[4516] シンギュラリティ革命で不要階級に落ちないために

投稿:  著者:  読了時間:32分(本文:約15,700文字)



《日本、沈没。》

■Otaku ワールドへようこそ![274]
 シンギュラリティ革命で不要階級に落ちないために
 GrowHair




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■Otaku ワールドへようこそ![274]
シンギュラリティ革命で不要階級に落ちないために

GrowHair
http://bn.dgcr.com/archives/20180223110100.html
───────────────────────────────────

『シンギュラリティサロン@東京 #25』[2/17・土]聴講レポート

名称:シンギュラリティサロン@東京 第25回公開講演会
日時:2018年2月17日(土)1:30pm〜4:00pm
場所:リコー IT ソリューションズ株式会社本社
   晴海アイランド トリトンスクエア オフィスタワーX 42階
主催:シンギュラリティサロン
共催:株式会社ブロードバンドタワー
   リコーITソリューションズ株式会社
講師:松田卓也氏(神戸大学名誉教授)
演題:『教育のシンギュラリティ』

講演概要:

人工知能とロボットの発達により、今後10〜20年で多くの仕事が失われていくだろう。それを技術的失業と呼ぶ。それに伴って新しい仕事も生まれてくる。

技術的失業をした人々は、より高度な新しい創造的仕事に移るか、あるいはより低賃金の既存の仕事に移るかしなくてはならない。高度な仕事に移るには、そのための技術を習得しなければならないが、それがどんなものかは今は分からない。

言えることは、学校で学んだ技術や知識が急速に陳腐化していくことである。それを防ぐには、我々は常に学ばなければならない。真の意味での生涯学習である。既存の学校システムがそれに適するかは分からないが、やはり独学が重要になってくる。ここでは独学の一手法としてのオンラインコースの利用について紹介する。また教育の人工知能化についても論じる。

定員:100名
入場料:無料
https://peatix.com/event/348978
聴講者:小林秀章(記)

【タイムテーブル】

13:30〜15:00 松田卓也氏講演『教育のシンギュラリティ』
15:00〜15:30 自由討論

【ケバヤシが聴講する狙い】

「狙い」と言っても、このところは、講演者が誰であろうと、内容が何であろうと、聴講しにいくほうがデフォルトになっている。このイベントは、だいたい月に一回のペースで、東京と大阪で開催される。

過去、呼ばれて講演した方々は、計算機科学や人工知能やロボティクスの第一線で活躍する著名な研究者が多く、ひょっとするとシンギュラリティの実現に大きく寄与するかもしれない人もいる。例えば、下記のような面々。

・齊藤元章氏(PEZY Computing)
・石黒浩氏(大阪大学教授)
・光吉俊二氏(計算機科学者、彫刻家)
・金井良太氏(株式会社アラヤ 代表取締役)
・井上智洋氏(駒澤大学経済学部准教授)
・山川宏氏(ドワンゴ人工知能研究所 所長)
・三宅陽一郎氏(株式会社スクウェア・エニックス)
・前野隆司氏(慶應義塾大学教授)
・一杉裕志氏(産業技術総合研究所 人工知能研究センター)
・高橋恒一氏(理化学研究所 生命システム研究センター)
・姫野龍太郎氏(理化学研究所 情報基盤センター センター長)
・五十嵐潤氏(理化学研究所 情報基盤センター 上級センター研究員)
・塚本昌彦氏(神戸大学大学院工学研究科教授)

シンギュラリティサロンは、講演に90分、自由討論に30分と、たっぷりめに時間がとってあるのがよい。ほぼ毎回、客席は満杯となり、自由討論の時間は30分延長してもまだ足りないくらい、活発な議論が続く。

今回は、シンギュラリティサロンを主催する松田氏が、みずから講演する。松田氏には下記の著書があり、シンギュラリティを日本から起こそう、との掛け声の下に、このサロンを主催している。

松田卓也『人類を超えるAIは日本から生まれる』廣済堂出版(2015/12/28)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01FX286NM/dgcrcom-22/

今回は、シンギュラリティそのものの中心に迫る話題ではなく、それが遠からず起きる、あるいは部分的にはすでに起きているという前提の下、それに伴って生じる技術的失業などの社会構造的な変化に対して、個々人はどのように対処すべきかという、周辺的な話になるようである。

シンギュラリティとは、機械の知能が人間のそれを上回るとき、といちおう定義づけされているけど、ならば知能をどう定義するかというと、そこがなかなかむずかしい。知能は意識とはまた別物だし。

