グラフィック薄氷大魔王[460]「Procreateはホントに良い」他、小ネタ集/吉井 宏

投稿:  著者:  読了時間:6分(本文:約2,700文字)



●iPad Pro+Pencilの続編

まつむらまきおさんも、同じくクリアファイルやグリップで工夫してるとのことで、親近感w 僕のクリアファイルも曇った感じのもの。

透明度は低いけど線画ラフ専用なので問題ない。紙みたいな感触が良い。グリップはプラチナ萬年筆の、グラマーソフトというシリーズのペンのものを外して使ってる。Pencilは持ったときの重心が後方にあってイマイチなのだが、グリップでしっかり握れば気にならない。

ところで、クリアファイルなしでなんとか描けないかやってたら、ちょっと筆圧を強めにするとけっこう摩擦出るね。軽く描いてると気づかなかったけど、ツルツルカチカチが大丈夫な人は筆圧が強い人なのかも。

そういえば、ゴム球や導電布のペンではどうだろう? と試してみたところ……描きやすい! 画面が広いから手を大きく動かして、描き飛ばしのラクガキラフとか描くと非常に具合がいい。最初に登場したpogoペンですら描きやすい。

う〜ん、旧iPadは画面が狭いから描きにくいと思ってたのは正解だったようだ。とか言いつつ、Pencilがここまで性能がいいのなら、iPad Airやminiなどでも使えるようになればいいのになあ。




●Procreateはホントに良い

iPadのお絵描きアプリをいろいろ試してきたけど、今のところProcreateがベスト。アイディアスケッチやラフ描きにしか使わないものの、「仕事で使える唯一のアプリ」に近い。

他にも優れたお絵描き系アプリはいろいろあるけど、描画機能が優秀なのは当たり前としても、下記の3つの点を兼ね備えたものは他には発見できてない。あれば教えて。

https://itunes.apple.com/jp/app/procreate/id425073498?mt=8

・パソコンとの画像のやりとりがラク

DropboxやiCloud経由で、Macとの画像のやりとりがしやすい。他アプリのように「インポートして配置」ではなく、インポートした画像をサイズそのまま新規画像として開くことができる。レイヤーのままインポートできないのが惜しい(PSDレイヤーを書き出すのは可能)。

・投げ縄選択と編集機能

適当に描き散らかしたスケッチを整理したり、サイズを整えたりできるし、切り貼り移動もできるから、ラフ描きには最適。選択範囲を比率を変えずに拡大縮小したり回らないようする「マグネットをオン」がわかってから、頻繁に使うようになった。

・筆圧調整機能

環境設定の「筆圧曲線を編集」。Painterの「ブラシトラッキング」のように個人の筆圧をグラフで調整する機能。Pencilの標準の筆圧が堅すぎてまともに描けないアプリが多いのだが、この機能があるおかげで軽ーく描ける。

他には、左手のマルチタッチで回転や移動拡大が、紙に近い感覚でできるのは非常にイイ。拡大縮小表示が出来る分、紙より上かも。ただ、グリッド機能がないのが惜しい。画面回転や拡大縮小すると水平垂直やサイズ感がわからなくなるのだ。

それで、Illustratorで作ったグリッド画像を、上のレイヤーに入れることにしている。新規画像を作成するときにはグリッド画像を開いてレイヤーを作って描けばOK。

あと、二本指三本指タップのアンドゥーリドゥーが使いやすい!

もうひとつ、「指モード」を消しゴムにしておくと、Pencilで描いて指で消せる! 超絶便利。

しばらくわからなかったのが選択範囲を消去。選択範囲を作って三本指を上か下に動かすと「カット・コピー・ペースト」のボタンが出てくる。カットすれば消去と同じ。ペーストすると別レイヤーになる。そのへんPainterに似てる。

ブラシ先端の形状やテクスチャは、ブラシの「参照元」クリック「ソースを選択」→「Proライブラリー」から選べる。

ここまできれば、iPadでアイディア出しからラフの清書まで行けちゃう。

●液タブ首いたい

3週間くらいぶっ続けでラフ描きしてると、首が痛い〜。最悪に痛いわけじゃないけど、手元の液タブや紙に作業するのがツライ。軽いスマホネック状態。

原因はもちろん、iPad Pro等でラフ描きをずっとやってたから。下を向かなくていいように、机に台を置いて高くしたり気をつけてるんだけど、3週間もやってると限界が来る。

板タブ+普通のディスプレイに戻ると、姿勢がラクでホッとする。しかし、液タブでずっと描いてから、板タブで描けなくなってしまう弊害が出てる。

板タブで調子がいいときは「液タブいらんわ!」って思うくらい快適に描けるのに、液タブ使ったとたんにダメになる。そんなの十何年も繰り返してきてよくわかってること。

ラフ描き後半戦は液タブ・iPad Proは封印しよう! いやマジに、「液タブを使えなくしてしまえばいい!」とか思ってたから、最終手段として液タブを手放してしばらく板タブのみでやってて特に不自由してなかったのに。液タブを復活させたとたんに元の木阿弥。

iPad Pro+Pencilが描きやすいのは素晴らしいことだけど、「手元を見ながら描く」のは変えられない。姿勢良く真っ直ぐ前を見て、手だけ下で動かす板タブがラクに決まってる。

以前の結論どおり、液タブ的なものは「ラフの清書」など、どう考えても板タブより結果が良いものだけに使うって決めておくのが吉かもしれん。


【吉井 宏/イラストレーター】
HP http://www.yoshii.com
Blog http://yoshii-blog.blogspot.com/

割と順調に進めてるのに、一週間〜10日押しになってる。たいした作業量じゃない修正・追加対応なのに、1〜2日×仕事数で10日くらいすぐ遅れてしまう〜。非常にまずい。あの手この手を使って集中・効率アップ図るのみ……。

・パリの老舗百貨店Printemps 150周年記念マスコット「ROSEちゃん」
http://departmentstoreparis.printemps.com/news/w/150ans-41500

・rinkakの3Dプリント作品ショップ
https://www.rinkak.com/jp/shop/hiroshiyoshii

・rinkakインタビュー記事
『キャラクターは、ギリギリの要素で見せたい』吉井宏さん
https://www.rinkak.com/creatorsvoice/hiroshiyoshii

・ハイウェイ島の大冒険
http://kids.e-nexco.co.jp

・App Store「REAL STEELPAN」
https://itunes.apple.com/jp/app/real-steelpan/id398902899?mt=8