もじもじトーク[77]フォントかるた(前編)/関口浩之

投稿:  著者:  読了時間:6分(本文:約2,700文字)



こんにちは。もじもじトークの関口浩之です。

今年も文字のお話を中心に、ゆるーく楽しくお送りします。2018年もよろしくお願いします。

お正月と言えば「かるた」ですよね! でも、「んっ? お正月はかるたなの?」と思う人が多いかもしれませんね。

実際に、何かしらの「かるた」をやったことある人、どのくらいいますか? アンケートをとってみたいです。

ということで、2018年の最初のテーマは、「フォントかるた」です。





●「かるた」にもいろいろある

まずは、ウィキペディアで、「かるた」を調べてみました。

「かるた(歌留多、加留多、嘉留太、骨牌)とは、カードを使った主に正月に遊ぶ室内遊具である」と書かれています。

なるほど……。漢字で書くと4種類もあるんだ。どれも見たことない漢字でした。

かるたで最も有名なのは、「江戸かるた(犬棒かるた)」ですね。持ってる人、どのくらいいるのだろうか? 気になります。

「いろはにほへと」の読み札を書き出してみますね。

い 犬も歩けば棒に当たる
ろ 論より証拠
は 花より団子
に 憎まれっ子世にはばかる
ほ 骨折り損のくたびれ儲け
へ 下手の長談義
と 年寄りの冷や水

おっ、ぜんぶ、聞いたことのあるフレーズですね。ことわざの勉強になります。

Amazonで「犬棒かるた」で探したら、1,000円ぐらいで買えることが判明したので、衝動買いしてしまいました。

みなさんのお家には、何種類のかるた、ありますか? ちなみに、僕の家にあるかるたを列記してみました。

・犬棒かるた(明日、届く)
・上毛かるた
・ぐんま方言かるた
・フォントかるた
(標準パック、拡張パック白、拡張パック黒、フォントワークス特注版)
・HTML5カルタ ※知人の酒井優さんが作成

あれっ、しっかり、かるたコレクターじゃん。かるたではないですが、欧文フォントのカードゲームも3種類持ってます。

ちなみに、上毛かるた(じょうもうかるた)は、わが故郷、群馬県の郷土かるたです。70年の歴史があるかるたです。

群馬県民なら、ほとんど人が知っているかるたです。冬になると、小中学生は県大会を目指して、公民館で練習したものです。

「あいうえお」の読み札を書き出してみますね。

あ 浅間のいたづら鬼の押し出し
い 伊香保温泉日本の名湯
う 碓井峠の関所跡
え 縁起だるまの少林山
お 太田金山子育て呑竜

上毛かるたの素晴らしいところは、小学生が、地元の群馬の名所や歴史を、かるたを通じて身に付いちゃうことなんです。

●「フォントかるた」を知ってますか?

巷で噂になっている「フォントかるた」をご存知でしょうか?

まずは、フォントかるたを写真でご紹介します。じゃーん!
http://bit.ly/2FKMJp6

おまけで、僕が持ってるかるたの皆さんにも登場してもらいます。じゃーん!
http://bit.ly/2DpSgTC

そして、先週1月10日に、僕が主催するセミナーに「フォントかるた制作チーム」の4人をお招きして、FONTPLUS DAYセミナー Vol.12[新春フォントかるた祭]を開催しました。
https://fontplus.connpass.com/event/74858/

フォントかるた(基本パック)には、読み札と取り札が、48枚づつ、入っています。そして、取り札には、「愛のあるユニークで豊かな書体」と描かれています。

「愛のあるユニークで豊かな書体」と聞いて、ピーンときたひとは、フォントマニアです! そうです。写植(写真植字)メーカーの写研が、書体見本帖で使っていたサンプル文章です。

なお、フォントかるたに収録されているフォント48書体は、こちらです。

かるた BOLD/リュウミン B-KO/ヒラギノ明朝体 W8/小塚明朝 M/游明朝体 M/A1 明朝/マティス EB/ヒラギノ角ゴ W7/ゴシックMB101 B/游ゴシック体 B/こぶりなゴシック W6/太ゴB101 Bold/MS ゴシック/メイリオ/AXIS FONT ベーシック M/中ゴシックBBB/ゴナB/新ゴ R/新丸ゴ M/ヒラギノ丸ゴ W6/秀英丸ゴシック B/じゅん 34/筑紫A 丸ゴシック Bold/ナールDB/ナウ MU/わんぱくゴシックN B/ナウ GU/ハルクラフト Heavy/ハッピーN H/タカハンド B/くもやじ R/フォーク B/丸フォーク B/カクミン B/竹 B/創英角ポップ体/はるひ学園 L/明石 L/正楷書CB1/角新行書 M/モアリア B/教科書ICA M/ふい字/武蔵野/TB 古印体/勘亭流/プリティー桃 Bold/凸版文久明朝 レギュラー

これを見たら、「無理ゲー」と思うかもしれませんが、慣れると、そうでもないですよ(笑)

みなさんが見慣れている書体は、「MS ゴシック」と「メイリオ」の2書体だと思います。Windowsで標準搭載されているフォントです。あとは、iPhoneやMacで標準搭載されている「ヒラギノ角ゴ」ですかね。

さらには、「A1 明朝」は「君の名は」で使われている書体ですし、「マティス」は「エヴァンゲリオン」で使われている書体ですし、「創英角ポップ体」は街中でよく見かける、ゆるかわいい書体の代表選手なのです。

フォントかるたを、みんなに見せると、「こんなの無理ゲー」「これを買う人は変態だねー」と最初、言われます。

でも、そんな感じで慣れてくると、「無理ゲー」ではなくなります(笑)

一緒に遊んでいるうちに、「メイリオ好きー」とか「私のマイカードは筑紫A 丸ゴシックだよー」とか、わいわい盛り上がります。飲みながら遊ぶといいかもです。

あと、おすすめなのは、一人フォントかるた。最初は、一枚一枚、裏返しながら、書体と書体名を覚えることから始めます。明朝体、ゴシック体、丸ゴシック体、その他、に分類して比較するのも楽しいですよ。

「フォントかるた」は1年前に発売されましたが、それを制作された4人組は、知り合いのデザイナーさんでした!

今回は、フォントかるた(前編)で概要を紹介しましたが、次回のフォントかるた(後半)では、書体の見分け方、セミナーの様子をお送りします。


【せきぐち・ひろゆき】sekiguchi115@gmail.com
Webフォント エバンジェリスト
http://fontplus.jp/

1960年生まれ。群馬県桐生市出身。電子機器メーカーにて日本語DTPシステムやプリンタ、プロッタの仕事に10年間従事した後、1995年にインターネット関連企業へ転じる。1996年、大手インターネット検索サービスの立ち上げプロジェクトのコンテンツプロデューサを担当。

その後、ECサイトのシステム構築やコンサルタント、インターネット決済事業の立ち上げプロジェクトなどに従事。現在は、日本語Webフォントサービス「FONTPLUS(フォントプラス)」の普及のため、日本全国を飛び回っている。