腕時計百科事典[60]古い腕時計を購入するときに感じる不安/吉田貴之

投稿:  著者:  読了時間:4分(本文:約1,800文字)



アンティーク時計やヴィンテージ時計と呼ばれる古い腕時計は、ユーズドや中古と言われることもありますが、新品のブランド腕時計と同じくらいの人気があります。

ただ、中古とはいえ誰でも気軽に買えるほど値段も安くないですし、何よりも「壊れたらどうしよう」とか「偽物だったらどうしよう」といった不安が多くつきまといます。

●不安の原因

これらの不安の原因は、売る側と買う側の情報量に差があることが原因です。誤解を恐れずに言えば、買う側の情報不足が原因と言えるでしょう。古い腕時計を実際に購入する前に、不安の原因やその解決方法を整理しましょう。

古い腕時計を購入する際の不安は、大きく分けて次のようなものではないでしょうか。

・壊れている/汚れているのでは
・時計として使えないのでは
・壊れたら修理できないのでは
・価格が高すぎるのでは
・偽物なのでは

それぞれについて、現状を踏まえながら説明してみましょう。





●故障と汚れ

まず、故障や汚れについてですが、ほとんどの時計販売店はメンテナンスしたものや、仕上げしたものを販売しています。瑕疵があるもの、クリーニングしていないものはその旨を教えてくれるはずです。

これらは販売価格や今後のメンテナンスにも影響するところなので、購入時に確認することをおすすめします。

●時計としての性能

次に、時計の役割を果たすかどうかです。たしかに現在発売されている、クォーツ時計や電波時計に比べると精度は劣りますし、時刻を合わせなければいけない頻度は高くなります。ただ、きちんと整備した機械式時計であれば、それほど気にする必要はありません。

●メンテナンス

いくら快調に動いている時計も、いつかはメンテナンスが必要な時期が来ます。落としたりしない限り、針が止まったりすることはありませんが、時間経過に伴い不正確になったり、運針が心もとなくなったりはします。

また、竜頭などの小さな部品が外れて紛失したり、風防が割れたりする可能性はあります。こんなときに頼りになるのが時計修理店です。

「時計修理店」と一口に言っても、その内容様々です。クォーツの電池交換しかしない時計店や、新しい時計しか修理できないお店もあれば、どんな時計の修理ももれなく引き受ける技術力のある修理店もあります。

このような修理店をひとつ知っておくのは、時計とユーザーにとって良いことだと思います。時計修理店が近くにない場合は、時計を購入した販売店に相談してみましょう。

●価格と相場

また、良いと思った腕時計の価格が、高いか安いかの判断はなかなか難しいものです。現在の相場を知るためは、いろいろなお店の商品動向を観察するのが一つの方法です。

現在はネット販売も盛んに行われていますし、卸にあたる時計市場ですでに大体の価格が決まっており、それを基準に販売価格がはじき出されますので、各お店での価格はそれほど大きな差が出にくくなっています。

●真贋

一番気になるのは「本物かどうか」の部分かもしれません。ここを考えるポイントは、ユーザーが「何を以て本物とするか」の基準をしっかりと持つことです。アンティークやヴィンテージは、モデルの人気とは別に、

・ファーストオーナーかどうか
・未使用かどうか
・修理履歴があるかどうか
・メーカー以外でメンテナンスをした履歴があるかどうか
・部品が交換されているかどうか
・ブレスレットとの組み合わせが販売時のものかどうか
・信用できる販売店かどうか
・海外から輸入された商品であるかどうか
・ギャランティやワランティが付属するかどうか
・箱や取扱説明書があるかどうか
・ドナーからの部品供給をうけているかどうか
・意図してつくられた模造品であるかどうか
・風防や革ベルトなどがオリジナルであるかどうか
・どんな素材を使っているか

などを総合して、オリジナルかどうかを判断することが多いです。

完全に未使用、未修理、ファーストオーナー所有のものしかオリジナルと認めない人もいれば、沢山の修理歴を経て、人の手に慣れたものを好む人もいます。

明確な定義はありませんので、自分が求めるポイントを考えてみることをおすすめします。そして、それを程よく満たしてくれるお店を見つけることが、満足する買い物につながることは間違いないでしょう。


【吉田貴之】info@nowebnolife.com

イディア:情報デザインと情報アーキテクチャ
https://www.idia.jp/
腕時計ポータルサイト:腕時計新聞
https://www.watchjournal.net/

兵庫県神戸市在住。Webサイトの企画や制作、運営を生業としながら、情報の整理や表現について研究しています。