前者が備わっていて後者が備わっていない状態、あるいはその逆を思考実験的に想定することが容易にできる。

知能も意識も、ちゃんと定義できたら半分解明されたも同然、みたいなところがある。そのへんが明快になっていない以上、シンギュラリティもちゃんと定義できているとは言い難く、そこにややこしい議論が生じやすい。

私は、シンギュラリティが起きるためには、意識が備わっている人工知能、いわゆる「強いAI」が必須で、そのためには、意識の謎が解明されている必要があり、それにはあと300年ぐらいかかるであろう、という立場をとる。

一方、松田氏は、シンギュラリティにとって意識の有無はどうでもよく、意識の備わっていない、いわゆる「弱いAI」にも、非常に強力な知能を備えうるという立場をとる。なまじ意識が備わっちゃうと、SF映画などでよく描写されるように、愛だの人権だのとややこしい問題が生じるので、ないほうがすっきりすると。

その状態は、私のイメージするシンギュラリティとはちょっと違うけれど、しかし、弱いAIにも人間の領域を脅かす強力な思考機能が備わりうるという点については、同じ考えである。

シンギュラリティの言い出しっぺは、レイ・カーツワイル氏である。私は松田氏を勝手に「日本のレイ・カーツワイル」と思っている。


【概要】

技術的失業により、真ん中の山がドシャッとつぶれるとき、大多数の人は左へ行って不要階級に甘んじるしかなくなる。右へ行ってハッピーになるにはどうしたらよいか。答えは生涯勉強。月月火水木金金。

真ん中の山とか、左とか右とか、どういうことか。横軸に所得・スキルをとる。右へ行くほど高所得・高スキルになる。右端には経営者やトップクラスのクリエイターがいる。一方、左端には肉体労働者や感情労働者(接客業など)がいる。真ん中には、いわゆるサラリーマンなどの定型的事務労働者がいる。

縦軸に人数をとる。そうすると、両端が低く真ん中が高い山なりのグラフになる。機械が賢くなって人間の仕事を奪うようになると、真ん中の山が一気につぶれる。

左の方には、機械がやってやれないこともないけど、人間がやったほうがコストが安く上がる低賃金・低スキルの仕事が残っていて、大多数の人々はそっちに行くしかなくなる。

社会の機能という観点からすると、いてもいなくてもいい、不要階級となる。労働の大半は機械が行うので、人に残されている部分はたいしたことなく、コンビニでトラックからおろした商品を陳列棚に並べるとか、その程度のものになる。

ベーシックインカムが敷かれれば、労働も必要なくなり、大半の人々はバーチャル空間で遊び、ネトゲ廃人のような人生を送る。

つぶれた山から逃れて右へ行けるのは、ごくごく少数である。賢くなった人工知能にもできないような、マネジメントやクリエイティブ方面の知的労働に携わることになるかもしれない。

消えゆく職業に代わって新たな職業が生まれるであろうが、それがどのようなものかは現時点では分からない。

確かなのは、ずっと勉強し続けなくては追いつかないということ。学校を卒業するまでみっちり勉強すれば足りるというものではなく、勉強すべき内容は新たに次から次へと湧いてくるので、置いていかれないようにするためには、生涯、勉強し続けなくてはならない。

学校が頼りにならないなら、独学である。本で勉強するのもいいけれど、オンラインのビデオ講義でいいのが出てきている。英語の聞き取りと読解の能力は必須。

日本はすでに世界のトレンドから取り残され、孤立して情報鎖国のような状況になっている。世界の最先端の情報を、誰かが日本語に訳してくれるのを待っていても、誰もやってくれない。実際、今あるビデオ講座と同内容の日本語版はどこにもない。


【前提】

松田氏の講演内容は、イスラエルの歴史家であるユヴァル・ノア・ハラリ氏の未来ビジョンが色濃く反映されている。「世界の第二の大分岐」とか、「超人類の誕生」とか。

なので、そこだけ先に抜き出して、ハラリ氏の歴史観や未来ビジョンがどのようなものか、大きな絵を前提知識として共有しておくほうが、内容にすんなり入っていけるのではなかろうか。

□ユヴァル・ノア・ハラリ氏がダボス会議で講演

世界500万部のベストセラー『サピエンス全史』の著者である、イスラエル人の歴史学者ユヴァル・ノア・ハラリ氏がダボス会議に招かれ、1月24日(水)、人類の未来について講演した。

いわく、我々はホモ・サピエンスの最後の世代になる。40億年の生命の歴史で、初めて自然淘汰の法則から脱却し、自身で進化の方向を設計するようになる。最も重要な資産はデータ。

