LIFE is 日々一歩(110)[スイーツ]2020年、バレンタイン・チョコ戦線〈中編〉/森 和恵

投稿:  著者:  読了時間:8分(本文:約3,800文字)


こんにちは、森和恵です。秋になり美味しい食べ物があふれてくる中、体重維持に気をつけている毎日です。

さて、今回も前回に引き続き、チョコレート買いです。買いの大本命、フェリシモさんの「幸福のチョコレート」のことをお話しします




●毎週日曜日の夜、HTML&CSSの学びをライブ配信中!

まずはお知らせです。YouTubeライブ配信の新シリーズ【いまどきのHTML&CSSコーディングにチャレンジ】が好評です。

https://www.youtube.com/playlist?list=PL7LtdGFp5DwR1hvpf39m2IJPe15hRZ6kg

いまさら……な、ウェブコーディングの基本を掘り下げた内容で、再勉強に役立てていただいているようです。

来週(12/1 22:30~)は、CSSの基本ルールをお届けします。チャンネル登録&リアルタイムのご参加をぜひお待ちしております。

YouTubeチャンネル: https://youtube.com/r360studio

●幸福のチョコレート、とは?

幸福(しあわせ)のチョコレートとは、通販のフェリシモさんが毎年オープンする、バレンタイン&ホワイトデーのためのチョコレートを販売する専門サイトです。

https://www.felissimo.co.jp/choco/

わたしは10年前ぐらいから、毎年ここの試食会に参加し、その後でチョコレートを購入しています。

Amazonでカタログが販売されていて、過去にどんなチョコレートが販売されていたのかを見ることができます。

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B07P97YFRR/dgcrcom-22/

チョコレートバイヤーのみりさんが、一年かけて海外を飛び回って、ローカルチョコレートを集めてきてくれます。今年も、日本初上陸のチョコレートは60点近く並んでいました。

https://www.felissimo.co.jp/choco/wk70534/?ken=60

「幸福のチョコレート」でしか購入することができない、世界のレアチョコを買うべく、毎年サイトがオープンする11月を待ちわびていました。

●今年の注目は“北欧”

今年のカタログの巻頭を飾っていたのは、フィンランド、ノルウェー、スエーデンの北欧3国でした。

https://www.felissimo.co.jp/choco/wk64051/

神戸にあるフェリシモ本社で11月に開催された試食会と、通販で解説付き動画と共に届けられた試食セットの9点のチョコレートのうち、5点が北欧のチョコレートでした。



1番から5番まで食べ進める中で、既に3点は絶対買う! と思ってしまうぐらい、ステキなチョコばかりでした。

そのうち4つの「萌え断」はこちら。こうやって見比べると気がつきますが、フィリング(中身)とカバー(外側のチョコレート)がまったく違いますね。(編集部注:萌え断=食べ物のカラフルで美しい断面に「萌える」こと)



写真の左から順に紹介すると、

1)アンナ スクラーテヘダス アソート|フェリシモ
https://www.felissimo.co.jp/choco/wk64051/gcd595437/

フィンランドの女性ショコラティエ、アンナさんのチョコレートです。

つやつやとした美しさと独特の模様にも目を奪われますが、なにより素晴らしいのは、中身のミルキーなガナッシュチョコレートのまろやかさと香りです。

試食で頂いたのは赤と黒の薔薇模様のチョコレートですが、香りが華やかかつ繊細で、試食会後の質問で「これは何の香りですか?」と尋ねてしまいました。

チョコレートの味が好きで食べてるところがあるので、フレーバーの強いチョコは好みではなかったはずですが、このチョコレートには驚きました。

2)チョコ ラズベリーブラックハート|フェリシモ
https://www.felissimo.co.jp/choco/wk64051/gcd595477/

Twitterで今年のカタログの写真が出たときから、「この黒いハートは何味?」と気になっていました。

ラズベリーブラックハートという名の通り、ダークチョコの中に甘酸っぱいラズベリーのガナッシュがたっぷりと入っています。

現地では、母の日のプレゼント用として売られていたそうですが、母にプレゼントするには、なかなかのスタイリッシュさがあります。さすが、北欧。

ガナッシュは「これ? チョコレート?」と思うほど、しっかりとラズベリーの味がするのですが、食べた後から外側のダークチョコのほろ苦い味が入ってきます。

大人の女性、そんな印象のチョコレートでした。これは、他のどこに行ってもない逸品だと思います。

3)シルヴァン マロン そばアーモンドチョコ|フェリシモ
https://www.felissimo.co.jp/choco/wk64051/gcd595578/

