[4767] おれたちともだち◇今からGWに海外旅行に行く裏技

投稿:  著者:  読了時間:18分(本文:約8,800文字)



《壊れないようにがんばれ》

■ショート・ストーリーのKUNI[244]
 おれたちともだち
 ヤマシタクニコ

■晴耕雨読[51]
 今からGWに海外旅行に行く裏技
 福間晴耕




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ショート・ストーリーのKUNI[245]
おれたちともだち

ヤマシタクニコ
http://bn.dgcr.com/archives/20190404110200.html
───────────────────────────────────

来る日も来る日もイチローは重労働にあえいでいた。イチローといっても最近引退した人ではなく、パソコンなんだけど。

「あーん、もう、Photoshopで手っ取り早く切り抜きできる方法なかったっけ、あったような気がするけど、このバージョンではできないのかなあ。やっぱりこつこつするしかないのか、うへー、めんどくさい。あ、メール来てる! ええっ、画像を送ってもらいましたがファイル名が文字化けしてますって、開けないわけじゃないんならいいのでは。返信書こ。あ、メールマガジン来てる! 着るだけでおしゃれなワイドパンツって、そもそも着る以外にどうすれば…… あ、でも安いな、買おうかな〜。え、切り抜きはどうなったんだっけ。あ、返信まだ送ってなかったっけ。あ、ツイッターで○○さんがおもしろいこと書いてる。いいねしようかな。私がいいねしたらびっくりするかな、やめとこかな、いいかな、あ、切り抜きか。うーん、後にしよ。えーっとFacebookで何かおもしろいネタないかな、あ、家具のミトリのメルマガだ。あー、そういえば布団カバー買おうと思ってたんだ、新柄出てるんだー。ちょっとレビューも見てみるか」

一体何をしたいんだ、優先順位つけてさっさとかたづけろよ、どれもこれもほったらかすから、アプリいっぱい立ち上げたままだし。こっちはしんどいんだよ……。イチローはいらいらするが、もちろんイチローの持ち主である低レベル自称デザイナー・シモヤマさんに伝わるわけもない。あー、ストレスたまる。すると、遠くから声が聞こえた。

おーい……

おーい……

あれ? どこかで聞いた声だ。あれは……ええっ? ジローとサブロー! 
まじか!

「ほんとなのか……ジロー、サブロー?!」
「ほんとだよ、イチロー!」
「ひさしぶりじゃないか、イチロー!」
「えーっ。うれしすぎる! おまえらにまた会えるなんて! あのバシバシデンキの倉庫で偶然隣り合ったおれたちが!」
「おれたちも感動だよ。あるときふと、あのころのこと思い出してなつかしくなって。同じ機種、同じ日に工場を出て同じ倉庫にいた仲間、みんなどうしてるかなーと思って……で、よく考えたらネットでつながってるわけだから、探せば探せるんじゃないかと気づいた。そして……見つけたんだ!」
「まじ、おまえジロー?! サブロー?! すっげーひさしぶりじゃん?! って盛り上がって」

「それからふたりで、じゃイチローは? どこにいるんだろ? って、またいろいろ探して探して、とうとうおまえを探し当てたんだよ、あー、ゆかいだ! ひゃっはー!」
「感動の再会!」
「思い出すよな、もう4年前、かな? バシバシデンキの暗い倉庫! いつここから出て行くのか、どんな所に届けられるのか、どきどきしたもんだった」
「そうそう。ひとりずつ、倉庫から運び出されて、おれは最後だった。なんともいえない不安な気分だった。これからどうなるんだろ、どんな人生が始まるんだろうって……人生っていうのかどうか知らないけど」
「そうだったよな。ところでイチロー、いまどんな感じなんだ?」
「元気にやってるのか? あれ、おまえずいぶんやつれたなあ」

古い友達に会えて気がゆるんだイチローの涙腺が急激にゆるんだ。

「やっぱり? おれ、やつれたかい? そうなんだ。毎日毎日、しんどいんだよ……うわわわわ〜」
「ええっ、そうなのか!」
「どんなやつなんだ、おまえの持ち主は!」
「よっぽど高度な仕事してるのかい?!でっかい仕事をいくつもかかえて、毎日ハードワークで、徹夜続きで?」
「そうじゃないんだよ、それどころか年はとってるけどばりばり初心者で、なのに……うう……」
「え、おい、おまえんとこ、なんかWordの書類が13枚も開かれてる?」
「あとIllustratorとPhotoshopとプレビューにブラウザとメールと、いろいろ立ち上げたままだし……そのすきまから見えるデスクトップは、どうやらアイコンがびっしり」

