クリエイター手抜きプロジェクト[493]Illustrator CS6〜CC 2017編 選択した図形をドキュメント・アートボードのセンターに合わせる/古籏一浩

投稿:  著者:  読了時間:4分(本文:約1,800文字)



今回はIllustrator用の2つのスクリプトです。どちらも用紙のセンターに合わせます。

まず、ドキュメント全体のセンターに図形を合わせるスクリプトです。図形を選択して実行します。





// 選択した図形をドキュメントのセンターに合わせる
(function(){
var w = app.activeDocument.width;
var h = app.activeDocument.height;
var selObj = app.activeDocument.selection;
for(var i=0; i<selObj.length;i++){
var sW = selObj[i].width;
var sH = selObj[i].height;
var x = (w - sW)/2;
var y = (h - sH)/2;
selObj[i].left = x;
selObj[i].top = -y;
}
})();


ドキュメントのセンターではなく、アクティブになっているアートボードの中央に合わせる場合は、以下のスクリプトになります。


// 選択した図形をアートボードのセンターに合わせる
(function(){
var saveCoords = app.coordinateSystem;
app.coordinateSystem= CoordinateSystem.ARTBOARDCOORDINATESYSTEM;
var idx = app.activeDocument.artboards.getActiveArtboardIndex();
var rect = app.activeDocument.artboards[idx].artboardRect;
var w = rect[2]-rect[1];
var h = Math.abs(rect[3])-Math.abs(rect[1]);
var selObj = app.activeDocument.selection;
for(var i=0; i<selObj.length;i++){
var sW = selObj[i].width;
var sH = selObj[i].height;
var x = (w - sW)/2;
var y = (h - sH)/2;
selObj[i].left = x;
selObj[i].top = -y;
}
app.coordinateSystem= saveCoords;
})();


どちらのスクリプトでも、横方向だけを中央に合わせたい場合は、以下の行を削除してください。

selObj[i].top = -y;

縦方向だけを中央に合わせたい場合は以下の行を削除してください。

selObj[i].left = x;


【古籏一浩】openspc@alpha.ocn.ne.jp
http://www.openspc2.org/

アンケートサイトでアンケートに回答するとポイントがもらえる。ところが、回答したとたんに「ありがとうございました」というメッセージを出されること多数。

海外企業のアンケートに至っては、誕生日を入れただけで終わる。年齢なのか、職業なのか、業種なのか。標準以外の人は、あまり回答できないようになってる事が多いのかも。

・IchigoLatteでIoT体験
https://www.amazon.co.jp/dp/B06X3X1CHP/
http://digiconcart.com/dccartstore/cart/info/2561/218591

・みんなのIchigoJam入門 BASICで楽しむゲーム作りと電子工作
http://www.amazon.co.jp/dp/4865940332/

・Premiere Pro & Media Encoder自動化サンプル集
http://www.amazon.co.jp/dp/4802090471/

・Photoshop自動化基本編
http://www.amazon.co.jp/dp/B00W952JQW/

・Illustrator自動化基本編
http://www.amazon.co.jp/dp/B00R5MZ1PA/

・Adobe JavaScriptリファレンス
http://www.amazon.co.jp/dp/B00FZEK6J6/

・4K/ハイビジョン映像素材集
http://www.openspc2.org/HDTV/

・クリエイター手抜きプロジェクト
http://www.openspc2.org/projectX/