ネタを訪ねて三万歩[147]♪わたしの魔方陣/海津ヨシノリ

投稿:  著者:  読了時間:8分(本文:約3,800文字)



コンピュータを使う上で避けて通れないことが、パスワード問題ですね。

私の場合、どうでもいいモノを除いても、300近いパスワードを管理しています。もちろんセキュリティーはしっかりとしていますが、外出先で忘れてしまうこともあり、色々と事件が発生していましたが、それでもなんとかその場を乗り切ってきました。

要するに、自分にしか分からない暗号メモを持ち歩いているからです。もちろん、必要最低限の情報だけですが……。

そして、大事件が勃発してしまいました。6月15日の月例セミナーでのこと。6月はmodoによるモデリング基本シリーズの二回目だったのですが、なんとMacBook Proのパスワードを忘れてしまったのです。




もうこれほど焦ったことはありません。しかし、運が良いことに前記した暗号メモを持っていました。ところが、そのメモにミスはないはずなのに、どうしてもパスワードを受け付けてくれません。

パスワードエラーで大切な時間を無駄に使ってしまいました。失敗の回数制限はなかったような気がしたのですが、もしかして回数に引っかかってしまったのかも。

とにかく、このままではセミナーを行う事が出来ません。ここでボーンデジタルさんより「予備マシンをお貸しします」という神の声が出て、取り敢えずセミナーは概ね無事に完了しました。

今回の事件の要因は色々あります。

・暫くMacBook Proは使っていなかった
・あり得ない勘違いが複数重なってしまった
・自分の設定した暗黙のルールを読み間違えていた
・恐ろしく疲れていた

もう思い出したくもないわけですが、今後の事を考えて緊急に対策は必要ですね。まっ、一番簡単なのはパスワードロックしたデータファイルを、クラウドにアップしてしまうことでしょうか。

あるいはプロテクトが設定出来るUSBメモリーに、パスワードロックしたデータファイルを入れておく? でしょうか。

とにかく、早急に何とかしなくてはならない問題なので、MacOSとWindowsで共
有できるパスワードを三重に設定し、そのパスワードを魔方陣に記述してみま
した。

一見、かえって忘れてしまいそうな流れですが、三つのパスワードを一つの魔方陣に独自のルールで配置してしまい、残りのマス目にダミーの英数字を入れてしまえば、まず絶対に短時間でハックされることはないでしょう。

独自のルールは私にしか分からない流れで、簡単なのですが、多分絶対に解読不可能だと思います。いや……そう信じたいですね。

あとは定期的に三つのパスワードと魔方陣を変更すればいいだけです。手続きの流れを簡単に説明すると以下の通りです。

1. 一般的なテキストデータを【フォルダーA】に入れる
2. 【フォルダーA】をパスワードを付けて圧縮形式Zで処理して【ファイルZ】を作成
3. 【ファイルZ】をフォルダーB】に入れる
4. 【フォルダーB】をパスワードを付けて圧縮形式Yで処理して【ファイルY】を作成
5. 【ファイルY】をフォルダーC】に入れる
6. 【フォルダーC】をパスワードを付けて圧縮形式Zで処理して【ファイルX】を作成

実はこれにほんの少しだけ、トリッキーな処理を加えていますが、それは秘密にします。さすがに手の内をすべてさらけ出すことはできませんので。

さて、ここで三つのパスワードを明示する魔方陣を、Illustratorで作成し始めたのですが、非効率と判断してMS-Wordの表組みで調整することにしました。

この方が圧倒的に早くできます。出来上がったデータはPDFに書き出し、必要に応じてIllustratorでのサイズ調整が便利でした。

ちなみに私の魔方陣のポイントは、いかにも私のパスワードと誤認してもらえそうなトラップデータを仕込んでいることです。

かつてエンドレスのFlashムービーを幾つか撮影したとき、数パターンの動きがすべて最大公倍数で処理できる設定を組み合わせることで、見ている側は混乱してしまうという流れなのです。つまり……

A. 6で完結を2回繰り返せば12のアクション
B. 4で完結を3回繰り返せば12の音声
C. 3で完結を4回繰り返せば12のアクション
D. 2で完結を6回繰り返せば12の副音声

こんな具合です。そして、今回の魔方陣も乱暴な言い方をすれば、その応用かも知れません。

しかし、なんでこんな面倒なことをしなければならないのか? という疑問は、当然湧いてきます。本当にもうすべてのパスワードは指紋対応にして欲しいですね。それならば、何も考えなくて良いですからね。