食べた瞬間、サクサク・サクサク・サクサク。中のプラリネチョコに、香ばしいそばアーモンドがたっぷりと練り込まれています。

ザ・サクサク賞をあげたいチョコレートです。これまで食べたプラリネの中で、一番じゃないかと思うぐらいに美味しかったです。わたし、プラリネ好きなんです。

断面をみてわかったのですが、カバーしているチョコレートがめちゃめちゃ薄い。中身を食べてください、という気持ちが伝わってきます。

チョコレートを食べている感覚は少なくなりますが、いくつか買う中でひとつのレパートリーとして入れておきたいと思いました。

4)エイエス リコリス|フェリシモ
https://www.felissimo.co.jp/choco/wk64051/gcd595631/

前回のコラムのラストでたまらず紹介してしまいましたが、今年の一番の驚きがこのチョコレートでした。

リコリスというハーブは、北欧では国民的に親しまれていて、いろんなお菓子に練り込まれているそうです。

試食する前にバイヤーみりさんから、「漢方的な独特の味があるので好みが分かれると思うけど……」と不安げな表情で解説されたので、ドキドキしながら食べたのですが、衝撃的な美味しさでした。

断面を見ると、黒い板状で噛むとカリカリと甘い塩っぱいリコリスが入っています。どこまでもやわらかいホワイトチョコのガナッシュの、アクセントになっています。

外側をカバーしている分厚いミルクチョコが「どん!」とした存在感で、口いっぱいに味が広がります。

一粒1000円という、今年のスペシャリテの風格がありました。

……ということで、自分のお気に入り4つを紹介しましたが、もちろん9点ともメチャメチャ美味しかったです。

バイヤーさんが北欧を訪れて、今年どんな出会いがあって、どんな風に感じたのか? をとても良く感じられた試食の9点でした。

「試食セット検討中です」とツイートされた時点で、私の好きな4点が既に入っていたところを思うと、おすすめ度合いが高い4点だったのかな、と思いました。



試食検討中の時点では、エイエス リコリスが四角形なのですが、日本向けにハート型にしたのかな? とか思うと、今年の初めからずーっと待っていた気分が思い出されて感慨深いですね。

● で、結局何をお買い上げしたの?

バレンタイン便、ホワイトデー便で合計6点を予約しました。



試食しなかったものだと「ピエニ スクラーテへダス スモーキー」と「ミ アンド ク ストロベリー&ヨーグルト」の2点です。こちらは、届いて食べてからレポートしますね。

あと、12月に届けられるご褒美便で「リュシファー はちみつチョコレート」を購入しています。

https://www.felissimo.co.jp/choco/gcd582949/

試食でいただいたのですが、圧倒的なはちみつ感!!! でした。チョコを食べていると言うより、はちみつを食べている感覚でした。来月届くのが楽しみです。

ご褒美便での購入+バレンタイン便&ホワイトデー便で1万円以上の購入を達成したので、スペシャルピンバッチ(今年のカタログのデザインのピンバッジ。マニア向け)とおっきなどんぐりチョコレート2個プレゼントを獲得しました! やったね。

https://www.felissimo.co.jp/choco/wk70538/

今年のチョコ予算的には、もう使い切ったのでこれで打ち止めかなぁ……と思っております。多分。

……さて、前編・後編とお話ししてきて、そろそろチョコレートが猛烈に食べたくなったりしていませんか?

いやぁ、チョコ活はホントにいいものですね。後編は、バレンタインが終わった頃ぐらいにお届けしようかなと思います。

ではまた、次回お目にかかりましょう!
(^^)


【 森和恵 r360studio ウェブ系インストラクター 】
mail: r360studio@gmail.com
サイト: http://r360studio.com/