グラフィック薄氷大魔王[447]新水性カラーアクリジョンを試してみた/吉井宏

投稿:  著者:  読了時間:5分(本文:約2,200文字)



ちょうど一年前、「有機溶剤の臭いをさせずに立体制作」について書いた。溶剤系のパテやラッカーなどを使わず、水粘土やジェッソや水性アクリル塗料でどこまで可能か? と。

ふたつの中型立体を作ってみた結果、「ある程度はイケるけど、筆塗りではを使った場合の仕上がりには程遠い」だった。

当時、発売されたばかりで情報が少なく、試さなかったものにクレオスの「新水性カラー アクリジョン」というプラモデル用塗料がある。

水性アクリル塗料のアルコール臭でさえ許されない家庭環境と、水性塗料の塗膜の乾燥の遅さや強度の低さに対応して開発されたものらしい。レビュー記事などによれば、「塗膜はラッカー並みに硬いけど、隠蔽力が弱いのが弱点」だそう。

プレスリリースPDF < http://www.gsi.co.jp/up_pdf/20131212141126.pdf >
Hobby Link Japan < https://hlj.co.jp/acrision >

今年12月の展覧会に立体作品を出品する可能性があるので、テストしてみた。結論から言うと、「溶剤臭なし制作には最適だけど、隠蔽力が弱い色には苦労させられる予感」。




・ほぼ無臭

臭いはほとんどない。くんくんしてみると、水性ペンキやアルコールのような臭いがかすかにする程度。よくここまで無臭にできたもんだ。

・塗膜はそこそこ硬い

従来の水性アクリル塗料の「乾いてもペタペタべたつく感じ」がなく、カラッとしている。塗膜は水性アクリルよりぜんぜん硬い。薄塗りならラッカーと同等と言っていい感じ。

でも、厚塗り部分は爪が引っかかれば傷はつくし凹む。三日くらいおいて完全に乾けば、よほどの厚塗り部分以外は凹まなくなるようだ。

・隠蔽力が弱い色もある

ラッカーや水性アクリルなどと、隠蔽力に極端に差があるとは感じない。しかし、黄色やオレンジ系はほとんど透明色なので、白で下地を作ってから塗り重ねる必要がある。筆塗りでムラをなくすのはかなりむずかしそう。

・乾燥の早さはそれほどでもない

固形化し始めるのは早いかもしれないけど、ラッカーよりは明らかに遅い。乾いたと思われた厚塗り部分が表面しか固まってなくて、筆でいじってズルっと剥がれてしまうこともある。しっかり乾かないうちにいじるのはキケン。本格的導入にはドライブースが必要でしょう。

・筆塗り

細かい部分を筆塗りする場合、ラッカーだと筆の先端がどんどん乾いてしまってじっくり描けなかった。アクリジョンだとさすがに水性だけあって、適度に遅くて助かる。ありがたいのは、下地の色が溶け出さないこと。ラッカーや水性アクリルは下地が溶けて色が混ざって大変だったから。

・マスキング

普通にマスキングテープを使えるけど、ムラなく塗ろうとするとどうしても塗膜が分厚くなってしまう。マスキングテープを剥がすととてつもない段差がorz 段差を削ってクリアーを塗ればなんとかごまかせるけど。やはりエアブラシを使うのがベストだろうなあ。エアブラシ用の濃度調整はむずかしいらしい。

・その他

本格的な塗装は実家でラッカーを使うとしても、原型作業にアクリジョンをサーフェイサーとして使えれば助かる。分厚く塗っておいてサンドペーパーかけるのは十分イケる。あと、クリアーは筆塗りでもきれいだし硬い。

写真(特に説明なし)
< http://www.yoshii.com/dgcr/acrysion-P1070533.jpg >
< http://www.yoshii.com/dgcr/acrysion-P9212195.jpg >
< http://www.yoshii.com/dgcr/acrysion-P9212196.jpg >

……どうしても実家制作に行く時間が取れず、東京の部屋で作業しなきゃいけない場合はアクリジョン一択、と言えそう。でも、ラッカーが使えるに越したことないかなあ。


【吉井 宏/イラストレーター】
HP < http://www.yoshii.com >
Blog < http://yoshii-blog.blogspot.com/ >

マンションの郵便受けにチラシを入れてる若いヤツがいて、通りすがりにちょっとにらんでやったら「おはようございます」と。で、そのチラシは近くの整体治療院みたいな店のもの。代表者の写真が……チラシ入れてたヤツだ〜! ……えらいなあw

・パリの老舗百貨店Printemps 150周年記念マスコット「ROSEちゃん」
< http://departmentstoreparis.printemps.com/news/w/150ans-41500 >

・rinkakの3Dプリント作品ショップ
< https://www.rinkak.com/jp/shop/hiroshiyoshii >

・rinkakインタビュー記事
『キャラクターは、ギリギリの要素で見せたい』吉井宏さん
< https://www.rinkak.com/creatorsvoice/hiroshiyoshii >

・ハイウェイ島の大冒険
< http://kids.e-nexco.co.jp >

・App Store「REAL STEELPAN」
< https://itunes.apple.com/jp/app/real-steelpan/id398902899?mt=8 >