しかし、まさかこの歳(内緒)で「エロイムエッサイム、我は求め訴えたり〜」モドキを本気で作るとは思ってもみませんでした。ただし、私の魔方陣は円形ではありません。


■今月のお気に入りミュージックと映画
----------------------------------------------------------------------

[I Wanna Waste My Time On You]by The Crookes in 2015(U.K)

ザ・クルックスが2015年にリリースした四枚目のアルバム "LUCKY ONES" の三曲目。セカンドアルバムに戻ったような雰囲気で、ファン心をくすぐります。

ちなみにこのオフィシャルムービーに出演しているおじさんは、David Westbrookという方で舞台俳優さんのようです。良い味を出していますが、詳しいことは不明です。

The Crookes - I Wanna Waste My Time On You (Official Video)


[Underworld: Blood Wars]by Anna Foerster in 2016(USA, Japan)

邦題「アンダー・ワールド ブラッド・ウォーズ」。2003年から3年ごとに制作されてきたアンダーワールド・リーズの第五作目。ただし、本作は四年ぶりですね。このペースだと2019年か2020年に次回作でしょうか。

とにかく主演のケイト・ベッキンセイルの、キレキレ具合がポイントの映画ですね。最初は軽い気持ちで鑑賞したのですが、いきなりこの世界に引き込まれてしまいました。

この作品と2012年版の「トータル・リコール」のローリー役が個人的に気に入っています。クールな美人が、あの悪役を演じるのですからインパクト絶大です。そういえば1990年にアーノルド・シュワルツェネッガー主演で制作された「トータル・リコール」のローリーはシャロン・ストーンが演じていましたね。

2003年、アンダーワールド(Underworld)
2006年、アンダーワールド: エボリューション(Underworld: Evolution)
2009年、アンダーワールド ビギンズ(Underworld: Rise of the Lycans)
2012年、アンダーワールド 覚醒(Underworld: Awakening)

映画『アンダーワールド:ブラッド・ウォーズ』予告編


【海津ヨシノリ】
グラフィックデザイナー/イラストレーター/写真家/怪しいお菓子研究家

yoshinori@kaizu.com
http://www.kaizu.com
http://kaizu-blog.blogspot.com
https://www.facebook.com/yoshinori.kaizu

ここのところ……友人や知人で、脳梗塞や脳出血で入院する人が続出して、嫌な感じになっていました。今のところ私は、多分大丈夫だと思うのですが、過信は禁物ですね。水分補給も万全ですし……。

そういえば、持ち歩いている水筒の容量が、少しずつ増えています。四年ほど前までは0.3Lだったのですが、二年ほど前から0.48Lに替えて、とうとう0.6Lまで大きくなってしまいました。次は1Lの大台でしょうか。

まっ、今までは足りない分は、コンビニや自販機で買っていたのですから、買わずに済むという意味では量的に変化なしというわけです。

しかし、水分補給だけしていれば良い、というわけにもいきませんよね。とにかく、私は自分の血圧も分からない、だらしなさを反省していたところです。

実は某大学の講師控え室に血圧計があったのです。なんで置いてあるのかは本当に謎です。学生相手でストレス溜まる?……その疑問は未解決でも、面白そうなので、測ってみたところ、最高血圧が128、最低血圧が76、脈拍数が79でした。

ただし、この数字が良いのか悪いのはサッパリ分かりません。授業を済ませて帰宅し、ネットで調べて見た範囲では問題ないようでした。


■7月の画像処理セッションは7月20日を予定しています。
〜Illustratorの基礎【パターンとアピアランスの関係】〜
https://www.borndigital.co.jp/seminar/5313.html

参加は無料で、どなたでも参加できます。詳しくは以下のサイトでご確認下さい。なお、2016年11月開催セッションより事前登録がなくなりましたので、開催時間前に直接会場にお越しください。

◎講演内容

パターン作成と展開の基本を整理し、求めるイメージをパターン展開するためのテクニックを紹介します。

・ルーラーの活用
・ベースパーツの考え方
・アピアランスの活用
・グラフィックスタイル登録