腕時計百科事典[31]腕時計のブランド(ブルガリ)/吉田貴之

投稿:  著者:  読了時間:3分(本文:約1,200文字)


おそらく香水のブランドとしてご存じの方が多いであろう「ブルガリ」。ブルガリはイタリアの高級宝飾品ブランドです。そのデザイン力を活かし、魅力的な腕時計をたくさんつくっています。

●ブランドのはじまり

ブルガリのスタートは1884年。ソティリオ・ブルガリがローマで高級宝飾店を始めたのが第一歩です。当初は金銀細工を得意とするジュエラーでした。その後、家族の協力のもと、1905年に店舗を移転します。

この場所は現在のブルガリの本店と同じ場所であるため、実質的にブランドとして再スタートを切ったとも考えられます。

●腕時計の製作

記録によると、腕時計は1940年代から製作していたようですが、本格的に腕時計に取り組むようになったのは1970年代といわれています。そして1977年、現在も人気シリーズの一つである「ブルガリ・ブルガリ」の販売を開始しました。

ブルガリ・ブルガリは大ヒットし、一躍、時計ブランドとしても名を知られるようになりました。




●腕時計の本格化

ブルガリ・ブルガリの成功を受けて、わずか3年後の1980年には腕時計製造を専門に担う「ブルガリ・タイム」を設立。腕時計の技術力と生産性の向上に成功しました。

その結果、「ディアゴノ」や「アルミニウム」など、ブルガリらしいユニークな腕時計の開発に成功、市場から大きな驚きと賞賛を持って受け入れられます。

●カジュアル&スポーティー

高級宝飾店の腕時計、と聞くと、金銀がふんだんに使われた細工の凝った腕時計を想像してしまいますが、ブルガリの腕時計の多くはスポーティなデザインが特徴です。

ただ、見た目はスポーティであっても、素材や製作に用いられる技術は最高のものが導入されています。ブルガリの狙い通り、カジュアルファッションに合わせる最高の腕時計として、富裕層の需要をうまく取り込みむことに成功しました。

●卓越したデザイン力

ベゼル(風防周囲のパーツ)にブランドネームを刻印し、あまつさえブランド名を反復しただけのペットネームをつけた「ブルガリ・ブルガリ」。前述したように、現在もブルガリを代表する腕時計です。

下手するとアクが強く野暮ったいものになってしまいそうなものですが、ブルガリの卓越したデザイン力よって、力強さの中にも上品さの漂う魅力的な腕時計に仕上げています。

●ブランドの拡大

宝飾品と腕時計は、どこか繋がりがありそうな分野なので腑に落ちるのですが、ブルガリのブランド展開は意表をついたものになっています。

日本でも人気の香水を中心に、アイウェアや革製品、ホテル経営にも取り組んでおり、いずれも成功を収めています。

ブルガリは「ものづくり」の一歩先にある「体験」を、デザインや香り、宿泊を通して提供できる、本当の意味での「ブランド」の一つであると言えるかもしれません。


【吉田貴之】info@nowebnolife.com

イディア:情報デザインと情報アーキテクチャ
http://www.idia.jp/

兵庫県神戸市在住。Webサイトの企画や制作、運営を生業としながら、情報の整理や表現について研究しています。