□背景

「ダボス会議」とは正式名称を「世界経済フォーラム年次総会」と言い、毎年1月末に5日間、スイスの保養地ダボスで開催される。世界の政治、経済、学問のリーダー約2,000人が集まり、世界情勢の改善や人類が抱える問題について議論する。

過去の出席者には、米国の元大統領であるビル・クリントン氏、ロシアのプーチン大統領、日本の安倍晋三首相、南アフリカ共和国元大統領のネルソン・マンデラ氏、フランシスコ・ローマ法王、マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏などがいる。

今年は、1月22日(月)〜26日(金)に開催され、米国のトランプ大統領、ドイツのメルケル首相、フランスのマクロン大統領ほかが出席した。

ユヴァル・ノア・ハラリ氏は、イスラエル人の歴史学者であり、ヘブライ大学歴史学部の終身雇用教授。

著書『サピエンス全史』は2011年にヘブライ語で出版された。2014年には英語版が出版され、その後30に迫る数の言語に翻訳された。世界で 500万部のベストセラーになっている。

ユヴァル・ノア・ハラリ
『サピエンス全史(上・下)文明の構造と人類の幸福』
河出書房新社(2016/9/9)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01LW1KQEZ/dgcrcom-22/

最新の著書は、2015年にヘブライ語で出版された『Homo Deus: A Brief
History of Tomorrow』。

ユヴァル・ノア・ハラリ
『ホモ・デウス』DVD BOOK
宝島社(2017/6/17)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4800273161/dgcrcom-22/

ハラリ氏は、1月24日(水)2:15pm GMT(日本時間11:15pm)からダボス会議で講演している。タイトルは『Will the Future Be Human?』。

ハラリ氏の講演はYouTubeに動画で上がっている。


歴史学者がダボス会議に呼ばれること自体めったにないことだが、ハラリ氏は、ドイツのメルケル首相と同じくらい会場を満杯にし、さらには、控室でメルケル首相から「あなたの本を読みました」と声をかけられたのだとか。

以下、ケバヤシによる要約。詳しい内容は上記の動画でご確認ください。

□ユヴァル・ノア・ハラリ『未来は人間的か?』

我々はおそらくホモ・サピエンスのほぼ最後の世代となる。

1〜2世紀後、世界は、今の我々とは大きく異なる姿をした存在に支配されている。その差異は、今の我々がチンパンジーやネアンデルタール人と異なるよりも、もっと大きなものとなる。

次の世代、我々は、身体と脳と心を工学的に操作する手法を獲得する。それらが、経済を回す主要な製品となる。繊維製品や乗り物や武器ではなく。

未来において、データを支配した者が、人類だけでなく、人間の生命そのものを支配する。データが最も重要な資産となる。

古代においては、土地が最も重要な資産だった。少数の人が大部分の土地を支配したことで、人類は貴族と平民の二つの階級に分離した。

近代に入り、過去2世紀においては、土地に代わって産業機械が最も重要な資産になった。少数の人が大部分の機械を支配したことで、人類は資本家とプロレタリアートの二つの階級に分離した。

いま、データが最も重要な資産として、機械に取って代わろうとしている。もし、少数の人が大部分のデータを支配するようになると、人類は、クラスではなく、別々の種に分離する。

では、なぜデータがそんなに重要なのか。それは、我々が人間そのものをハックできる地点に来ているから。

人間をハックするには、ふたつのものが必要である。ひとつは、膨大な計算パワー。もうひとつは膨大なデータ。身体の内側や脳の内側で、何が起きているかに関するデータがいちばん重要。何を買ったかとか、どこへ行ったかとかのデータではなく。

人間をハックすることは、歴史上、スペインやソビエトの権力がいかに強大でも、なしえなかった。しかし、状況は変わりつつある。それは、ふたつの革命が同時進行中であることによってもたらされつつある。

ひとつはコンピュータサイエンス、特に機械学習と人工知能の進歩。

もうひとつは生物学、特に脳科学の進歩。チャールズ・ダーウィン以来の150年にわたる生物学の研究は、ほんの一言で要約することができる。「オーガニズム(有機体)はアルゴリズムである」と。

情報工学(infotech)と生命工学(biotech)のふたつの革命が合流したときに獲得するのは、人間をハックする能力である。我々の身体や脳内における有機体のアルゴリズムを、コンピュータに記録して解析できる電気信号のアルゴリズムへと翻訳することが、最も重要な発明となる。

