Scenes Around Me[65]エルエムのこと[1](2005年6月27日頃)/関根正幸

投稿:  著者:  読了時間:4分(本文:約1,500文字)



これまで、高円寺にあった岡画郎と、東京大学駒場寮にあったオブスキュアギャラリーという、私が写真記録を行うきっかけとなったふたつの場所について書いてきました。

もちろんそれ以外にも、私はさまざまな人や場所と関わってきました。

しかし、それらは複雑に関係しあっているので、全体を体系付けて説明することは難しいと考えています。

そこで、これからは、それぞれを個別のトピックとして手当り次第に取り上げることにします。

まずは、オブスキュアのことを書いてきた関係で、HAMADARAKA(エルエム)のことを書くことにします。





エルエムは有薗絵瑠(エル)さんと有薗絵夢(エム)さんという、双子のアートユニットです。

前に書いたように、私がエルエムと知り合ったのは2001年5月でした。

当時、アートブックOBSCURE8号の付録を用意するために、関係者が新横浜のスタジオに集まって演奏を行い、300本のカセットテープすべてに異なる音を録音しました。

この時、エルエムの二人もその場に来ていて、コーキくんにエルエムを紹介されたのでした。

後に二人がオブスキュアで共同生活を行うようになり、オブスキュアの応接間に作品を展示していたことも、前に書いた通りです。

オブスキュアが解散した後も、エルエムはDIESEL ART GALLERYなどで個展を行ったり、アーティストの河村康輔さんとDKZ(デリケートゾーン)というユニットを組むなど、現在も活動を続けています。

エルエムは、双子の絵描きというキャッチーさがあるからか、交友関係が広く、芸能関係の知人も多いという印象があります。

2005年のことですが、私が渋谷のタワーレコードに行った際、エムさんにばったり会いました。

その時、今度、西麻布のSuperDeluxeのイベントでライブペイントを行うというので、招待券をもらいました。

イベントは、名前は思い出せませんが西麻布のショップの主催で、招待券がないと入場できないクローズドなパーティーでした。

そのイベントのゲストはテクノポップバンドのPlasticsでしたが、他にシークレットとして、ある女性歌手(××ラー)が出演しました。

彼女はお客さんに向かって「ネットに上げなければ写真は撮ってもいいよ」と声をかけるなど、気さくな感じでしたが、私は遠慮してシースルーのカーテン越しに撮ったため、後で見た時、誰を撮ったか分からない写真になりました。

それはともかく、HAMADARAKAのライブペイントは、写真に撮っています。

https://live.staticflickr.com/65535/49405609068_2d176204ac_c.jpg

ただ、この時の絵は不本意な結果に終わったらしく、終了後、二人は落ち込んでいました。

当初、代々木上原にあった「nou laboratory」というギャラリーバーでの個展の写真を紹介する予定でした。

しかし、以前スキャンしたはずのデータが消えてしまったらしく見つかりませんでした。

また、現在スキャン作業を行なっている仕事場の移転準備中で、新たにスキャンが出来ないため、今回はSuperDeluxeでの写真を紹介しました。

また、エルエムの父親のことにも触れる予定でしたが、ネット上のインタヴューでは伏せられている話のようなので、割愛しました。


【せきね・まさゆき】
sekinema@hotmail.com
http://sekinema.com/photos

1965年生まれ。非常勤で数学を教えるかたわら、中山道、庚申塔の様な自転車で移動中に気になったものや、ライブ、美術展、パフォーマンスなどの写真を雑多に撮影しています。記録魔