グラフィック薄氷大魔王[634]ディスプレイと板タブ・iPadの比率/吉井 宏

投稿:  著者:  読了時間:6分(本文:約2,800文字)


第554回「24インチの限界」では気に入ってるけど狭いとぼやき、第578回では「やっぱ24インチ最高!」って書いてたように、しばらく24インチディスプレイを使ってた。

1920pixel x 1200pixelはちょっと狭いけど、気が散らずに作業がはかどる。「27インチは大画面が視界いっぱいに広がってるだけで腹が立つ」だった。
http://bn.dgcr.com/archives/20180214110200.html
http://bn.dgcr.com/archives/20180912110100.html

ところがやはり、たまにやるInDesignのレイアウト作業や、Webページ編集みたいな作業は24インチだと狭くてやりづらい。Photoshopで多くの画像を開いての作業や、ファイル整理など多数のウインドウを開いたままの作業は特に。

それでガマンしきれず6月に27インチディスプレイを購入した(同じくEIZOのColorEdge)。レイアウト作業などやりやすくなった。




しかし、27インチの2560pixel×1440pixelには別の問題がある。文字やパネルやボタンなどが小さく表示されてしまう。「歳のせいか文字が小さいと見づらい」とは関係なくw

ペンタブレット(板タブ)で、小さいボタンやリストを操作したり、正確にペンでクリックするのは気を遣って疲れるのだ。少し大きめに表示される24インチでの作業に慣れてしまったので、27インチでの操作が窮屈に感じてしまう。

それで、一段低い解像度、2048pixel×1152pixelで表示してみたら、多少ボケるけど表示サイズと板タブ操作性のバランスが取れたいい感じに。もちろんフルHD同等の1920pixel×1080pixelのほうが大きく表示できるけど、ボケ幅も大きくなってしまう。

あと、比率について。WACOMの板タブと27インチ(というか横長ディスプレイ全般)の比率は違う。1920pixel×1200pixelが板タブの描画範囲を最も大きく使える比率(ただし、左右に3cmくらいずつ黒フチが出る)。これは24インチと同じ比率。24インチで板タブが使いやすいのはこの比率のおかげでもあるのだ。

さらに1600pixel×1200pixelに下げると、左右に7.5cmずつの太い黒フチが出て、昔のスクエア液晶のような比率になる。こちらは板タブの描画範囲的には左右にムダが出る。表示は大きくて見やすいけど、さすがに常用するには狭い。

ただ、この1600pixel×1200pixelという比率はiPad Pro 12.9インチと同じなので、Astropadを使うとき好都合。ミラーリングと同等になるため、Astropadで範囲調整が不要。「フルスクリーン」にするだけでいいのだ。

というわけで、最近は27インチディスプレイを使う場合は、2048pixel×1152pixelを基本に、板タブ描画作業には1920pixel×1200、iPad ProのAstropadを使う時は1600pixel×1200pixelに切り替えてる。ウインドウをたくさん出すような作業には、本来の2560pixel×1440pixelに戻す。27インチとしてはもったいない使い方かもしれないけど、快適。

とはいえ、どちらかというと24インチディスプレイを使ってることが多い。こちらはデフォルト1920pixel×1200pixelでペンタブ比率ぴったり。iPad ProのAstropadを使う場合だけ1600pixel×1200pixelに切り替える(縦は同じ解像度で左右に黒フチが出るだけなので鮮明)。

●謎のファンファーレ

バラエティ番組とかで、勇ましいシチュエーションによく使われてるファンファーレっぽい曲。耳にこびりついてるんだけど、何の曲でしょう? 映画かドラマか何かの音楽?
https://www.yoshii.com/dgcr/20191108.mp3

FacebookやTwitterで問いかけてみたけど、誰も教えてくれなかったw 映画のサウンドトラックの曲とかじゃなく、業務用のBGM・効果音集に入ってるのかもしれない。

さだまさし関白宣言のサビ「(わすれてくれるな)仕事もできない男に」に、ちょっと似てる部分があるw

●ナスカ地上絵キャラ

新しく発見されたナスカの地上絵。僕のTDWキャラっぽかったので、思わず作ってみた。
http://www.yoshii.com/dgcr/TDW_Nasuca.jpg

元の記事。Twitterでこの記事の画像が出てくるたびに、自分のキャラに見えてドキッとするw
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1911/15/news104.html

他にも猿や猫や魚とかいろいろある。ペットみたいのもかわいい。絵画表現的に地続きでないのに、動物などの形の捉え方が現代と共通なところがあるのがおもしろい。ゆるふわ禅画と同じ面白さ。
https://image.itmedia.co.jp/l/im/news/articles/1911/15/l_sh_nasca_03.jpg
(ページ内に表示はできませんが、クリックすると見られます)

●プランタンのRoseちゃんがクリスマスに復活!

Printemps Parisの150周年マスコットの「Roseちゃん」が、4年ぶりにクリスマスに復活。歩道の巨大フィギュアと試着室w 店内にもメタルカラーの大きなフィギュア。ショーウインドウやクリスマスツリーにスパンコールのドール。記事下のほうのInstagramには動くRoseちゃんも。
https://yoshii-blog.blogspot.com/2019/11/printemps-parisrose.html


【吉井 宏/イラストレーター】
HP  https://www.yoshii.com
Blog https://yoshii-blog.blogspot.com/

16インチMacBook Pro、出た。従来はBTOして希望の構成にするのだが、そのままでメインマシンとして使えそう。ストレージ等、容量アップして安くなってる? 実質大幅値下げみたいな。

◯Studio City Macauのデコレーション展示中
https://bit.ly/30olPNF

○吉井宏デザインのスワロフスキー、7月半ばに出た新製品4つ

・幸運の象 LUCKY ELEPHANTS
https://bit.ly/30RQrqV

・HOOT HAPPY HALLOWEEN 2019年度限定生産品
https://bit.ly/2JZVVcm

・SCS ペンギンの赤ちゃん PICCO
https://bit.ly/2JStbC4

・SCS ペンギンのおばあちゃん
https://bit.ly/2YbmnJ7