アルゴリズムが解明されると、我々が自分自身を知っているよりも、もっと深く自分自身を知ることができるようになる。我々は、実は、自分自身のことをよく知らない。

アルゴリズムには、10億ドルスケールの価値がある。人が何を欲し、どう感情が動き、何を決断するかを、本人以上によく予測し、活用することができる。

気をつけていないと、デジタル独裁主義が台頭してくるかもしれない。民主主義や独裁主義は、政治や道徳の観点から論じられがちだが、実は、データ処理の手法に関する違いである。意思決定のために必要なデータや計算パワーを広く分散させる民主主義と、一か所に集中させる独裁主義の違いである。

今までは、分散型のほうがうまく機能していた。しかし、それは時代に特有な技術的背景のおかげでそうなっていたにすぎない。21世紀になり、AIや機械学習などの領域での新たな技術革命により、振り子が逆側に振れる可能性がある。

集中型のほうが、ずっと効率的になっていくかもしれない。この流れに民主主義が適応できなければ、人類はデジタル独裁主義の支配の下に生きることになりうる。

データの独占支配は、さらに過激な状況をもたらす可能性がある。エリートは、生命そのものの未来を再設計する力を獲得するかもしれない。それが達成されたら、人類史のみならず、40億年の生命の歴史で初の大革命となる。生命の進化は自然による選択の法則から、我々自身の手によるインテリジェントな設計の下へと移行する。

科学の進歩により、生命は有機体から解放され、無機物の上に存在できるようになる。

だからこそ、データの所有権が重要となる。これをルール化しないと、ごく少数のエリートが我々の社会ばかりか、生命形態の未来をも握ることになる。

どうしたらデータの所有権をルール化できるか。土地に関しては一万年の歴史があり、産業機械については数百年の歴史があるけれど、データに関しては経験が浅い上に、本質的な困難性がある。

データはどこにでもあって、なおかつ、どこにもない。光速で移動できるし、いくらでもコピーが取れる。

私自身のDNAや脳や身体や生命に関するデータは誰のものか? 私自身か?どこかの企業か? 政府か? あるいは人類の集合知か?

現時点ではデータは企業に握られていて、懸念材料となっている。しかし、国に預けて国有化したとしても、懸念は解消されない。デジタル独裁体制が台頭する結果に終わるだけだろう。

多くの政治家は、演奏家が楽器を演奏するがごとく、演説によって人々の恐怖や怒りや嫌悪などの感情を煽る。そんな演奏家の手に、より洗練された楽器を渡すのは、いいこととは思えない。生命と宇宙の未来を預けられるほど、信頼に足る相手のようにはみえない。

多くの政治家は、意義のある未来ビジョンを構想する能力を備えているようにはみえず、むしろ、過去を指向するノスタルジアを売り物にしている。

それでは解決にはならない。歴史学者として、過去についてふたつのことが断言できる。第一に、過去は、戻りたいと思うほど面白いところではない。第二に、過去に逆戻りしたりしない。

データの所有権をどのようにルール化すべきか。正直、即答できない。科学者や哲学者や法律家や詩人など、多くのジャンルの賢人たちに呼びかけ、これから議論を始めるべきだ。人類の未来、のみならず、我々の生命の未来がそこにかかっている。


【内容】

□「私の」シンギュラリティの定義

二段階のシンギュラリティ

1〉プレシンギュラリティ
・人工知能(Artificial Intelligence; AI)が知的能力で人間を追越すとき
・2029年
・技術的失業
・世界の第二の大分岐

2〉シンギュラリティ
・AIが人類を圧倒的に追い越すとき
・2045年
・人類史が大きく変わる
・超人類の誕生?

「シンギュラリティは起きるか?」は定義の問題もあるとしながらも、部分的にはすでに起きているとの見解を示した。

□ コンピュータ囲碁プログラム、衝撃の進化

コンピュータプログラムが、チェスや将棋、囲碁において人間のトッププレイヤーを負かすといった、誰の目にも分かりやすい事象が起きれば大きく報道され、衝撃が広まる。しかし、その背景にはプログラムの急速な進化があり、獲得した能力と進化のスピードのほうにこそ、驚くべきものがある。

AlphaGoは、Google DeepMind社によって開発されたコンピュータ囲碁プログラムである。2010年にDeepMind Technologiesとしてイギリスで起業された会社が2014年にGoogleに買収され、現在の社名になった。

・2016年3月、AlphaGoがソウルでイ・セドル九段を4勝1敗で破る
・2016年末から2017年初め、AlphaGoの新バージョンMasterがオンラインで
 60勝0敗
・2017年5月、Masterが中国の柯潔九段を3勝0敗で破る。柯潔、泣く
・2017年10月、AlphaGoの新バージョンZeroが登場
  - 人間の棋譜を必要としない
  - 学習開始3日でAlphaGoの域に達する。100勝0敗
  - 21日目にMasterの域に達する。89勝11敗
・2017年12月、Alpha Zeroが登場
  - チェス、将棋、囲碁に対応
  - チェスではStockfishと対戦、先手で25勝、後手で3勝、72局で引き分け
  - 将棋では、佐藤天彦名人に勝ったponanzaに勝って最強ソフトとなった
   elmoと対戦し、90勝8敗2分
  - いずれも学習時間は数時間

