Scenes Around Me[28]東京大学駒場寮の事(7)鳴神[3]・ラムネ展/関根正幸

投稿:  著者:  読了時間:4分(本文:約1,700文字)



歌舞伎「鳴神」を下敷きにした中村しのぶさんの芝居ですが、最終日は会場のオブスキュアギャラリーで公演の写真を撮りました。

当時使っていたカメラ(Contax TVS)はシャッター音が静かだったので、かなりの枚数写真を撮ったのですが、会場内が薄暗かったのと、目測でピントを合わせてノーファインダーで撮影したため、まともに写ったものはそれほど多くありませんでした。

https://farm1.staticflickr.com/950/41110498935_eeaa04f06a_c.jpg





ジャングルに迷い込んだ美女が上人に会おうとするが、武盾一郎さんと陽さん演じる従者に怪しまれて、面会を拒否される場面。

https://farm1.staticflickr.com/968/41290557694_b4bedb8d32_c.jpg

鳴神上人の居所は、単管を組んだ上に布を巻いたとてもシンプルなものでした。

https://farm1.staticflickr.com/828/41110498535_06bfbe73af_c.jpg

上人が現れ、従者を人払いして美女と二人きりになります。

https://farm1.staticflickr.com/949/41110497735_f7029336a7_c.jpg

美女が乳房を触らせることで、上人が法力を失う場面。ここら辺のやり取りは、歌舞伎の鳴神と同じかも知れません。

芝居が終わった後、その場で打ち上げがありました。

芝居を見たお客さんに感想を聞くビデオを、長谷井宏紀(コーキ)くんが撮影して会場に流していました。

コーキくんはオブスキュアギャラリーを運営していましたが、コーキくんのことを知ったのは実はこの時が最初でした。

また、芝居の音を担当したサンカラゴンジャのメンバーに、武さんがボディペインティングを行い、メンバーが踊っている場面も撮影しています。

https://farm1.staticflickr.com/953/40093232160_ae38501730_c.jpg

・ラムネ展

前回書いたように、「鳴神」の芝居が終わった後、楽屋として使っていたオブスキュアギャラリーの真上の部屋(北寮2階)が、そのまま蟻天嶽の部屋になりました。

「鳴神」から程なくして、のざらし画廊の副委員長だったミッシェル(中山裕子)さんは女子美術大学の卒業展に向けて、蟻天嶽の隣にあったギャラリーでラムネ展を開催しました。

ミッシェルは、ベニヤ板で作った家の外面にラムネ菓子を貼り付けて、ラムネの家を作りました。

当時、ミッシェルが会場を設立中の写真や、展示風景の写真も撮影したのですが、ネガはポートフォリオを作るためミッシェルに預けたきり戻ってこないので、今回紹介できるのは展示期間中に行われたライブイベント(1997年12月25日頃)の写真になります。

https://farm1.staticflickr.com/908/42114012932_4eef436b4f_c.jpg

おそらく、イベント開始時にミッシェルが挨拶している時の写真で、左側に写っている四角い板は、石川雷太さんと昼間光城さんのユニットerehwonが演奏用に使った鉄板です。

また、ライブイベントの当日、またはその一日前だと思いますが、私が蟻天嶽にいると、のざらし画廊のスタッフだった蟲くんが「カメラを貸して欲しい」と部屋に駆け込んできました。

私がカメラを渡すと、蟲くんは大急ぎで外に飛び出した後、すぐに戻ってきました。

後日フィルムをプリントに出したところ、次に紹介する写真がありました。

https://farm1.staticflickr.com/969/41259695615_083f5e97c7_c.jpg

ミッシェルのラムネ展のオープニングパーティーで、駒場寮の廊下に置いてあった冷蔵庫に入り込んだ石倉麻里さん。(蟲くん撮影)


【せきね・まさゆき】
sekinema@hotmail.com
http://www.geocities.jp/sekinemajp/photos

1965年生まれ。非常勤で数学を教えるかたわら、中山道、庚申塔の様な自転車で移動中に気になったものや、ライブ、美術展、パフォーマンスなどの写真を雑多に撮影しています。記録魔