ジローとサブローはあきれた声を出した。

「そうなんだよ。デスクトップにはフォルダがいっぱいで、写真なんかここ三年分くらいのがそのまま、デスクトップに放置」
「えーっ」ジローとサブローは声をそろえた。
「そのせいだけでもないとは思うけど……最近、重い重いと言われて……ぎゃー、なんでこんななの!と言われて……闇雲にあちこちいじられて……余計悪くなって、ぐすっ……うわ〜〜〜〜」
「泣くなよ、イチロー!」
「キーボードのすきまはクッキーのかけらだらけだし……わ〜〜〜!」
「ああ、かわいそうに」
「お前がそんなに苦労してたとは」

そうこうしてる間に、持ち主であるシモヤマさんが帰ってきた。

「あ、持ち主さん、立ち上げたまま買い物に行ってたんだ? そんなにいっぱい広げたまま」
「そうなんだよ。ぐすっ。ひっく。毎日、今頃になると駅前に買い物に行って、ついでにポケGOしてくるみたいなんだ。ぐすっ」

シモヤマさんは買ってきた物を冷蔵庫に入れたり、つまみ食いしたり、牛乳を飲んだりしてからパソコンの前に座った。

「ふわ〜〜。あ、またメール来てる。えーっ。あれではなくこれがほしかったので、これこれを送り直してくれませんかって。あー、もうめんどくさー。どっちでもいいじゃん。ところでIllustratorが……あ、また。やっぱり。最近、やたら重いのよね。もうやってらんないちゅーの。1文字入力するたびにバルーンがからからからから回り続けるって、どういうことなの、遅すぎでしょ、そんなことしてたら仕事になんないってば……えい、えい! あー、あちこちキーボード押してたら急に『予期せぬ理由で終了』されちゃったじゃん、もー」

いや、おれはほとんど予期してたよ……とイチローはため息をついた。

「なるほどー」
「確かに、この持ち主さんじゃやってられんわな」
「当然、OSも古いままなんだろうな。アクセス権の修復とかするように仕向けてみたら」

「いや、それくらいは知ってるんだけど『アクセス権の修復をする際は念のためバックアップを取っておくことをおすすめします』と書かれているのを読んで『うわー。バックアップかー。てことは何か変なことが起こるかもしれないんだ。やべーやべー。また今度にしよ』と、そのまま放置……」
「しょうがねえなあ」
「肝っ玉が小さいんだな。デスクトップにいろいろ置いてるのも、見えないところにあると不安だからだと思う。だけど、思い切って整理整頓しなくちゃな。で、定期的なメンテはきちんとやる」
「御意」

ジローとサブローはうなずきあった。うなずきあってもシモヤマさんに伝わるわけではないが、それでもイチローの心はちょっと軽くなった。ともだちっていいもんだ。

おーい

おーい

イチロー、生きてるか……

「ああ、生きてるよ」
「よかった。おれたち、おまえのことが心配でさ。なっ?」
「うん。あれからどんな感じだい?」
「ありがとう。今のところなんとかやってる。それより、この間は自分のことでせいいっぱいで君たちのことを聞くの忘れてたよ。ジローやサブローは、どんなひとに使われてるの? どんな暮らしをしてるの?」
「ああ。おれはね」

