クリエイター手抜きプロジェクト[498]Illustrator CS6〜CC 2017編 ページの余白より内側に収まるようにする/古籏一浩

投稿:  著者:  読了時間:7分(本文:約3,200文字)



今回は、Illustratorのスクリプトで選択した図形を、指定した余白より内側に収まるようにします。まず、左側の余白より内側に収めるスクリプトです。





// 選択した画像が左側の余白以下なら移動させる
(function (){
var text = prompt("左側の余白", "10mm");
if (!text){ return; }
var marginLeft = new UnitValue(parseFloat(text), "pt");
marginLeft = parseFloat(marginLeft);
var selObj = app.activeDocument.selection;
for (var i=0; i<selObj.length; i++){
var x=selObj[i].left;
if (x<marginLeft){ selObj[i].left = marginLeft; }
}
})();

次に、右側の余白より内側に収まるようにするスクリプトです。

// 選択した画像が右側の余白以下なら移動させる
(function (){
var text = prompt("右側の余白", "10mm");
if (!text){ return; }
var marginRight = new UnitValue(parseFloat(text), "pt");
marginRight = parseFloat(marginRight);
var selObj = app.activeDocument.selection;
for (var i=0; i<selObj.length; i++){
var x=selObj[i].left + selObj[i].width;
if (x>(app.activeDocument.width - marginRight)){
selObj[i].left = app.activeDocument.width - marginRight - selObj[i].width;
}
}
})();

次に、上側の余白より内側に収まるようにするスクリプトです。

// 選択した画像が上側の余白以下なら移動させる
(function (){
var text = prompt("上側の余白", "10mm");
if (!text){ return; }
var marginTop = new UnitValue(parseFloat(text), "pt");
marginTop = parseFloat(-marginTop);
var selObj = app.activeDocument.selection;
for (var i=0; i<selObj.length; i++){
var y=selObj[i].top;
if (y>marginTop){ selObj[i].top = marginTop; }
}
})();

次に、下側の余白より内側に収まるようにするスクリプトです。

// 選択した画像が下側の余白以下なら移動させる
(function (){
var text = prompt("下側の余白", "10mm");
if (!text){ return; }
var marginBottom = new UnitValue(parseFloat(text), "pt");
marginBottom = parseFloat(marginBottom);
var selObj = app.activeDocument.selection;
for (var i=0; i<selObj.length; i++){
var y=selObj[i].top - selObj[i].height;
if (y<(-app.activeDocument.height + marginBottom)){
selObj[i].top = -app.activeDocument.height + marginBottom + selObj[i].height;
}
}
})();

【古籏一浩】openspc@alpha.ocn.ne.jp
http://www.openspc2.org/

一年以上かかって、ようやくAfter EffectsをJavaScriptで制御する自動化本ができあがりました。ページ数が1000ページ超のため上下巻にわかれています。(システムの都合だと思いますが、電子書籍はページ数制限があって800ページまで)

Kindle版はすでに販売中ですが、紙版はやや遅れて4月14日に発売になります。

・After Effects自動化サンプルプログラム 上巻
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4844397591/dgcrcom-22/

・After Effects自動化サンプルプログラム 下巻
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4844397605/dgcrcom-22/

長期間にわたって頑張って見続けたNHKの連ドラ「べっぴんさん」は、大変つまらないものでした(まあ、ほとんどの人が同じような評価みたいで……。最初の一週間で不評という……挫折者多数。最後まで何がべっぴんなのか、さっぱりわからず……。脚本の駄目さが別品だったという落ちなのでしょうか?)

「べっぴんさん」は終わった後に調べたら、書いたのは有名な爆死脚本家とのこと。本当に噂通りでした(NHK大河ドラマ「花燃ゆ」の脚本家と並んで有名らしい)。

ちなみに、中身の濃さは現在放映されているアニメ「僕のヒーローアカデミア」の、第二期の一話の最初の5分の内容以下。

べっぴんさんは、ここを書けば面白いのに、という部分が全部書いておらず名台詞もない。主役と周辺がお嬢様なせいか、中流家庭でもついていけないような状態。

手元の小遣いで映画が作れちゃったり、フィルムが高い時代に子供が写真をバシバシ撮影したり、高価なカメラを分解したり……(で、金持ちなのですぐに新たなカメラが調達される)。

ところが、これ以上にどうしようもないものもありました。耐えられず映画館で寝てしまったのが「海街ダイアリー」。見たかったわけではないのですが、見たいというので連れられて……。

映画鑑賞中は眠らない、と言っていた人があまりの退屈さに寝てしまい、私も寝落ちしまくるという状態。原作漫画は読んでいるので、どうかな〜と思ってましたが、これもなんだかなあ……。

・IchigoLatteでIoT体験
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B06X3X1CHP/dgcrcom-22/
http://digiconcart.com/dccartstore/cart/info/2561/218591

・みんなのIchigoJam入門 BASICで楽しむゲーム作りと電子工作
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4865940332/dgcrcom-22/

・Premiere Pro & Media Encoder自動化サンプル集
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4802090471/dgcrcom-22/

・Photoshop自動化基本編
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00W952JQW/dgcrcom-22/

・Illustrator自動化基本編
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00R5MZ1PA/dgcrcom-22/

・Adobe JavaScriptリファレンス
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00FZEK6J6/dgcrcom-22/

・4K/ハイビジョン映像素材集
http://www.openspc2.org/HDTV/

・クリエイター手抜きプロジェクト
http://www.openspc2.org/projectX/