Alpha Zeroについて、ponanzaの作者である山本一成氏は、「悔しい」という言葉をもって悔しさをストレートに表現している。
https://note.mu/issei_y/n/nf95db8205da3

「ただ変な話だが、これで正しいのだ。私が技術的失業感を味わうのが正しいのだ。Alpha Zeroのアルゴリズムはある意味とてもシンプルで、人工知能を志したことがある人なら、誰しもが考える王道を走っている。技術は職人の神秘を科学に還元して、誰もが手軽に使えるようにしていく」。

Alpha Zeroのやつ、囲碁だけが強いのではなく、汎用化という横の方向へ能力を伸ばし始めたという点が、いちばん空恐ろしい。

既存のAIはすべて「特化型」であった。囲碁のプログラムだったら囲碁しかできず、部屋を掃除してくれたり、お使いに行ってきてくれたりしない。特定の機能に限って人間を上回るだけだった。これは、縦方向の能力獲得である。

一方、シンギュラリティが起きるためには、汎用性が必要と言われている。オールラウンドに何でもこなすようにならなくてはならない。汎用化が今後のAIの課題である。これは横方向の能力獲得である。

人間のように基本的に何でもでき、常識を備えたAIを汎用人工知能(Artificial General Intelligence; AGI)という。HAL9000とかドラえもんとか鉄腕アトムとかタチコマとか。Alpha Zeroはそこへ向かう第一歩と言えるかもしれない。

意識をもたないAIを「弱いAI」というが、この「弱い」という言葉に惑わされてはならない。意識を備えなくても汎用性を備えた恐ろしく強力な「弱いAI」は実現しうる。

□シンギュラリティと人間社会の第二の大分岐

ここでユヴァル・ノア・ハラリ氏の思想が登場する。人類史上 (未来も含む)、4つの革命と2つの大分岐が起きる。

4つの革命とは、
・認知革命(ほぼ7万年前)
・農業革命(ほぼ1万年前)
・科学革命(17〜19世紀)
・シンギュラリティ(2045年)

認知革命において、人は主観でも客観でもない「共同主観」というものを獲得した。存在しないもの、すなわち「虚構」をみんなで信じることができるようになった。神、貨幣、国家、会社、人権など。

例えば、電車が一本走るにしたって、駅員や運転手だけでなく、鉄道の敷設や車両の製造やその材料の採掘・運搬まで遡れば、何万人もの人が協力し合って初めてなしうることである。その人たちは、協力して鉄道を走らせましょう、と誓い合って任務についたわけではない。

共同主観があってこそ、赤の他人どうしの暗黙の協力がなしうるようになった。
他の動物にない、人間独自の特性である。

農業革命と科学・産業革命において、最重要資産の寡占が階級の分離を招いたことは前述した通りである。

科学・産業革命は第一の大分岐を招いた。波に乗っかれた国と乗り損なった国である。前者は欧米と日本で、帝国主義勢力となった。残りは後者だが、多くの国々が先進国に収奪されて植民地化した。中国と韓国は「百年国恥」と捉えている。

中国の衰退とこのところの巻き返しがすごい。下記サイトに掲載されているチャートが非常に興味深い。世界のGDPが国別でどのようにシェアされているかの変遷を表している。
https://www.theatlantic.com/business/archive/2012/06/the-economic-history-of-the-last-2-000-years-in-1-little-graph/258676/

かつて強大なパワーを誇っていた中国は、1950年あたりでキューッと細っている。逆に、同じ年にピークに達した米国はその後、相対的に徐々に縮んできている。この流れを延長すると、今に中国が一国で世界の覇権を握りそうな勢いである。

米国が一国で覇権を握っているのはいろいろ懸念があり、ヨーロッパやロシアや中国やインドなどが台頭してきて分散する傾向はいいかなと思っていたが、今の流れは中国の一極集中に向かっているように感じられ、それはそれでちょっと心配ではある。一国に集中するなら米国がいいのか、中国がいいのか。昔、「究極の選択」っていうのがあったなぁ。

日本はどうかというと、私が誕生したあたりからいい調子にシェアを拡大しているが、1980年あたりをピークにまた細ってきている。

さて、第4の革命がシンギュラリティであり、これが第2の大分岐をもたらす。乗っかれれば21世紀の先進国となり、圧倒的な豊かさを謳歌する。乗り遅れると、どうなるか分かったもんじゃない。脳内BGMは『昭和枯れすすき』。