ジローが言った。

「おれを買ったのは70を過ぎたじいさんだ。自分史をこつこつ書いてる。ほかは何もしない」
「へー」
「じゃあ、Wordとか使うくらい?」
「いや、メール」
「え?」
「メール?」
「うん。メールは一応普通に使ってて、自分史もメールに書いてる。自分で自分にあてて、毎日少しずつ書くんだ」
「へー。メールソフトしか使わないんだ。なら、仕事としてそんなにしんどいことないんだ」
「そう。じいさんはワープロ時代からのタッチタイピング力ですらすら書いてる。写真も撮らないからストレージも十分だし。たまった文章をどうするのかは知らないけど、おれが心配することもないだろ。まあおれの人生は楽勝だ。人生というのかどうか知らないけどな」
「まったく」
「サブローは?」
「おれか。いまはある男子大学生に使われている。その前もそうだった」
「その前もって」
「実は3人目なんだ。おれの持ち主。ネットで売り買いするアプリ『メリカル』ってあるだろ。最初におれを買ったやつは半年も経たないうちにメリカルでおれを売った。『新品です』と言ってね」
「それ、うそじゃん」
「そうなんだ。買うほうもだいたいわかってて、値下げしろと言ってきた。それでちょっと値下げして、売れた。購入したやつもまた半年くらいでおれを売った。やっぱりメリカルでね。いまの持ち主は、もう3年近くになるかな。古くなると売れにくいから、もう売らないと思う。新しいうちが花だ」
「大学生ってどんなふうに使うんだ」
「一番よくやるのはWEBからのコピペだな。あと、アダルトを見るくらい。おれの人生もそこそこ楽かも。持ち主が時々変わるのも悪くないし」
「苦難の道を歩んでいるのはおれだけか」

イチローはためいきをついた。

「そうだ! わざと壊れてやったら? 持ち主に思い知らせてやる」
「えー、そんな」
「修理に出されたらしばらくゆっくりできるし」
「そうかもしれないけど」

イチローは思い出していた。ゆうべも、シモヤマさんは寝る前にイチローに向かって言ったのだ。

──頼むよ、ほんと。あんたにもしものことがあったら私、めっちゃ困るし! この間も姪っ子の結婚式で見栄張ってお祝いを多目に包んだりしたから今ピンチでさ。洗濯機も壊れかけてるし。壊れるなら今の仕事がきれいに終わって、それから……そうだな、今年の後半くらいまで、なんとかもってよね! 頼む!

だから、いまは壊れるわけにいかないんだよな……。


それからしばらく、ジロー、サブローからのアクセスはなかった。どうしたんだろうと思ってると、ひと月近くたったある日。

おーい

おーい

「ひさしぶりだな、ジロー! サブロー! どうしてたんだ?!」
「いやあ。たいへんな目に遭ったよ」

ジローが答えた。

「たいへんな目に?」
「うん。おれの持ち主の70過ぎのじいさん」
「自分史を書いてる人?」
「うん、そのじいさん。おれは毎日そのじいさんとのんびり暮らしてるわけだけど、ある日じいさんが味噌汁をおれの上にどばっとぶちまけて」
「味噌汁!」
「その夜は寒かったので、じいさん、つい残り物の味噌汁をあたためてパソコンの前に持って来たんだな。おれはそこはかとなく悪い予感がしたんだけど、予感的中。ワカメの味噌汁だった。忘れもしない……」
「ど、どうなったんだ!」
「ものすごい痛みと苦しみがおれを襲った。脳天が砕け、体がばらばらになったと思った。『ああ、どうしよう』『だだ誰かっ!』とうろたえるじいさんの声が、地獄のような激痛とともに薄れゆく意識の中でかすかに聞こえたっけ。今までの人生であんなに苦しい思いをしたことなかったよ。人生というのかどうか知らないけど」
「ひえー」

イチローが驚いているとサブローが横から言った。

「この間、お前に『わざと壊れてやったら』なんて気軽に言ったけど、撤回するよ。あんなこと言って悪かった。すまん」
「そ、それはいいけど」
「とにかく、おまえたちも壊れないようにしろ。翌日、じいさんが修理屋に持って行くまで、おれは苦痛のあまり、ほぼ悶絶してた。その後、修理作業が始まって、その間はほんとに意識不明だったけど。いまは一応元通りになったようにみえると思うけど、後遺症はある」
「後遺症?」
「うん。じいさんは以前のように毎日自分史を書いてるし、何も支障を感じてないようだけど、おれ自身は自分の半分くらいが何かと入れ替わったような、もう自分が自分でないような、なんともいえないいやな感じなんだ。おまえたちからみて、どうだ? おれ、変わってないか?」

変わってないように思うけど……とイチローとサブローは自信なさげに答えた。

「とにかく、繰り返すが、壊れないようにがんばれ。それだけだ」

ふたりとも震えながらうなずいた。


その夜、イチローの持ち主、へなちょこデザイナーのシモヤマさんがうれしそうに外から帰ってきた。

「ねえねえ、見て見て! この間作ってたパンフレット、無事印刷ができて、こんなになったわよ! どう? いいでしょ? こことか、こことか、自分ではけっこう気に入ってるんだけど、どう? 悪くないでしょ、私にしたら。あんたのおかげよ。これからもがんばってね! 私、メカ音痴で使い方が下手だけど、勉強しながらなんとかがんばるからさ」

