グラフィック薄氷大魔王[593]なぜか観てなかった映画を観るシリーズ/吉井 宏

投稿:  著者:  読了時間:4分(本文:約1,600文字)



年末に映画「ペーパー・ムーン」(1973年)を観た。めちゃくちゃ良かった。今、「オールタイムベスト映画を10本挙げよ」って言われたら、ベスト5以内に入れると思う。
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B07B17WQL5/dgcrcom-22/

そういえば、僕的「オールタイムベスト映画」って、この連載を始めるちょっと前の2005年に単発の「デジクリトーク『映画の話、5本立て』」として書いて以来、ちゃんと考えたことないかもしれない。

8年前にここにちょっと書いたけど、1990年〜2010年=フリーになって20年間、忙しくてほとんど映画を観てなかった。たぶん、当たった試写会や「スター・ウォーズ」関連やDVD購入・レンタルを合わせても、年に5〜10本くらいか。





80年代末まではそこそこ観てたつもりだったのに、本や会話で引き合いに出されてる映画を観てなくてクヤシイ。映像やアニメーションの仕事の打ち合わせで恥をかくかもしれない! ひどいことに、DVDは格安ボックスセットなども合わせて本棚数段が埋まるくらい買ったのに、大半を観てなかったりするしw

これはマズいと「なぜか観てなかった映画を観るシリーズ」として意識的に見始めてから、年末にようやく500本を超えた。ペースとしては8年全体の平均は1週間に1.2本。ここ数年はちょっと多くなってきて、だいたい3〜4日に1本のペース。

↑ 「毎日寝る前に必ず1本観る」や「仕事しながら一日に2〜3本」の人も普通にいるようなので、本数は不問にしてほしいw 僕の場合はあくまで、「2010年までに観てて当然なのになぜか観てなかった映画を観る=失われた記憶を取り戻す」ようなもの。

あと数年ほどで目的は達成できるだろうから、その後はマイペースに戻す予定。

よほど面白くて引き込まれないかぎり、落ち着きがない僕としては20分も続けて観てられないから、一本観るのもけっこう時間かかるのだ。ながら見できる人がうらやましい。ポッドキャスト的なトークのYouTubeは作業中流しっぱなしにすることあるけど、映画やドラマは無理だなあ。

空白期間1990年〜2010年の映画だけでなく、僕が子供の頃にタイトルだけは知っていたような有名映画や、2010年以降の話題作も観てます。

2005年の記事で挙げた映画は、昔の中高生の選択みたいでなんか恥ずかしい。だいたい、20年間ほとんど映画を観てなかった時期ど真ん中に選んだベスト映画なんて、信用できないw 今観たらぜんぜん違う感想になりそう。

2010年以後に観た500本と合わせて、「新・オールタイムベスト」を挙げたらどうなるか、自分でも楽しみ。そのうち考えてみたい。

「ベスト」には二種類ある。「大好きな映画」と「私的に重要な映画」。その意味で、両方がかぶってる僕のオールタイムベスト1は「ジョーズ」で不動かな。

10本を選ぶのは相当むずかしそうだけど、100本では緊張感がなくてつまらない。20本くらいがちょうど良さそう。

以前、「私を構成する9枚」でアルバム9枚選んでジャケット画像を載せるのが流行ったけど、あれもけっこう悩んだ。

単に好きなアルバムじゃなく、「現在の好みの音楽のルーツとなるアルバムとの出会い」的に捉えると、割とスッキリ答えが出た。あんな感じでイケそう。
http://bn.dgcr.com/archives/20160203140000.html


【吉井 宏/イラストレーター】
http://www.yoshii.com/
http://yoshii-blog.blogspot.com/

年末年始はここ数年、恒例の「クリエイターやアーティスト関連のドキュメンタリー映画の一気見」をして気分を盛り上げた。今年は本気出すw

・スワロフスキー「HOOT HAPPY HOLIDAYS 2018年度限定生産品」
https://bit.ly/2QbNMmg

・スワロフスキー「SCS ペンギンの妹 PATTY」
https://bit.ly/2OZa3n9