エセー物語(エッセイ+超短編ストーリー)[26]『維新派・松本雄吉 1946〜1970〜2016』が10月10日発売 マッシュルームの道と防波堤の湯気/柴田友美

投稿:  著者:  読了時間:6分(本文:約2,500文字)



◎『維新派・松本雄吉 1946〜1970〜2016』が10月10日発売

維新派の松本雄吉さんの本が発売されるとの事で、まだ本は見てないのですが楽しみにしています。(維新派は1970年から2017年まで大阪を拠点とし続けた劇団で、主催の松本雄吉さんは2016年に亡くなりました)

維新派・松本雄吉 1946〜1970〜2016
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4898154867/dgcrcom-22/

だいぶ前に半年だけ維新派で制作をさせてもらった事があり、毎日空堀商店街の事務所に通っていました。松本さんがお昼ご飯をみんなの分も作ってくれる事があり、めっちゃおいしかったです。




10月10日は確か松本さんの誕生日だったと思います。旧体育の日なので、みんなが覚えていたように思います。その日を発売日にしてんな、と思いました。

維新派で制作をしていた時に過去の公演のビデオを見せてもらって、なんかセリフが良かったので自分でメモをしたのが残っていたのでここに掲載します。

なんの公演だったのか、メモに書いてないので分からないのですが…。「虹市」とかかなー、と思いますが分かりません。

勝手に載せたら維新派に怒られるかもしれんけど、松本さんの追悼ということで……。(としてるのは私がビデオを見てて聞き取れなかったところです、たぶん)

ツーツーツーツーツーツー
トントントントントン
君へ
まるで僕のような君へ
君は今何処を歩いていますか
-の上ですか神社の裏道ですか
きみは赤犬が嫌いだから
公園の近道を通らずに
商店街を走り抜け
トウエイの映画館の前で立ち止まり
カタオカチエゾウの真似をして
ポケットの中の十円玉を数えます
それから裏の路地へ行き
大きな金木犀の下を通り
「仕立ていたします」の掛け札を叩き
空き地を抜けて
川の底のトンネルへ行きます
君、靴擦れしていませんか
君はいつも足に合わない靴を履いているから
足は大丈夫ですか
お金落としてませんか
ポケットに指が一本はいるくらいの穴があいている

僕は、さっきから、ずっと、ここに、います
僕は、さっきから、ずっと、ここに、います

現在地北緯34度36分
東経135度30分
ちょうど満月の真下に

今夜の月はとても近くに見えます
ああ
ツツーツーツーツーツーツーツー
ツツーツーツーツーツーツー

君へ
川の底のトンネルにいる君へ
報告、いち
僕の、1メートル先には
穴のあいた洗面器があります
(金属音)
その、1メートル先には
あれは、空気の抜けてしまった
ドッチボール
(金属音)
その横にはラベルの剥がれてしまったビン
(金属音)
日付けのないカレンダー
メモリの消えてしまった定規
(金属音)
骨だけの傘、粉々のガラス
レンズのない眼鏡
(金属音)
タイヤを盗まれてしまったオートバイ
(金属音)
横倒しになってしまった道路標識
(金属音)
底の抜けてしまった階段
(金属音)
名前のない表札が月の光に照らされて
金色に光っています
何もかも金色に光っています
何もかも
月の光に照らされて金色ににぴかぴかです
まるで海のように光っています

ツツーツーツーツーツーツーツー
ツツーツーツーツーツーツー
トントントントン
ツツーツーツーツーツーツー
ツツーツーツーツーツーツー

川も金色に光っていますか
トンネルも金色に光っていますか
君もぴかぴかに光っていますか
僕もそちらに行きます
待っていて下さい

-
-
すいません、商店街は、どっちですか
こんばんは
こんばんは
-です
道を教えて下さい
映画館はどっちの方ですか
大きな金木犀の木、知りませんか

こんばんは
こんばんは
つかぬ事をお伺いします
僕のような子供みかけませんでしたか
僕とそっくりな子供、知りませんか

こんばんは
こんばんは
怪しいもんじゃありません
川の底のトンネルに行く道を教えて下さい
こんばんは
こんばんは
川はどっちですか
トンネルはどこにありますか
ズボンがつぎはぎで
いつも帽子
-の靴履いた
僕みたいな子供
知りませんか

こんばんは
こんばんは
もしもし
もしもし
こんばんは
こんばんは
もしもし
もしもし
こんばんは
こんばんは
もしもし
もしもし

以上です。

また、維新派の元役者が立ち上げた劇団、VOGAの公演が11月にあります(今回は野外ではなくて劇場で公演をするようです)。私は20年間、この劇団の記録を私的に続けてます。

……… 公 演 情 報 ………
VOGA
第15回本公演『直観と情熱』
2018年11月3日(土)〜7日(水)
会場:大阪市立芸術創造館
京阪本線「森小路」駅から徒歩10分

○公演日時
11月
3日(土)12:00/17:00
4日(日)12:00/17:00
5日(月)14:00/19:00
6日(火)19:00
7日(水)19:00

受付開始は開演45分前 開場は開演30分前

○チケット料金〈全席自由・日時指定〉
3,800円(前売/当日共)

○会場:大阪市立芸術創造館
535-0003 大阪市旭区中宮1-11-14

○アクセス
Osaka Metro 谷町線「千林大宮」駅から徒歩10分

〈キャスト〉
草壁 カゲロヲ
うめいまほ
長谷川 りか
佐藤 敦子
(以上VOGA)
岩本 苑子(少年王者舘)
菅 一馬
吉崎 加奈(舞夢プロ)
久保 健太
無糖 新十郎
尾形 柚香(かまとと小町)
羽室 ミユ(かまとと小町)
笠原 湧
岡崎 叶大
大石 智也


◎マッシュルームの道と防波堤の湯気

ある時ある道路にボコボコとマッシュルームが生えて来た。それは幻のようなものであるらしく、人や車が通っても踏み荒らされる様子はなかった。

その道路はもともと人々が孤独をなすりつける事で有名な道路だった。マッシュルームが生えるようになってからは、人々は今度はある防波堤に孤独をなすりつけるようになった。そうするとその防波堤からは一斉に湯気がでて、美しいトンネルを作った。終。


【柴田友美(しばたともみ)】

短いお話を書いています。
huochaitomomi@gmail.com

群青コースター(Kindle版)発売中!
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01MF8HE57/dgcrcom-22/

私個人のホームページ
http://mrs-mayo.babyblue.jp/menu/index.html