Scenes Around Me[44]東京大学駒場寮の事(23)アリテンクロージングパーティー[1]1998年4月以降のアリテンに関すること/関根正幸

投稿:  著者:  読了時間:5分(本文:約2,300文字)



1998年9月の鷹野依登久くんの2回目の個展の後、オブスキュアギャラリーは10月に最後の展示となる中澤華太郎(コータロウ)くんの個展を行なっています。

ですが、その間にアリテンのクロージングパーティーがありました。

https://farm8.staticflickr.com/7910/32985321988_902904d71b_c.jpg

今回は、1998年4月以降に起きた、アリテンに関することをいくつか書いてみます。







まず、私がアリテンに寝泊まりするきっかけの一つとなった蟲くんが、1998年の7月頃に、私の部屋から別の家に移りました。蟲くんの次の居候先は、高円寺岡画廊やダメ連界隈に出入りしていたTくんでした。

蟲くんを居候として受け入れる際、Tくんは私に「蟲くんには何か問題はないか」と尋ねてきました。私は即答せず、逆にTくんに「問題というのは、どんなこと?」と問い返しました。

Tくんは「例えば、夜中に突然奇声を上げたり、暴れたりするとか」と答えました。ダメ連界隈には「精神的にキビしい人」が多く、Tくんはそういう人を居候に受け入れたくありませんでした。

私は、蟲くんにはそういう心当たりがなかったため、「それについては問題ない」と答えました。そういうやり取りがあって、蟲くんはTくん宅に居候することになりました。

そして、蟲くんがAKIRAさんから引き取った大量の荷物も、私の部屋からなくなりました。後で聞いた話では、蟲くんの荷物に業を煮やしたのか、Tくんは蟲くんから家賃を徴収しようとしたそうです。

ところが、蟲くんはそれに応じず、その結果、Tくんは荷物を全てゴミに出してしまいました。私がTくんに荷物のことを話さなかったのは、もちろんTくんに居候を断られることをおそれたためです。

ただ、AKIRAさんが蟲くんに荷物を託したのは、それをもとに蟲くんに作品制作をしてもらうためでした。

なので、蟲くんが荷物をそのまま保管していたのは、作品を作る気がなかったのかも知れません。その意味で、荷物を捨てられたことは決して悪いことではなかったと思います。

とにかく、蟲くんの荷物のために、自宅に寝泊まりできないという状況からは脱したのですが、バイト先の一つが駒場に近かったこともあり、仕事帰りにアリテンに立ち寄って、そのまま泊まることは多かったと記憶しています。

◎◎

1998年4月にサークルの更新が認められてからも、アリテンには様々な人がやってきました。

その多くが、駒場寮の別の部屋の住人だったり、高円寺界隈の知人だったりしましたが、その他にアリテンの関係者が連れてきた人もいました。

印象に残っているのは、北海道から家出してきた二人連れの中学生の女の子が、アリテンに一泊したことです。おそらく、当時アリテンに住み着いていた大道芸の男の子が、路上で二人に声をかけて連れてきたのだと思います。

二人は起きている間はふつうに話をしていたのですが、消灯してからは、それまでの苦労を思い出したのか、うなされて寝言が多く、逆にこちらが心配して眠れなくなるほどでした。

◎◎◎

また、アリテンには短期的に滞在する人ばかりではなく、住み着く人も何人かいました。一人は上に書いた大道芸の男の子ですが、名前は思い出せません。

もう一人はドラマーの若い男性で、彼の名前も忘れました。あと一人はカズくんというバンドマンで、彼の行動が問題視されるようになります。

カズくんはバンドをやっていた時に薬物中毒になり、アリテンに住み着いた頃にはその後遺症に苦しんでいました。

彼は人と話している時は問題なかったのですが、一人になると幻覚に襲われるらしく、それに抗おうとして独り言をずっとしゃべっていました。

その様子は、彼の見た目のいかつさもあり、悪魔に取り憑かれているようにも見えました。

カズくんはアリテンの部屋の中だけでなく、駒場寮内をうろついている間もそんな様子だったので、多くの人に悪印象を与えたのかもしれません。

後にアリテンの更新が認められなかった時、アリテンの責任者だったテツくんが、「カズさんがいなかったら(更新出来ていたのに)。。。」と愚痴をこぼしていました。

ただ、アリテンのこれまでの状況を見ると、更新が認められなかったのはカズくんのせいだけとは言えないと思いました。

◎◎◎◎

今回は1998年7月末に撮影した、アリテン室内の様子が分かる写真を紹介します。私はアリテンで初めて見かける人にはレンズを向けなかったため、アリテンの中で撮った写真はそれほど多くありません。

この日は、中村しのぶさんやバンビ高橋くんなどオリジナルのサークルメンバーが何人か集まったのと、私がCONTAX G1を買った直後だったので、何枚か写真を撮ったようです。

https://farm8.staticflickr.com/7808/40061967893_a8c6d8df11_c.jpg

ゼロバーのカウンターで、テツくん。

https://farm8.staticflickr.com/7823/32085125047_41877e3658_c.jpg

宿泊スペースで話し込んでいる内藤くん。背中を見せている人は誰だか分かりません。

壁に「天国」と書いた紙が貼ってあり、私以外にも「アリテンゴク」を「蟻天国」だと思っていた人はいたようです。


【せきね・まさゆき】
sekinema@hotmail.com
http://www.geocities.jp/sekinemajp/photos(2019年3月まで)

1965年生まれ。非常勤で数学を教えるかたわら、中山道、庚申塔の様な自転車で移動中に気になったものや、ライブ、美術展、パフォーマンスなどの写真を雑多に撮影しています。記録魔