装飾山イバラ道[258]経験というネタを求めて/武田瑛夢

投稿:  著者:  読了時間:5分(本文:約2,200文字)



今年もあと残り一か月。今年は令和元年、来年はオリンピック・イヤー。間違いなく今後の記憶に残りそうな2年間だ。私も制作物を急ピッチで仕上げて、来年に臨もうと思う。そこに年賀状制作も突っ込まなければならない。

10月、11月、12月は、ハロウィンからクリスマスの流れで、イベントが多い。今年はどこにも出かけなかったけれど、クリスマスくらいは極寒のディズニーランドに行こうかな。





●何に満足するか

実は人は買い物よりも、イベント・レジャーにお金を使うほうが、満足度の高いお金の使い方だったと感じることが多いという。時計や洋服などのモノにお金を使うよりも、楽しい思い出などのコトに使う方が満足する。なんとなくそうかも。

食事も、捉え方によればイベント。経験にお金を使うことが、後から振り返った時にも無駄じゃなかったと思うそうだ。経験の良し悪しは、満足度とはそんなに関係ないらしい。

たとえ旅行先でイヤな目にあっても、観戦した試合が負け試合でも、後から振り返れば、けっこう良い思い出になっていたりするのだ。

高かった割に着なかったコートを後悔することはあっても、驚くほどマズイ食事の経験は、いずれ話のネタになる。失敗談として何度も人に話したり、次の機会にその経験を生かしたりできる。

いやいや、着なかったコートはメルカリで売れますよ? 確かに写真を撮って売るとなると、それはもう物販の経験になっているので、良い解決法と言えそうだ。買い手とのコミュニケーションも発生する。良い評価がつけば達成感も得られる。

手間の労力がプラスされても、経験を楽しめて無駄にならないというのは、気持ちを楽にするのだ。

●みんなネタに飢えている

話のネタというのは、聞いた話より実体験に基づいたものがリアルだし、同じ体験をした人と自分とを、急速に結びつけてくれたりする。人は共感という接着剤があると、すぐに仲良くなれるものだ。

今はSNSも盛んで、面白いことがあったらネタゲット感覚がある。滅多にない経験は、人の食いつきが良いからだ。その人の人物像は、本人が投稿した最もインパクトのあった記事のイメージを、くっつけて覚えていることも多い。

iPhoneをハデに壊した人とか、イベントの日にちを間違えて誰もいなくて泣いていた人とか。“残念だけれどちょっとした事件”は、人の記憶に残るのだ。

●いくつになっても経験は大事

意外な経験もまた、自分のパーソナリティを広げることに役立つことがある。見た目とのギャップとか、そんなことする人だったのかという驚き効果。

私は以前、英会話教室で無難に当たり障りのない話をしていた。ふと、自分のエピソードとして、ハリウッド俳優が来日した時にファンとして空港に出迎えに行ったことを話してみた。

すると急に、ハッハー! と目を輝かせて笑いながら聞いてくれたのだ。とても意外だったらしい。

昔から私の記事を読んで下さっている方は、私が結構ミーハーであることはバレていると思う。しかし、その英会話講師は私を、買い物のついでに英会話をしにくる、ただのおばさんとして見えていた。

そんなアクティブなエネルギーあったの? みたいな目で面白がって、それでそれで? と色々と聞かれた。

たった一日、ハリウッド俳優をファンとして空港に出迎えに行った。この経験で、私は有名スターを取り巻くファン心理が少し理解できるようになった。そして、英会話講師の私の印象が、少しアクティブな人として更新された。

この機会に見たい、会いたいと思ってその場に駆けつけるファンの一人になる。そんな一人一人がいなければ、数百人、数千人が集まることもないのだから。

そして経験を得ると、次に何かしようと思い立った時に、どれくらい大変なのかの想像もつく。

そういえば、興味のあるショップのオープン日に出かけて、オーナーと実際に会って話をするということもできるようになった。

「どうか皆さまお越しください」という言葉を読んでも、なかなか普通は行かないものだ。行って迷惑がられることなんてないので、思い切って行くのがいい。しかし、気をつかって行くくらいなら、行かなくてもいい(笑)。

新しい事を経験するのは、自分に刺激を与えてくれる。YouTubeの「○○をやってみた」動画のように、未知の体験は人の興味を集める。人が新しいことを試しているシーンを見たくなるのは、その経験への興味とその人への興味を同時に満たしてくれるからだ。

この世のすべてを自分で経験できなくても、見たり聞いたりするだけでもそのエッセンスを取り込むことができる。そうなると、自分自身がやる必要があるのかと、ふと思い始める。

こんなに経験を分けあえる時代だからこそ、最もやりたいことだけは、しっかりと自分の経験にすれば良いのだ。自分にしかできないことや、優先してやりたいことにだけ時間を注ぐ大切さを感じている。


【武田瑛夢/たけだえいむ】
装飾アートの総本山WEBサイト"デコラティブマウンテン"
http://www.eimu.com/

鶏皮せんべいを久しぶりに作った。フライパンに鶏の皮を広げて、ジリジリ両面を焼くだけ。半分以下の量に縮んでこんがりキツネ色になったら、塩コショウ。先に塩をつけておく方法もあるみたい。

油はね防止ネットという、丸くて平らなアミで、油ハネも防げる。すごく便利で、これがないとハネて厳しいかも。おつまみに最高。出てきた油は、鶏油(チーユ)として料理に使える。冷蔵庫で冷やすと白くなり、鶏バターって感じである。