「世界には先進国と発展途上国と日本とアルゼンチンしかない」と言ったのは、スティグリッツ教授。二極の間を渡ったのは2か国しかないってことだ。日本は下から上へ、アルゼンチンは上から下へ。

日本はこれからどうなるのか。第2の大分岐に乗り遅れて再転落する模様がはっきりしてきたと思う。そこは、松田氏も私も見解が一致する。

日本、沈没。

□エリート対不要階級

国別にみれば上記のとおりだが、一国内ではどのようなことが起きるか。

概要で述べたように、真ん中の山がドシャッとつぶれ、大多数は左へ行き、ほんの一握りが右へ行く。右の道の先にあるのはエリート。支配階級とその周辺。左は不要階級。政治的・経済的に無価値な人々。21世紀の人生ゲーム。

裕福か貧乏かの違いだったら相対的なものにすぎないが、ハラリ氏の思想を借りてくるならば、右へ行った人は、死ななくなり、ホモ・デウスという名の神みたいなものになるらしい。

右に行くにはどうすればよいか。答えは一生勉強。これに尽きる。

これまでの人生モデルは、教育20年、仕事40年、その後は引退して悠々自適の隠居生活、それでよかった。

これからは、学術の急速な進歩によって、人類は新たな知見を次々に獲得する。学校で学んだ知識はすぐに陳腐化していく。今得た知識は10年ともたない。知的好奇心、向学心がないと生き残れない。

□オンラインビデオ講義がよい

大学の90分講義では、集中力がもたない。ネット上にあるビデオ教材は、もっとうんと短い時間単位で一講座が編成されている。

ビデオ講義は途中で止めてトイレ、コーヒーOK。居眠りしても、巻き戻せば取り返しがつく。何度でも見ることができる。

代表的なオンラインコース:
・Khan Academy
 https://www.khanacademy.org/
・Coursera
 https://www.coursera.org/
・Udacity
 https://www.udacity.com/
・Udemy
 https://www.udemy.com/

□毎日が日曜日から月月火水木金金

松田氏は1943年3月12日生まれ。まさに70の手習い。現役時代は宇宙物理学が専門だった。今は、AIに転向。新たなジャンルで一から勉強しなおしている。

現役引退したら、毎日が日曜日だった。しかし、今は違う。月月火水木金金。もともとは大日本帝国海軍で用いられたフレーズで、軍歌にもなっている。土日も返上で働くという意味。

秘密研究所で秘密研究会を催している。週に4回、1回に5時間。神経科学、計算論的神経科学、機械学習、コンピュータビジョン、ロボット工学。数学、英語、コンピュータをこよなく愛する人、来たれ。

□次回はAI×アート

次回のシンギュラリティサロンは、3月11日(日)に東京大手町で催される。テーマはAI×アート。中ザワヒデキ氏と、ナニワのシュルレアリストこと中野圭氏が登壇する。
https://peatix.com/event/351900


【所感】

松田氏による『教育のシンギュラリティ』の講義は、1月14日(日)に大阪で開催された『シンギュラリティサロン』でも聴講している。二度聞いたからというわけでもないけど、すっかり感化されている。まだ読んでもいないハラリ氏の本から影響を受けているとも言える。

勝ち組へ行くか負け組へ行くかという実利的なことを抜きにしても、純粋な好奇心から勉強はいつまでも続けていたい。できれば、月月火水木金金の100%勉強生活にさっさと入りたいという気持ちはある。

私も松田氏の秘密研究会に入れてもらえたらと思う。けど、平日に週4回で、会場が大阪じゃ無理だ。そう言うと、松田氏は、仕事なんかさっさと辞めちゃいなさい、と言う。いやいやいやいや、そんなに簡単におっしゃいましても、そればっかりはエイヤッ、スパッってわけにはいきませぬ。路頭に迷うわけには参りませんゆえ。

意識の謎について答えが知りたい。何世紀にもわたって、哲学の問題として議論されてきて、膨大な言葉が吐き出された割には答えに近づいていっている感じがぜんぜんしなくて、堂々巡りだった。

しかし、今は、答えはまだまだ遥か先にあるような感じはするけれども、脳科学と人工知能の急速な進展により、扉がほんの少しずつ開き始めていて、実質的に、前に進んでいっている感じがする。

