲しいと思う。

男性のクラーク・ベッカム(Clark Beckham)22歳は、なんとも軽く歌っているように見えて声の魅力がすごい。フィリップ・フィリップにも通じる、声を張り上げる時のパワーも男っぽくてアメリカ受けしそうだ。

青い髪で個性的なジョーイ・クック(Joey Cook)23歳も、一度聞くと忘れられなくなるような独特のトーンの声とノリの良さで好きだ。なんだか天才なんだろうなと感じさせる人。日本だと確実に不思議ちゃんの部類だけれど、好きな人は大好きになるタイプのアーティストだ。

女性のティアナ・ジョーンズ(Tyanna Jones)16歳は「Tightrope」という曲を歌って、伸びやかな声も音程も何もかもばっちりで、会場のお客さんを虜にして審査員の絶賛を浴びていた。

審査員のキース・アーバンが「一生歌い続けたいと言った君に感動した。歌は得意だから歌う人もいるし、仕事で歌う人もいる。でも君は喜びを感じるから歌うんだ」と言ってあげて、彼女を泣かせていたのがとても印象的。まさに真の言葉な気がした。

ステージ上で歌う一人から放たれた喜びが、ホール全体の人の気持ちを高めていくような感じ。テレビを通じてもそれが伝わったし、彼女の歌で足がビリビリと響くような、いわゆる鳥肌になってしまって足を押さえた。

次にテレビに映ったジェニファー・ロペスが、私と同じように足を触っていたのが面白かった。鳥肌って、とりあえず触って治したくなるのは皆同じなようだ。実際、彼女は歌を聞いては「鳥肌が立っちゃった!」とよく言っている。

感動で鳥肌になる生理現象の理由っていったい何だろう。ちょっと調べてみたら、もともと鳥肌は獣や鳥が緊張や興奮で毛を逆立てること(威嚇)の名残だけれど、感動の場合はプロセスが違うらしい。

人間の場合は強い感情、感動が生まれると大脳が刺激されて体の筋肉(立毛筋)の収縮が起こり、それが鳥肌として現れるという。恐れや怯え以外に感動でも毛が逆立つのが人間。

感動そのものが他の動物にあるかどうかはわからないから、本当は人間独自のものかは知らない。昔から「感動に打震える」という言葉もあるし、心の動きが体に現れるというのはわかる。打震えた結果が鳥肌になる人もいるということか。

●感動を歌のスパイスに使う

ちょっと前に流行った、青と黒か白と金のドレスの話題の時期がほとんど一緒だったので、アメリカと日本ではあまり時間の差なく放映しているみたいだ。話題のドレスの本物を着て歌った候補者がいたのだ。

私は写真も青と黒に見えたし、ステージ上でももちろん青と黒だったので何が不思議なのかわからないけれど、夫は写真は白と金に見えたと言う。今まであった錯覚の図と違って、別の見方があると言われてもそっちの見え方にできないのが本当に不思議な写真だ。

今シーズンから、合格の結果発表の直後に一人づつすぐ歌う形式にしている。動揺を押さえて気持ちを切り替えるのが大変そうだけれど、うまくいく人は感動を歌のスパイスに使えているようだ。

以前ほどの高視聴率ではなくなり、放送回数を減らすことも目的なのかもしれない。こうなると録画の整理もしやすくなっていい。

録画は気に入った歌のシーンと審査員の評価コメントだけ残して残りを消すと、一時間のものも16分くらいに短縮できる。審査員の評価コメントを残すのは、心からの賞賛を得ている人を見るのはとても気持ちの良いものだからだ。審査員三人の中には厳しいことを言う人もいるけれど、どう厳しく言うのかも参考になっている。

アメリカの公式サイトを見てしまうと、まだ知らない先の結果がわかってしまいそうで、あまり見たくない。Youtubeのリンクもどれが違法性がないかわかりにくいので、候補者に興味のある方は名前で検索してみてほしい。

・FOX アメリカン・アイドル シーズン14
< http://tv.foxjapan.com/fox/lineup/prgmtop/index/prgm_cd/2190 >

録画残量の問題で過去のアメリカン・アイドルの録画を消す作業をしている。ずっと昔だとさすがにもう見なくなってるものも多かったのだ。最後に一回チラッと見てから消しているけれど、録画に残した曲なだけあっていちいち確認しながら泣いちゃってつらい。候補者が去って行くシーンは特にその頃を思い出す。

実は今はすっかり忘れちゃっていた候補者も、WEBで検索したらCDを出しているのがわかると嬉しい。日本のアイドルを応援する人も、これからどうなっていくのかずっと気にしていくのだと思う。昔好きだった人の今というのは、永遠に気になるものなのかもしれない。

【武田瑛夢/たけだえいむ】eimu@eimu.com
装飾アートの総本山WEBサイト"デコラティブマウンテン"
< http://www.eimu.com/ >

冷凍庫が欲しい。冷蔵庫ではなくフリーザーだけのやつだ。あれがあれば肉も魚もうどんもたっぷり入れられるのに。うちの冷蔵庫には二か所冷凍スペースがあるけれど、それでも到底足りなくなってきている。でもあまり貯めると停電が怖い。