デジクリトーク/日韓中が仲悪いのはフツー デジクリ偏執部

投稿:  著者:  読了時間:2分(本文:約800文字)



早坂隆「新・世界の日本人ジョーク集」中公新書ラクレ(2017)にあった、おもしろい日本人ネタ・ジョークをいくつか、勝手ながら紹介します。この本からネタを拾ってパーティなどで披露すれば、あなたはモテモテになること間違いありません。保証はしかねますが。6)で大笑い。

それにしても、韓国人がからかわれているジョークが多いのはなぜでしょうね。





1)悪癖

韓国の国会議員たちが議論していた。

「私たちは、うまくいかないことがあるとすべて日本のせいにする悪癖がある。これは改めるべきではないか」
「確かにそうだ。しかし、この悪癖の原因は何だろう?」
長い議論の末、議員たちは次のような結論を出した。
「悪癖の原因は日本にある」

2)共通の話題

問い:日本人と中国人の間で、最も盛り上がる話題とは?
答え:韓国人の悪口。

3)祈り

中国人と韓国人と日本人が話をしていた。中国人が言った。
「私は韓国人がこの世からいなくなるよう祈る」
それを聞いた韓国人が言った。
「私は中国人がこの世からいなくなるよう祈る」
日本人は黙っていた。二人が聞いた。
「君は何か祈ることはないのか?」
日本人はこう答えた。
「特に祈ることはない。二人の祈りがしっかり叶ってくれれば」

4)教科書通り

アメリカの病院の診察室で、医師が日本人の患者に聞いた。
「How are you?」
日本人の患者が答えた。
「I'm fine thank you. And you?」

5)過去形

日本の小学校で英語の試験が行われ、次のような問題が出題された。
「次の英語を過去形にしなさい。
「I go to Tokyo.」
スズキ君は解答用紙にこう書いた。
「I go to Edo.」

6)初優勝

問い:サッカー日本代表がワールドカップで初優勝した後、日本人がすることと言えば?
答え:プレイステーションの電源を切る。


新・世界の日本人ジョーク集
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4121506057/dgcrcom-22/