crossroads[64]脱Googleをやめました/若林健一

投稿:  著者:  読了時間:5分(本文:約2,200文字)



こんにちは、若林です。

昨年の終わり頃、それまでメインで使っていた検索エンジンを、GoogleからDuckDuckGoというプライバシーを保護する検索エンジンに変更しました。

また、ほぼ同時期に、サブブラウザとして使っていたChromeをすべて「プライバシー保護」をうたっているBraveというブラウザに変更しました(メインのブラウザはFirefoxです)。

プライバシーを保護することで、私たちの生活はどのように変わるのか? それを実際に試してみたかったからです。

ChromeブラウザはGoogleの開発・提供ですので、検索エンジンと合わせて「脱Google生活」だったのですが、この度「Google依存生活」に戻りました。

DuckDuckGo
https://duckduckgo.com/

Brave
https://brave.com/





●DuckDuckGoをやめた理由

実は、DuckDuckGoを使い始めた後も、Googleを完全に使わなかったわけではありません。あくまでも「メイン」の検索エンジンをDuckDuckGoに変えたのであって、サブとしてGoogleは併用してきました。

DuckDuckGoだけでは思った結果に出会えないことがあったので、そういった時にはGoogleが必要だったからですが、その頻度は減るどころか、場合によっては最初からGoogleを使うケースまで発生するようになったのです。

これではDuckDuckGoを使っている意味がないなと思い、Googleに戻したというわけです。DuckDuckGoを使った印象は、良く言えばオーガニックというか素朴な感じ、悪く言えば物足りない感じでした。

検索エンジンの使用感が「オーガニック」というのも、なかなか伝わりにくいと思いますが、食べ物に例えるとちょっと味が薄い、そんな感じでしょうか。いまひとつ物足りない感じがしたのです(ちなみに、食べ物に関しては味の濃くないものが好きです)。

それはプライバシー保護が影響しているのか、そもそもDuckDuckGo自体のデータベース量がそれほど多くないからなのか、そのあたりはわかりません。もし後者なのであれば、時間が解決するかもしれません。

もしかすると、もっとたくさんの人が使うと精度が上がるのかな? とも思ったのですが、そもそも検索結果に対する行動を監視しないのがポイントなので、それはあまり関係ないでしょうね。

プライバシー保護ということ、Google以外の選択肢ということでDuckDuckGoを使っていたわけですが、プライバシー保護に関してはその効果のほどが分からないまま、ブラウザの検索エンジン設定をGoogleに戻しました。

●Braveをやめた理由

サブのブラウザとしてBraveをやめた理由は、一部のサイトやリンクが正しく動作しなかったからです。

Braveのバグなのか、プライバシー保護が働いたからなのか、具体的な原因の追及はできていませんが、おそらくJavaScriptを使っていると思われるリンクで動作しないものがありました。

必要だからリンクを辿っているわけで、それが正しく動作しないと困ります。それによってプライバシーの保護が損なわれるかもしれないけれど、必要なものは必要なのでやむをえず、別のブラウザで開き直していました。

単に開いているページのURLをコピーして、開き直せばいいのなら被害は少ないのですが、ログインしてからでないと目的のページにたどりつけないというのは結構な手間です。

また、まれにリンクが正しく動作していないことに気づかないこともあり、リンクをクリックしてダウンロードしたはずのファイルがない。そんなことがストレスとなって、BraveもまたChromeに置き換わっていきました。

●わかったことわからなかったこと

私の「脱Google生活」(厳密には完全に脱していたわけではありませんが)は半年あまりで終わりましたが、その中でわかったことは、ほとんどのサイトがプライバシー保護機能を働かせることでなんらかの影響を受けている、ということでした。

先に書いたような「動作しない」というレベルではなく、動作する表示はするけれど普段はみないメッセージがでる(とくに広告ブロックによるもの)サイトが多くありました。

プライバシー保護機能により動作に影響が出ている=プライバシー上問題のあるサイトというわけではありませんが、殆どのサイトがCookie(ネット上でのユーザーの行動を監視できる仕組み)を利用していることはわかりました。

一方でわからなかったことは「プライバシー保護の効果」です。プライバシー保護機能を使うことで何かいいことがあったか? というと、コレというものがなかったですね。強いて言えば、DuckDuckGoの検索結果をクリックした時に、リダイレクトが働かないのでリンクが早く(といってもわずか)開くぐらいでしょうか。

だからといって、「プライバシー保護は不要」とは思わないですし、プライバシーに関する議論はますます高まっていくでしょう。引き続きプライバシー保護機能も使いながら、様子をみていくこととします。


【若林健一 / kwaka1208】
https://croads.jp/aboutme/
子供のためのプログラミングコミュニティ「CoderDojo」
https://croads.jp/CoderDojo/