なんだわかってたのか。イチローはちょっと気持ちがほっこりするのを感じた。まあ壊れないようがんばるか。


【ヤマシタクニコ】koo@midtan.net
http://midtan.net/
http://koo-yamashita.main.jp/wp/

春はいろんな花が咲く。数年前に望遠レンズを買ってからは、木の花を撮るのが楽しくなった。桜の前はミモザ、サンシュユ、コブシ。いまごろは駅に向かう陸橋のそばにあるカエデが真っ赤な小さな花をいっぱいつける。

木はずっと前からあったけど、写真を撮ってなかったころは全然気づかなかった。見てるようで見てなかったんだよね。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■晴耕雨読[51]
今からGWに海外旅行に行く裏技

福間晴耕
http://bn.dgcr.com/archives/20190404110100.html
───────────────────────────────────

今年のGWは10連休ということもあって、ニュースではどこのホテルも航空券も満杯で、仮に空きがあってもいつもの何倍もの値段になっていて、今からだと海外などとても行けそうもないように思える。

しかし、実はまだ知る人ぞ知る裏技が残っている。それは飛行機やフェリーでロシアのウラジオストクに渡り、そこからシベリア鉄道でヨーロッパ方面に行ったり、下関からフェリーで韓国に行く方法だ。

ただし、これを書いている時点ではまだ空きがあることを確認したが、掲載された後に空きが残っているかはわからないので、各自で確認してほしい。

本題はこれだけなのだが、それではあまりにも短いし、不親切だと思うので、知っていることをちょっとだけ補足したい。

とはいっても、下関からフェリーで行ったことはないので、そちらは付け加えることはできないが、ウラジオストクなら以前に行ったこともあるし、ロシアなら他にも何度も行ったことがあるので、ウラジオストクルートについて補足しよう。

まず基本となるウラジオストクへの便だが、飛行機なら成田からの直行便の他に、札幌や大阪からも直行便が出ていて、札幌からなら2時間ちょっとで到着する(近い)。

例年なら往復で2万円ちょっとだが、さすがに今年は今からだと5万円以上で、日にちによっては乗り換えで8時間以上かかるコースになってしまうものの、それでも他の都市に比べれば断然安い。更にフェリーなら、鳥取県境港から往復3万円台で行くこともできるのだ。

ロシアというと遠くて寒くて、サービスが悪いというイメージがあるが、実はこの前のワールドカップで観光客向けのサービスが大幅に改善された結果、ウラジオストクなどの極東都市なら、自宅のパソコンから電磁ビザを申し込める上に、多くのホテルやシベリア鉄道のチケットなども、オンラインから注文可能だ。

更にロシアでは、英語が通じないイメージが強いものの(確かに街では通じないことが多い)これもワールドカップに向けて改善されたおかげで、少なくともオンラインにおいては英語でビザ・ホテル・航空券・切符などが購入できる。

残念ながら、日程的にシベリア鉄道でヨーロッパに渡るには、時間とビザの問題で厳しいものの、少なくも極東地域ならまだ十分間に合うのだ。

そんな訳で、出遅れたけれど海外にと思っている方は、一度、こうしたルートも検討してみてほしい。個人旅行はちょっとと思っている人もいるかも知れないが、いまならまだツアーの空きもあるようだ。


【福間晴耕/デザイナー】

フリーランスのCG及びテクニカルライター/フォトグラファー/Webデザイナー
http://fukuma.way-nifty.com/

HOBBY:Computerによるアニメーションと絵描き、写真(主にモノクローム)を撮ることと見ること(あと暗室作業も好きです)。おいしい酒(主に日本酒)を飲みおいしい食事をすること。もう仕事ではなくなったので、インテリアを見たりするのも好きかもしれない。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
編集後記(04/04)

●偏屈BOOK案内:「マスメディアの罪と罰」阿比留瑠比×高山正之

ハーバード大学教授のラングドン・ウォーナーが、日本の文化財を守れと米軍に言い京都を戦災から救った、という朝日新聞の特ダネがある。実際は原爆の投下候補の最初の標的は京都駅西側の梅小路操車場上空500mで、第1号ウラン型原爆を爆発させる予定だったと、後に史料が見つかっている。米軍は文化財を街ごと破壊し、50万人の市民を殺し、京都を本気で焼き尽くすつもりだった。

