装飾山イバラ道[208]料理に活力、炊飯に大火力/武田瑛夢

投稿:  著者:  読了時間:5分(本文:約2,200文字)



●最新式炊飯器

炊飯器が壊れてしまってからだいぶ経つけれど、まだ買っていない。9月に新商品がたくさん出る予定だからだ。高機能路線に少なかった少量の3合炊きが増えたのが、今年の特長。食卓の人数が減っている事情もあってのことのようだ。うちも3合炊きを買いたいので、この流れはちょうどいい。

炊飯器は毎日使っても10年はもったので、せっかくなら高機能搭載が良いかと思った。しかし、炊飯と一口に言っても、今は炊飯専用のジャーだけが購入候補ではない。

最近はありとあらゆる電気式の調理鍋の得意用途が、「炊飯機能」ということも多いのだ。各社がこの項目を頑張っているように見える。

新しいお鍋を買う決め手が「ご飯が炊ける」からなのは、どうしてだろう。炊飯器でローストビーフを作ったりする、炊飯器調理が流行ったおかげで、炊飯器で美味しいおかずはできたけれど、イザ主食のご飯を炊こうと思うと困る人が多いみたいなのだ。





なんだかおかしな話だけれど、事情はよくわかる。炊飯器でおかずを作った後にすぐに別の容器に移して、内釜を洗って炊飯ってことはなかなかやる気がしないのだ。

おかずは冷めちゃうし、洗い物の中でも大きなアクションになる内釜洗いを、おかずの準備の横でやるのは億劫だ。

電気式だけでなく、圧力鍋でお米を炊く人も多いし、無水鍋や鋳物の鍋まである。IHの調理器の上に鋳物ホーローの専用鍋がつく「バーミキュラ」などの高級鍋も、カタログからしておしゃれだ。

カタログを読んでいるだけで、料理上手になれそうな気分がしてくる。

今年は高級トースターで有名な「バルミューダ」からも電気炊飯器が出ていて、スッキリしたデザインで素敵だ。なんだか「バ」から始まる高級メーカーとしてごっちゃになりそう。

3合炊きで4万円台なので、お手頃路線と言えるらしい。こちらは思い切って保温機能がないという。美味しく炊いてすぐ食べてということか。

料理は創作物なので、イメージの良さは大切だ。実際は普通に使うのだとしても、写真映えする料理も作ろうと思えば作れるらしいというイメージだ。すごく素敵な日常が訪れる(かもしれない)というイメージは、日々の料理の活力のためにとても必要なことなのだ。

もちろん、象印やタイガーなどの炊飯器も忘れてはならない。他メーカーでは、お米の銘柄を指定すると最適な炊き加減にしてくれる炊飯器や、食感の好みを細かく選べるものもある。

もちもちした食感が人気なのかと思うとそうでもなく、しゃっきりという表現で、ベタつかないご飯が好きな人もいるそうだ。

羽釜や土鍋などの本格的な内釜が入っている炊飯器は、大火力で一気にお米を炊き上げたり、スチームでふっくらさせたりなどの機能があるという。蓋の上から加熱できる機種もある。

オコゲも得意な機種も多く、レビューを見ると、最初は感動したけれど毎日オコゲの味が食べたかったのかと言われればそうではない、という意見もあるようだ。なるほどと思う。

そして、玄米がうまく炊ける機能も魅力だけれど、家の炊飯器で玄米を炊いた時は、しばらく玄米っぽい匂いが炊飯器からしてきて困った。白米用と炊飯器を分ける人もいるみたいだ。

●炭水化物バンザイ

ご飯は大好きだけれど、カロリーや糖質のことを考えると、それほどの量を食べるわけにはいかない。

田舎のお兄ちゃんが上京した時に食パン一斤とか、お釜いっぱいのご飯がなくなるとか、そう言った状況があったけれど、それ以来家では見ていない。うちは最寄駅が大学の近くなので、中華屋さんで学生が大量のご飯を食べているのをよく見かけた。

ラーメンライスのライスが、ラーメン丼に山盛りなのを見てビックリ。まるでチャーハンの準備用のご飯を食べているようだ。体育会系の学生だと思う。あれだけモリモリ食べられたら幸せだろうな。

お好み焼き屋さんでも、モダン焼きの麺5玉増しの人は、断面が麺麺麺麺麺って感じで麺ばっかりだった。広島のお好み焼きなのに麺が多すぎて、焼きそばのクレープ乗せになっていた。具はそのままでソースだけは足してくれるようなのでソース色の麺。逞しいなぁ。

炊飯器に話を戻して。私も流行りものは好きな方だけれど、炊飯は毎日のことなので真剣に選ばなければならない。

夫は炊きたてのご飯が大好きだ。炊きたてのご飯を好むあまりに、結局毎回炊飯することになり、保温機能はほとんど使わないことが多かった。

ただ、料理の仕上がり時間がずれることはよくあるので、まったく保温機能がないというのは困るだろうという結論になった。内釜をしょっちゅう洗うので、洗いやすさ、扱いやすさや丈夫さも大切だ。

新米の季節も近いし、毎年楽しみだけれど、未だ炊飯器を決められない。仮の炊飯で出番が多いのは、マイヤーのセラミックポットを使って電子レンジで炊く方法だ。

夫に浸水時間と加熱時間を教えたので、頑張って炊いてくれる。新しい炊飯器を早く決めて、輝くような食卓にしたいものである。


【武田瑛夢/たけだえいむ】eimu@eimu.com
装飾アートの総本山WEBサイト"デコラティブマウンテン"
http://www.eimu.com/

スプラトゥーン2ではランクは時間が経てば上がるので、かなり上がってしまったけれど、ウデマエというスキルの評価はなかなか上がらない。そういうのを人は雑魚と呼ぶらしい(笑)。

C帯から上がってなんとか今はB帯なので、A帯に一度は上げてみたい。S帯っていうレビュアーたちのいる層もあるようだけれど、夢のまた夢だ。最近のお気に入りのブキはボールドで、ヤグラには乗るタイプです。