つまり、勉強する甲斐のある、非常に面白い時代に生まれ合わせているのだと思う。謎が徐々に解けていくところを、リアルタイムで目撃できる。

外野から眺めていて、研究開発の成果だけを後から見て驚かされてばかりいるのでは面白くない。学術の進展を中心でウォッチしたい。そのためには、学術研究の最前線を走っている専門家と、専門領域について話ができる程度には、こっちも基礎知識を備えておかなくてはならない。せっかく教えてもらってもちんぷんかんぷんでは話にならない。

意識の謎が見た目以上に深遠で、解明までにあと300年かかったとしても、それによって期待外れのがっかり感が世に広まり、第3次AI冬の時代に突入してしまうかと言えば、もうそうはならないような気がする。

Google DeepMindのAIが急速に進歩を遂げていたり、中国が教育のAIに5兆円もの投資をしたりするのを見れば、行き詰って進展が止まってしまうような感じがぜんぜんしない。

1962年12月生まれの私は、松田氏のほぼ20年後を走っている。四捨五入すれば60歳になる。そろそろくたびれ感が出てきたかなぁ、気分は半分隠居でいいかなぁ、なんて、勝手に年寄りくさい風を吹かせたりなんかしているときに、やけにシャッキリして威勢よく吠えまくる松田氏を見ると、ひえっ、恐れ入りましたぁ、どうもすみませんでしたぁ、という気持ちになる。希望の星である。

アンチエイジングだか何だかで、見かけの若さを取り繕うのはどうでもいいけど、精神の若々しさはいつまでも保っていたいものだ。


【GrowHair】GrowHair@yahoo.co.jp
セーラー服仙人カメコ。アイデンティティ拡散。
http://www.growhair-jk.com/


《古い記憶を照合》

前回、小学生時代の同級生との音信が次々に再開していっていることを書いた。
『40年の歳月が変えたもの』
http://bn.dgcr.com/archives/20180209110100.html

岩本宣子はG神Y介と相思相愛だったと書いたが、岩本がG神に聞いてみたところ「相思相愛じゃねーよ!」と無下な答えが返ってきたとか。

まだ同じクラスにもなったことがないとき、全校朝礼の後で憎まれ口を叩いてきたことを岩本本人はぜんぜん覚えていないという。内気だった私がそんな強気な真似するはずないんだけどなぁ、と。ひょっとして、スカートめくりとかしてたんじゃないでしょうねぇ。あ、それでした、すいません。

《どこよりも遅い新年会》

2月16日(金)、見晴らしのいい都内某所で、「どこよりも遅い」と銘打った新年会があった。主催するのは中村伊知哉氏(慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授)。

中村氏は、昨年11月に開催された「どこよりも早い忘年会」で、2020年ごろに「i大学」を設立し、学長になると宣言した。すべての学生に一度は起業を経験させるのが特徴だ。現在、教員募集中とのこと。

新年会には、各界の錚々たるお歴々が集まった。CGアーティストの河口洋一郎氏は、私が大学に在学している当時、すごい作家さんが現れたもんだなぁ、と雲の上の方という感じで見ていた。東京大学大学院情報学環の教授になられている。

「ナニワのシュルレアリスト」こと中野圭氏(大阪芸術大学アートサイエンス学科准教授)は、2月10日(土)に大阪で開催された『シンギュラリティサロン』で初めてお目にかかったばかりだ。一週間経たないうちに再会。脳科学者の中野信子氏のダンナさんだ。

ミーハーな私は、一緒に写真を撮らせていただく。
撮影:岩切等氏
https://photos.app.goo.gl/ofd7IFSVc5MdlrDb2

《十日町と津南へ雪を見にいく》

2月11日(日)、12日(月)は新潟だ。大阪から直接向かいたいと思っていた。ところが調べてみると、昔の北陸本線はブツ切れの第三セクターになっていて、直通する列車がぜんぜん走っていない。大阪から新潟に行く標準的な鉄道ルートは、東京経由の新幹線だ。つまらんつまらんつまらん。結局、北陸経由はあきらめて、大阪を日帰りにして、翌朝新潟に向かった。

十日町のリオン・ドールでパンツを買ったら、レジのおばさんが私のことを覚えていてくれた。福井では車1,000台が立ち往生するほどの大雪に見舞われていたが、十日町だけはぽっかりと雪が少なかった。

津南行のバスに乗り、終点で降りて、さて駅はどこかと見回してもない。2.6kmも離れている。夜通し降り続いた雪は止んだし、気温はたぶんプラスだ。歩こう。もし知っていたら、2つぐらい手前のバス停で降りたほうがまだ近かった。

中津川にかかる長い鉄橋は、人の足跡は埋もれかかっていたが、やや新しめの動物の足跡がついている。神社にはかまくらが作ってあったが、人の気配がない。本を読む姿は妖精っぽくないですか?