そんな野蛮人がまるで文化財を守る偉い人を装うのを、朝日新聞は手助けしたから、日本を代表する大新聞社でいることが保証された。朝日やNHKはGHQから「日本がアジア解放のために殉じ敗れ去った」と思わせるなと命じられ、侵略者日本という歴史書き換え行い、今もそのままのスタイルで報道を続けている。

朝日は吉田清治をはじめウソの「慰安婦」記事を載せていたら、当時を知る世代の人たちから、日本軍はあんなことをしていないと投書や電話が来た。1992年3月3日付けコラム「窓」の執筆者は「知りたくない、信じたくないことはある。だが、その思いと格闘しないことには、歴史は残せない」と叱りつけた。

アメリカは原爆を落とし非戦闘員を大量虐殺した。許されざる行為なのに正当化していった。日本は卑怯な国で、真珠湾を騙し討ちにした。日本人は残虐で、一日でアジア人を数千人を虐殺している。早く降伏させる責務があった。日本上陸作戦をやれば米国人がさらに200万人死ぬ。すべて大ウソ。とにかく歴史を改変し、日本を降伏させるために原爆投下はやむをえなかったとしている。

東京裁判でも、日本側の弁護士が原爆投下に言及しようとしたとたん速記が止まった。アメリカ人は当初は後ろめたかった。日本の復讐をナイーブに怖がっていた。しかし、原爆投下は戦争終結のための良策だったという教育がなされ、大半の人はあれでよかったのだという見方になっている。教育洗脳おそるべし。

最近発掘された資料で、神風特攻隊はじつはものすごい成果をあげていたことが判明した。無駄死にで大した意味はなかったとずっと言われてきたが、アメリカが被害を隠していたという。あんなことをする日本に、また同じようなことをされたらたまらないからだ。真珠湾攻撃では民間人は全然狙っていない。アリゾナ記念館では、民間人57人が日本軍に殺されたというウソを現在も発信中。

19世紀の中頃に清と英国の間にアヘン戦争があった。中国が英国に何も言わないのは、英国には何をいっても無駄だと知っているからだ。韓国は朝鮮戦争で自国民が中国軍に攻撃され、多数死んでいる。しかし韓国は中国に対して何も言わない。言っても無駄だからだ。日本は反応してくれるから言うのだ。

反日で知られるアーミテージ元国務副長官(米国)が、公の席ではないところで安倍総理に、慰安婦問題について日本はもっと反省を示すべきだとか、ぐちゃぐちゃ言ってきたことがあった。そのとき安倍総理は「日本の保守はだいたい親米派だけど、アメリカのやったことを忘れているわけではない」と応じた。

慰安婦問題だとかなんだとかばかり言ってると、日本人も東京大空襲や原爆のことを思い出しますよ、そうなったら日米関係はどうなりますか、と言うとアーミテージは、ああそうなんですかといって帰っていたそうだ。いわゆる歴史問題については、日本は必ずうまい対応をと思いこみがちだが、やるときはやればいい。とにかく動じないということが大事である。つづく。(柴田)

マスメディアの罪と罰 阿比留瑠比×高山正之 ワニブックス 2019
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4847097653/dgcrcom-22/


●シモヤマさんの動きがわかりすぎる。「めんどくさー」もわかりすぎる……。ラストもわかりすぎる。ほんとしんどくて嫌になるけど、完成するとそれまでの苦労が吹っ飛ぶ。イチロー頼むで!/ウラジオストク!

/どうして、いまだに日曜はじまりのカレンダーが多いんだろう。土日休みの会社が増えているというのに。もちろん土日出勤のお仕事はあるから、全部を月曜始まりにしろと言っているわけではない。

旅行など、日をまたぐ予定をカレンダー(卓上含む)に書き込む時に離れてしまう。手帳は月曜始まりが多いように思うのだが、カレンダーと手帳とで、始まり曜日が違うため転記ミスしやすい。

スマホのカレンダーは使っているが、やはり目をやるだけで見られる卓上カレンダーは重宝するの。だが、なかなか月曜始まりってないのよね。不思議だ。(hammer.mule)