腕時計百科事典[47]腕時計のブランド(フランク・ミュラー)/吉田貴之

投稿:  著者:  読了時間:4分(本文:約1,500文字)



フランク・ミュラーは1992年創業の非常に若い時計ブランドですが、時計業界、ファッション業界で確固たる地位を築いています。ここまで短期間でトップに上り詰めた時計ブランドはそう多くありません。

機械式時計が大好きだった少年が、世界的な時計ブランドをつくるに至る過程は、フランク・ミュラーの歴史の一部と言えるでしょう。





●ブレゲの再来

フランク・ミュラーの創業者、フランク・ミュラーは1958年生まれ。ラ・ショー=ド=フォンという時計産業の聖地で育った彼は、子供の頃から骨董や精密機械に関心を寄せました。

10代になると、すでにヴィンテージやアンティークとして取り扱われていた時計道具を沢山集め、機械式時計を分解しては組み立てる、ということを繰り返すようになりました。

その後、当然のように時計学校に進学すると、三年間で履修する単位を一年間で修了し、「ブレゲの再来」との評価を受けました。

●時計職人時代

時計学校の卒業時には、有名ブランドからのオファーが殺到しましたが、彼は時計修理を生業とすることを選びます。しかし、どんな時計も直せるようになると、次は自分で創造するほうに関心が移りました。

1986年にはじめてのオリジナル時計を製作。はじめての、とはいえ独自設計のトゥールビヨンを搭載したモデルを披露し、時計業界を驚愕させたのは言うまでもありません。

その後、新作を発表する度に大きな驚きを与え続け、いつの間にか時計業界の最前線が彼の居場所となっていきました。

●実業家との出会い

1992年、実業家であるバルタン・シュマケスのサポートを受け、テクノウォッチを設立。その後、「フランク・ミュラー・ウォッチランド」に社名を変更します。

技術はもちろん、デザインにも高い独創性を発揮した時計は高い人気を集め、ブランドの認知が高まるとともに世界のトップブランドに上り詰めました。

●トノー・カーヴェックスとビザン数字

時計好きなひとが「フランク・ミュラー」と聞いたときに想起する形が、「トノー・カーヴェックス」です。樽型(トノー)のケースは昔から存在するケース形状でしたが、これを腕に添う曲面に仕上げ、装着感を向上させました。

また、インデックス(時を表すしるし)に、「ビザン数字」と呼ばれる特徴的な数字を用いるのもフランク・ミュラーの特徴のひとつです。

●拡大と確執

急成長を遂げたフランク・ミュラーですが、それに伴いフランク・ミュラー自身の仕事に偏りが見られるようになります。

時計製作よりも経営に時間が取られるようになると、それを嫌ったフランクとシュマケスの間に確執が生まれます。この確執はシュマケスがCEOに落ち着くことで収まり、フランク・ミュラーは時計開発に専念出来るようになりました。

技術者の卓越した技術からスタートした企業にありがちなトラブルですが、これを上手く乗り越えられたのは、フランク・ミュラーにとって幸運だったといえるでしょう。

●個性的な作品群

天才時計師のアイデアは尽きることがありません。フランク・ミュラーのラインナップには非常にユニークなものが多いのが特徴です。

たとえば、代表作「クレイジー・アワー」は、文字盤上にランダムに配置されたインデックスを、時針がジャンプしながら指し示すという、奇抜さとそれを実現する技術を兼ね備えた名作です。

フランク・ミュラーの成功をみて、多くのフォロワーが生まれては消えていきました。これは、形やデザインを真似するだけでは決してたどり着けない領域まで、フランク・ミュラーが到達していることの証明かも知れません。


【吉田貴之】info@nowebnolife.com

イディア:情報デザインと情報アーキテクチャ
http://www.idia.jp/

兵庫県神戸市在住。Webサイトの企画や制作、運営を生業としながら、情報の整理や表現について研究しています。