写真。撮影:岩切等氏。
https://photos.app.goo.gl/ueddr9MQ6ulaxS503


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
編集後記(02/23)

●福和伸夫「次の震災について本当のことを話してみよう。」を読んだ(2017/時事通信社)。筆者は名古屋大学教授、減災連携研究センター長。赤地にタイトルの漢字と日本地図が白抜きと大目立ち。「見たくもないもの」と、最悪の事態を防ぐために「何をしたらよいか」が盛り込まれた良書。文章はヘタです。

南海トラフ大地震。最悪の場合、震度7の揺れは東海地方から、四国、九州まで10県153市町村に及ぶ。国民の半数が被災者になる可能性があり、内閣府の想定では最悪で死者32万3000人、但し関連死は考慮されていない。含めれば100万人になる恐れがある。この地震は「いつか来るかもしれない」のではなく、「必ず来る」。「リスク」ではなく「カタストロフィー」、破滅である。

教授は「シン・ゴジラ」の制作者に「なんであんな防災映画をつくったんですか」と聞いた。わ、直球だな。「10数年ぶりに作るゴジラは国民映画ですから、日本人に伝えるべき最も大切なことをメッセージとして入れたいと思いました。だから東日本大震災であり、原発事故であり、今心配されている巨大地震を彷彿させるような映画を描いたんです」と、納得のいく言葉が返ってきたという。

自然災害危険度の世界一は東京・横浜、4位が大阪・神戸、6位が名古屋である(スイスの再保険会社「スイス・リー」が公表)。震度7以上の揺れでも大丈夫な建物は日本に一つもないらしい。災害の頻度が高いだけでなく、脆弱な土地に3000万人以上が密集しているのは、先進国では日本の首都圏だけである。

阪神・淡路も東日本も、日本の力で頑張って何とかなるギリギリのサイズの被害だった。しかし「次は違う」のである。関東大震災の火災、阪神・淡路の家屋倒壊、東日本の津波の三つが同時発生する超広域災害が、人口集中するひ弱い複数の都市を襲う。それが来たるべき南海トラフの巨大地震なのである。

現代社会の決定的な弱さは、電気、水道、ガス、燃料、道路や鉄道などのインフラに拠ることだ。それらはまたネットや通信に過度に依存し、複雑に関係しあっている。ひとつのインフラがやられると、他のインフラにも連鎖して拡大し、生死の問題や社会の破綻に直結する。インフラは連鎖的な麻痺状態となる。

生きるために何より必要な水は、電気がなければ供給されない。超広域の災害ではガスの供給にも限界がある。現代人は電話連絡やデータ通信ができないと無力である。インターネット途絶で銀行の決済もできず、電子カルテを用いる病院も機能しない。ゴミや排水の処理ができない。環境省は南海トラフ大地震で最大3.2億トンの災害廃棄物が発生すると試算する。東日本大震災の約16倍。

この地震は従来の地震の延長で考えてはならない。これまでがリスク(危険)やクライシス(危機)だとすれば、次はカタストロフィ(破滅)になる。更に最悪のケースは、南海トラフ大地震の前に首都直下型地震が来ることで、首都機能が壊滅していたら…。筆者は「減災ルネッサンス」を提起する。(柴田)

追加:大災害に対応する政府の様子を描いた「シン・ゴジラ」はじつに興味深い映画だった。DVDを買おう。カヨコ・アン・パタースン抜きでうまく再編集したバージョンないだろうか。

福和伸夫「次の震災について本当のことを話してみよう。」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4788715368/dgcrcom-22/


●女子のスピードスケート500m後に流れたコカコーラのCMに驚いた。「メダルおめでとうございます。」

他のことをしていたのでちゃんとは見ておらず、「いま、メダルおめでとうって言ったよね?」と家人に確認したぐらい。

私はあまりCMを見ない。リアルタイムでテレビをあまり見ず、録画だと飛ばすし、そうでない時はCM時に活動したり、チャンネルを変えたりする。

なので、こういう手法が最近は多いのかなと検索したら話題になっていたわ。いくつものパターンを用意していたのではないかとのこと。たくさん使えるといいな。

/女子パシュートの時にはちゃんと見ることができたよ〜。 (hammer.mule)

綾瀬はるか メダル獲得直後の乾杯CMに驚きの声「全種目分あるのか」「乾杯したい」
https://www.daily.co.jp/gossip/2018/02/13/0010983057.shtml

綾瀬はるかのコカコーラ乾杯CMで考えるテレビCMの未来
https://news.yahoo.co.jp/byline/tokurikimotohiko/20180219-00081793/