crossroads[38]CoderDojo JapanでScratchの本を出します/若林健一

投稿:  著者:  読了時間:3分(本文:約1,200文字)



こんにちは、若林です。日本のCoderDojoの有志で本を出すことになりました、12月22日発売です。

CoderDojo Japan公式ブック Scratch(スクラッチ)でつくる! たのしむ! プログラミング道場
https://www.amazon.co.jp/dp/4800711517/

タイトルにあるように、Scratchを通してプログラミングの楽しさに触れてもらえる内容になってます。

初めてScratchを使う子どもたちにとっては、簡単な作例から順に取りかかれるようになっていますし、ある程度慣れた子どもたちにとっても、引き出しを増やすいいきっかけになると思います。

この本はCoderDojoで活動する6名による共著で、4月からプロジェクトはスタートしました。




あわよくば、8月27日の「DojoCon Japan」の前に発売できればといいつつ、DojoCon Japanの準備に忙殺されてとてもそれどころではなく断念。

DojoCon Japanが終われば、と思っていたもののそれぞれ忙しくて10月、11月とターゲットスケジュールが伸びて、なんとか年内の発売で収めることができました。

最初は、本を出すということについて具体的なイメージを持てず、どこから手をつければいいのだろうかと思っていましたが、担当編集者の方のリードにより内容に集中して書くことができました。

具体的なプログラムの例を載せる本ですので、本として世の中に出た時に恥ずかしくないようかなり慎重に進めました。子供達に間違ったことを伝えられないというのはもちろんですが、エンジニアとしてのプライドもあります。

それでも何がしかのツッコミがあるのだろうと覚悟はしています。どんなツッコミがあるのかな、amazonのレビューにはどんなことを書かれるのかな、期待と不安が入り時混じった気持ちで、発売日を心待ちにしています。

以前から「本を出してみたい」とは思っていたので、共著とはいえ自分が書いた文章が本になって発売されることはとても嬉しい。

クリスマスには間に合いますし、年末年始の休みを子どもたちと一緒にプログラミングして過ごすいいきっかけになると思いますので、少しでも関心があれば、まずは本屋さんでちらっと立ち読みしてみてください。

そして、この本をきっかけにCoderDojoに参加してみようと思う、子どもや大人が増えればいいな。


【若林健一 / kwaka1208】
http://kwaka1208.net/aboutme/

CoderDojo奈良・生駒〜子どもためのコーディング道場〜
http://coderdojo-nara-ikoma.github.io/

ソーテック社より12月22日発売! 税込2,052円
CoderDojo Japan公式ブック Scratch(スクラッチ)でつくる! たのしむ! プログラミング道場
http://amzn.asia/58Gk80h