羽化の作法[44]充実していたようだが体調崩す/武 盾一郎

投稿:  著者:  読了時間:7分(本文:約3,000文字)



1996年の11月から1997年2月までは、新宿ベルクの新メニュー「ジャーマンセット」ポスターと、ベルクでの展示を中心とした活動が続いていた。

どうも僕はこの頃から慢性的に体調が悪いようで、制作日記を見ても具合が悪そうなことばかり書いている。

画像がないのが残念ですが、ポスターの構成は、小さな一つ一つの絵をコラージュして全体で一つの絵にするというイメージだった。

驚いたことに、その考え方は今でも同じである。部分にはすでに全体が含まれていて、部分をリズミカルに繰り返し、ネットワークさせながら混沌と増殖させて行き、そうすると違う全体が現れてくる、というイメージである。

同期現象、フラクタル、ネットワーク、カオス、創発、自己組織化みたいなのをリミックスさせて曼荼羅を作ろうとしているのである。

と言っても、当時はイメージを言語化してたわけではなく、ただひたすら漠然と突き進んでいたのだ。





ベルクのポスター展はジャーマンセットポスターを中心に、様々な形にカットされた様々な紙を僕がひたすらドローイングをし、それらを現場で繋ぎ合わせて展示するイメージだった。

ただそれだけではなんとなく物足りない。そこでひとつのキャラクターを思いついた。「わたぶ」というものだ。

「わたぶ」の写真や当時のイラストがないので図に描いてみた。
https://www.facebook.com/junichiro.take/posts/1679271798784367:0


文字通り綿(わた)で作ったキャラクターである。

「人間の108の煩悩を食べて願いを叶えてくれる精神世界からやって来た小動物。やたら大量にいるが本当は見えない」

大きさは基本的には卵を一回り大きくしたくらいだが様々。ダンゴムシみたいな形にまとめて、先っぽに目と鼻をつけただけの至ってシンプルな作りである。

これらのキャラクターを大量に作ってベルクのあちこちに貼り付ける、というアイデアだ。大量に作るので簡単に出来るようにしている。

「何か目に見えない世界の生き物たちがいて、それらがこの世界に立ち現れる」、これはずっと繰り返し自分が表現しようとしているもので、このテキストを書いていて改めて気が付いた。

当時は思いついたことをひたすら無秩序に放出してるだけではあったが、エッセンスとしては最初から同じことをやり続けているに過ぎなかったのだ。

展示直前に閃いたこの「わたぶ」を展示のメインにすることに決めた。「わたぶ」を大量に展示してそこに紙で「吹き出し」を付けて制作日記のテキストを書き込む。

1997年1月2日、始発でベルクに向かい展示をしたが終わらず、3日も始発で展示の続きをやる。展示が増殖していくと「あまりにも乱雑で汚い」と店長から叱られてしまったので、1月4日も始発でベルクに行き展示を整え、やっと見られる状態になった。

それが制作日記No.8の最初のページである。
https://www.facebook.com/junichiro.take/posts/1624731370905077:0


これで前々回の「羽化の作法42」に繋がり、飛ばしてしまった制作日記No.7を埋めることができた。
http://bn.dgcr.com/archives/20170704110200.html
http://take-junichiro.blogspot.jp/2017/07/42.html

◎1997年2月の出来事

・ジャーマンセットの売上が激増

羽化の作法42・43で書いてきたベルクでのポスター展が功を奏したのか(笑)、ジャーマンセットの売上げは上々で、試験的な新メニューは定番メニューとなった。

当時、僕たちはポスター制作に対してはギャラを貰うという発想がなかった。制作が終わると店長・井野さん、迫川さんに食事とカラオケに連れて行って貰った。それがギャラといえばギャラであった。

・アンデパンダン展に参加

日の出の森ゴミ処分場に対して、アーティストたちが反対運動を起こしていて、そのグループに混ざってアンデパンダン展に参加した。出展した作品は、段ボールハウスに描く直前の50号の油絵だったと思う。

・英字雑誌の「東京ジャーナル」からベストアーティスト賞を受賞しパーティに行く

東京ジャーナルに掲載された記事はこちら。
https://www.facebook.com/junichiro.take/posts/1376889975689219:0


ところがベストアーティスト賞の記事がない。プラスチックで出来た三角形のトロフィーを貰ったのだがそれもない。賞にあまり関心がなかったのか、もったいないことをした。

・雑誌「フリークアウト」にインタビュー記事が載る

アーティストの「AKIRA」さん( https://ameblo.jp/akiramania/ )が受け持っていたページで紹介して頂いたものだ。インタビュー記事がまだあった。
こちら→ http://www.akiramania.com/profile/ichiko.html
現在、フリークアウトは廃刊になっている。

箇条書きにしてみると充実してるように見えるが、日記を見るととにかく体調が悪い。

そして3月に入ると高熱が出て、地元の内科に行くが一週間経っても熱が下がらない。タクシーで再度地元の内科に行くと、そのまま大宮のメディカルセンターに入院することになってしまったのだった。(つづく)


【武盾一郎(たけじゅんいちろう)/タムちゃん新作iPhoneケース制作中!】

iPhoneケース展 in 東急ハンズGINZAに出展します!
2017年9月1日(金)〜9月29日(土)
http://iphone-caseten.com/
只今、タムちゃん新作iPhoneケースを制作中です! ぜひお越しください!

Facebookページ https://www.facebook.com/junichiro.take
Twitter https://twitter.com/Take_J
take.junichiro@gmail.co

ガブリエルガブリエラ
Twitter https://twitter.com/G_G_jp
ブログ http://gabrielgabriela-jp.blogspot.jp

目指せジャケ買い!『星野智幸コレクション・全四巻』(人文書院)

星野智幸コレクションI スクエア
http://www.jimbunshoin.co.jp/book/b226418.html

星野智幸コレクションII サークル
http://www.jimbunshoin.co.jp/book/b226413.html

星野智幸コレクションIII リンク
http://www.jimbunshoin.co.jp/book/b226414.html

星野智幸コレクションIV フロウ
http://www.jimbunshoin.co.jp/book/b278897.html